ブログトップ

読み、書き、写真

yomikakiph.exblog.jp

M.ZUIKO DIGITAL 45mmF1.8に(個人的に)望むこと

e0259451_0274582.jpg

 この写真は、CANON NewFD 50mmF1.4 + LUMIX G1 で撮影した、日比谷公園の雪景色である。レンズは、ヤフオクで中古品を4000円にて落札。カメラは、ヤフオクなどで中古品を1万円以下で買えるはず。運がよければ、両方を合わせても1万円程度で買えるかもしれない。
 NewFD 50mmF1.4は、30年ほど前は世界の標準レンズのスタンダードと呼ばれたこともある。m4/3 やNEXシリーズの登場までは、デジタルで使えないこともあり、二束三文で売られていた。m4/3 やNEXシリーズが登場した直後は、やや値上がりしたが、また元に戻ってしまった。早い話が人気がないのである。
 私は、m4/3 やNEXシリーズで使うため、FD35mmF2.0SSC、 FD50mmF1.4SSC、FD55mmF1.2SSC などのFDシリーズやNewFDシリーズの24mmF2.0、 28mmF2.0、 35mmF2.0、 55mmF3.5MACRO、 85mmF1.2ASPH.、 135mmF2.0、 200mmF2.8などを購入した。きれいな個体を求めて、2本、3本と買い換えたものも少なくない。そして一番最後に入手したのがNewFD 50mmF1.4であった。
 なかなか使う気にならなかったのは、フツー過ぎて面白くなかったからである。ところが、以上のCANONレンズで、現在も手元に残っているのは、このレンズ1本だけ。他は、その実力を知ったことに満足して手放した。
 とは言っても、あれは立派なレンズだと、一種の尊敬の念を持っているものもある。FD35mmF2.0SSC、 FD55mmF1.2SSC、NewFD 24mmF2.0、 NewFD 85mmF1.2ASPH.、 NewFD 135mmF2.0などである。
 NewFD 50mmF1.4を残したのは、写りのよさが理由だ。仕事で、中高年の男性を撮ることが多いが、実に使いやすい。この年代の男性の顔の問題をうまく隠し、なおかつ、落ち着きや知性を醸しだしてくれるのである。絞りはいつもF2.0。これで固定して撮る。ボディーは、m4/3 でなくNEX-5を使うことが多い。換算75mmという焦点距離がちょうどいい。この場で実例を紹介できないのが残念だが…。
 さて、結論に入ろう。M.ZUIKO DIGITAL 45mmF1.8は、焦点距離、明るさなどから、ポートレートに向いたものと思うが、プラスアルファの味を出すことができるかどうか。自分で、そのような味を出せるかやってみたい。
e0259451_0292047.jpg

 2枚目の写真は、FD5ommF1.4 SSCで撮影した。
e0259451_1720474.jpg

 最後の写真は、さらに古いFD50mmF1.4(non SSC)である。
by withbillevans | 2012-05-02 17:53
<< M.ZUIKO DIGITAL... 春の山 奥久慈(北茨城)2010年 >>