ブログトップ

読み、書き、写真

yomikakiph.exblog.jp

SIGMA 19mmF2.8 EX DN が到着

e0259451_217635.jpg

安く買えてしまった
 予約注文していたSIGMA 19mmF2.8EXDNが発売日の3月16日(金)に届いた。価格コムの最低価格より1割も安かった。最初、ミシュランガイドみたいな名前のこの店に予約したのだが、もっと安い店があって、自宅近くのチェーン店で受け取れることもあり、そっちに乗り換えを決めた。「ずっと安い店があったので、ゴメンナサイ」とキャンセルメールを入れた。
 翌日、念のため最初の店のサイトを見ると、予想もしない低価格が表示されていた。結局最初の予約が生きていたので、購入した。メールをやりとりした店員さんの印象も、すこぶる良かった。その店は、価格コムにも登録しているが、現在でも値段は私の購入価格よりずっと高いのが表示されている。このあたりの仕組みは、どうも分からない。私のメールが効きすぎたのかもしれない。
 さて、19mmF2.8EXDNである。翌日の土曜に試してみたが、あいにくの雨。部屋から外を撮る、テキトーな自宅内撮影会となった。

e0259451_2171684.jpg

姉妹レンズ30mmF2.8とよく似た描写
 第一印象は、数日間使ってみた姉妹レンズ30mmF2.8 EX DNとよく似ていた。30mmは、ついでに買ってしまったようなものだが、すごく気に入っていた。高解像なのに硬くない。発色もいい。19mmの絵を再生してみて、「ありゃ、30mmほどではないな」と一瞬思った。立体感のような部分で違っていた。でも、それはより広角な画角の違いから来るものであって、こちらも良かった。全体的に30mmとよく似ていて、期待通りのレベルだった。
 レンズを見た感じだが、大きさは19mmのほうが少し長いようだ。それも比べてみればの話で、M4/3レンズとしては標準的。フィルター径46mmも、よくあるサイズなので便利だ。私は手が大きいので、あまり小さいカメラやレンズは操作しにくい。Panasonic GF1との組み合わせは、ちょうどいい大きさだ。素っ気ないほどのデザインは、GF1には似合うと思った。
 これで私のCONTAX T2のデジタル化二つ目の作戦は一段落した。あとは、T2が紡いでくれたような物語のある写真を撮ってみたい。
e0259451_21345699.jpg

レンズ1本、ボディー1台
 それから、30mmのほうも、すごくいいレンズなので、いっぱい使ってみたい。レンズを付け替えるのは面倒だから、もう1台GF1を購入することになりそう。中古なら程度のいいのが1万円くらいで買える。
 以前から思っていたことだが、フィルムカメラ時代は、1台のボディーに複数のレンズを取り替えて付ける交換レンズだった。技術進歩が早いデジタルの時代は、本体の陳腐化が早いので、まず好きなレンズを決め、ボディーは一種の使い捨て感覚の交換ボディーだ。そして、さらに将来はボディーの小型・軽量化が進み、レンズ付属ボディーになっていくのではないかと思う。RICOH GXRは、レンズと撮像素子が一体化し、それをボディーに装着するという、面白いタイプだ。私の好みは、シンプルな短焦点レンズ固定ボディーである。
 この19mmと30mmは、価格コムのクチコミではそれほどの評価は受けていないようだが、私はかなり気に入った。
by withbillevans | 2012-03-17 21:07 | 写真機
<< GF1+SIGMA19mmF2... 夏木マリのCDを買う >>