ブログトップ

読み、書き、写真

yomikakiph.exblog.jp

源氏物語 朋あり遠方より来る

e0259451_138733.jpg

 昨夜、与謝野晶子訳『源氏物語』を読了した。午前2時ごろだった。文庫本で5巻。夏休みごろから、いろいろな本を読む間に、あるいは電車を待つ10分くらいの間にと、少しずつ読み、ようやく終わった。
 最後は、読んでいて、終わるのが惜しくなった。また、長い間の宿題をようやく片付けたような気もした。原文で読むのは、もう少し先の楽しみとして、次は、谷崎潤一郎の訳を読みたい。谷崎源氏の文庫本の第1巻は入手済み。

 東日本大震災の前の秋だったか、ドナルド・キーンさんの講演を聴いた。彼が米国の田舎町の学生のころ、アーサー・ウェイリーの英文訳『源氏物語』を、古本屋の店先で読んだ。「戦争のことを書かなくて、こんな長編小説を書く日本人とは、どんな人たちなのだろうか?」。こう思って、彼は日本語と日本文化を学び始めたそうだ。
 こういう発想ができる人間を、私は尊敬する。講演を聴いたあと、私は、キーンさんの著作をいくつか読んでみた。そして、今回、彼に後れること数十年、現代語訳であるが源氏を読み通した。
 また、先日、『源氏物語作中人物事典』など、参考書も買ってみた。読み始めたたところ、これも面白そうだ。

誰をどのレンズで撮るか
 私は、与謝野晶子訳『源氏物語』を読んでいる最中、登場人物の誰が好きか考えていた。ナンバーワンは、六条御息所であった。
 また、登場人物の誰を、どのレンズで撮るかも考えていた。
 紫の上は、Carl Zeiss Planar50mmF1.4しかない。明石の君は、LEICA SUMMICRON R 50mmF2.0である。そして、六条御息所は、KONICA HEXANON AR57mmF1.2ということになろう。
 六条御息所に次いで、私が好きなのは、明石の君である。
e0259451_1381513.jpg

 本日午後、拙宅に、大学時代に学生寮でともに生活した3人の友人が来る。2年先輩、1年先輩、同期、の3人である。
by withbillevans | 2013-01-27 16:00 | 読む
<< 思い出のレンズ=12=MC R... NIKKOR-S Auto 5... >>