「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

読み、書き、写真

yomikakiph.exblog.jp

江ノ電散歩(2) 七里ガ浜から稲村ガ崎へ SIGMA19mmF2.8 EX DN

e0259451_2118192.jpg

 腰越から、鎌倉に戻る電車に乗った。海が見えた。ヨーロッパの海岸に似ていなくもない。
 1駅先の七里ガ浜で降りた。駅前できょろきょろ見回したところ、興味を引くものがない。駅前の喫茶店でコーヒーを飲み、駅に戻った。 
e0259451_21181811.jpg

 七里ガ浜のホームに、新聞の無人販売機があった。また電車に乗った。線路沿いの住宅の隙間から、海が見える。いいシーンだった。七里ガ浜~稲村ガ崎の景色はよかった。
e0259451_21182833.jpg

 稲村ガ崎で降り、海側でなく、山側の道を歩いてみた。
e0259451_21333049.jpg

 こぎれいなカフェやお店があった。住宅もしゃれたエクステリアが多かったが、「売家」と貼られた家や、荒地もあった。
 ススキの穂が開き、秋は深まって来ていた。
e0259451_21185115.jpg

 歩いていくと、やはり、線路にぶつかった。
e0259451_2119598.jpg

 細い道は踏切になっていた。警報器も遮断機もない。「注意」「注意」「注意」「注意」と4つの看板が立っているだけ。その小さな踏切を越えると、広い道路に出た。
 その線路脇にも、彼岸花。
e0259451_21191491.jpg

 再び、4つの「注意」を見ながら踏み切りを渡り、坂道を上がっていった。急坂であった。住宅が何軒かあったが、みな車は入れない家だ。出かける時は、江ノ電を利用するのだろう。
 海を見下ろす、坂道にも、彼岸花が咲いていた。
e0259451_21192328.jpg

 稲村ガ崎は、沿線では人の多い駅のようだ。
 (続く)
by withbillevans | 2012-10-10 23:00
<< 本格派ガーデン 秋空の下の東京中央郵便局 >>