ブログトップ

読み、書き、写真

yomikakiph.exblog.jp

日比谷公園ガーデニングショーの準備始まる SIGMA19mmF2.8 EX DN

e0259451_10254319.jpg

 朝、日比谷公園を歩いていたら、いつもより、にぎやかだった。トラックが園路を走り、作業服の人たちが、何かの作業をしていた。クレーン車が、大きな石や、植木を荷台から降ろしていた。
 園路が、5~10坪くらいづつ、ペンキで区画してあり、そこに荷物を降ろしていた。あ、これは模擬庭園を造るのだな、と分かった。

 以下は、イベントの公式ホームページから、引用したもの。文字に間違いがあるが、「原文のママ」とした。
 ≪都心のオアシス、日本発の洋風近代式公園である日比谷公園で、「日比谷公園ガーデニングショー2012」を開催いたします。本イベントは、2003年(平成15年)に日比谷公園開園100周年を記念して開催されたもので、今年で10回目を迎えます。ボランティアによる花と緑のイベントの企画、運営、開催の実績が認められ、官民連携による先進的な事例として、今年は第29回全国都市緑化フェアTOKYOと同時開催となることが決定しました≫
e0259451_1025587.jpg

 月曜日に作業を始め、1~2日ほどで完成したところもあるし、まだ作業が始まらない区画も多い。プロの作業はすごい。設計図に基づき、石をハンマーで割り、すき間なくぴっちり組んでいる。水準器できちんと水平をとっている。枕木をバーナーで焼いて、時代色を付けたりしている。
e0259451_1026950.jpg

 こちらは、龍安寺のような石庭かと思ったが、まだ、制作途中。脇に、石の間に植えるモミジが数本、用意されていた。スラッと細身の木だった。この庭の出来上がりがイメージできる。この庭のキーワードは、風が吹き抜ける庭、だろう。
e0259451_10264267.jpg

 作業員(造園会社の社員)の中には女性がいた。2~3割くらいいた感じ。少なくない。腰に七つ道具を下げたお姿。カッコいいなあ。
 ガーデニングショーの日程は9月29日~10月28日。
(最後のカットのみM.ZUIKO DIGITAL 45mmF1.8)
by withbillevans | 2012-09-05 06:00
<< 夏の農家の庭 Carl Zei... 続・銀河鉄道に乗って、富岡に行... >>