「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

読み、書き、写真

yomikakiph.exblog.jp

佐原の夏祭り その2 SIGMA19mmF2.8 EX DN

e0259451_13162740.jpg

 小野川の川べりに出た。柳が風に揺れている。この風景こそが佐原だ。赤いポストが残されていた。どう撮ろうかな、と考えていたら、郵便配達の男性が来たので、赤いバイクと組み合わせて撮ってみた。
 私は、郵便の赤いバイクが好きだ。幸せを運んできてくれるように思うから。

 消防の赤い車も好きだ。50数年前、小学校に通い始めたころだが、私が生まれた山村の消防団の赤い車に乗せてもらって、町まで往復したことがある。運転席の後ろの席に座ったが、すごく高い場所にあるので、偉くなったような気がした。
 パトカーにも乗ったことがある。交通違反をして、パトカーの後部座席に乗せられ調書をとられた。救急車には、自分が患者になったり、あるいは、付き添ったりして、数回乗った。他の車が、道を空けてくれた。初めて救急車のお世話になったときは、ドラマの主役になったような気がした。霊柩車には、半身だけ入れたことがある。
 このほか、特殊車両というか、よく見かけるが、実際に乗る機会は少ない車があるが、乗ったかどうか思いだせない。郵便車には、まだ乗ったことはない。
e0259451_1316367.jpg

 アンパンマンのお面を、後ろ向きにかぶっている少女が、キュウリの塩漬けを食べていた。おいしそうなので、私も1本買った。100円。しょっぱかった。健康を考え、半分だけでやめておこうかと思ったが、今日は暑くて汗をたくさんかくだろう、塩分補給にちょうどいいや、と思い直し、全部食べた。
 熱中症は、水分補給だけでは防げず、塩分補給も必要らしい。
e0259451_1316588.jpg
e0259451_13164739.jpg

 川べりに、金魚が泳いでいる水槽があった。近くの家の少女が、ビニール袋に入った金魚を、水槽に放した。そこに、お祭りの衣装を着た、3人の小さな子を連れた若い夫婦が通りかかった。子供たちは、増えた金魚に夢中になって、水槽を覗いていた。
e0259451_13171034.jpg

e0259451_13172185.jpg

 お祭りの音が、遠くからかすかに聞こえる。車などの人工の音は少なく、時間がゆっくりと流れていく。改めて、いい街だと思った。
by withbillevans | 2012-07-15 08:00 |
<< 佐原の夏祭り その3 M.ZU... 佐原の夏祭り その1 SIG... >>