ブログトップ

読み、書き、写真

yomikakiph.exblog.jp

塩山を訪問(2) 甘草屋敷

e0259451_23175687.jpg

 JR塩山駅を降りると、目の前にドーンと姿を現す巨大な木造建物。甘草屋敷(かんぞうやしき)である。日本の民家100選、いや10選に入るであろう、有名な建物である。豪農と豪商を兼ねたような地方経済の有力者の館である。
 敷地内には、この母屋のほか、納屋や蔵、小屋がいっぱいあり、この季節になると、すべての建物の南面には、柿が干してある。
e0259451_2319341.jpg

 座敷から外を見ると、吊るし柿が簾のようになっている。低い位置の太陽が、奥まで入り込む。障子、畳、日の光の組み合わせに、なんとも言えない安らぎのようなものを感じる。それに干し柿まで加わったら、言うことなし。日本の田舎バンザイ、と叫びたくなる。
e0259451_2319454.jpg

 2階は広い。多分、倉庫に使っていたのだろう。また、養蚕の道具もあったので、季節によっては、蚕を飼っていたのだろうか。
e0259451_23202047.jpg

 柿が作る影。障子に映る影は、後で確認したのだが、1枚も写っていなかった。どうもカメラが勝手に露出調整してしまうようだ。縁側の影は映っていた。 
e0259451_061038.jpg

 裏庭も広い。柿やモミジの木もあった。山も見える。みんな紅葉だ!
e0259451_001571.jpg

 柿、カキ、かき、KAKI!
≪冒頭のカットのみSIGMA19mmF2.8 EX DN≫

(続く)
by withbillevans | 2012-11-21 18:00
<< 塩山を訪問(3) 風林火山 恵林寺 塩山(山梨県甲州市)を訪問(1... >>