ブログトップ

読み、書き、写真

yomikakiph.exblog.jp

佐原の夏祭り その5 M.ZUIKO DIGITAL 45mmF1.8

e0259451_19295670.jpg

 いろいろな催しがあっても、魅入られるのは、やはり踊りだ。「手舞い」が、何カ所かの広場で披露された。掛け声をかけて、集団で前後左右に動くさまは、迫力がある。最近はやりの、スポーツ競技みたいに、他の集団と競い合う、あざとい踊りと異なり、なんとなく上品である。
 そうそう、自由詩でなく、定型詩なのである。われわれは、定型のなかでも、精神を爆発させることができる。
 感じのいい人が、踊っているうちに、感情を爆発させた。いい表情だった。
e0259451_1930948.jpg

 伝統を守る。すばらしいことだ。伝統に生きる。それは最高だ!
e0259451_19302045.jpg

 蔵作りの街を背景に、夢中で踊る人たち。過去とともに生きるのは、少しも古臭くない。
e0259451_23113636.jpg

 10分くらいかかった踊りが終わると、司会者が「さあ、今のは練習でした。次が本番です」と大きな声。座り込んでいた踊り子たちは、また立ち上がって、汗びっしょりで踊り始めた。私は、カメラをバッグにしまい、拍手した。
e0259451_19304120.jpg

 祭りは、いよいよ夜のクライマックスに向かうところだが、私は、今日はここで終わりにしよう、と思い、駅の方向に歩き出した。
by withbillevans | 2012-07-15 19:31 |
<< 佐原の夏祭り その6=終章「主... 佐原の夏祭り その4 M.ZU... >>