ブログトップ

読み、書き、写真

yomikakiph.exblog.jp

現在、ナンバーワンかも MINOLTA MC W ROKKOR-SI 24mmF2.8

e0259451_12132894.jpg

 入手してみて、期待以上の性能であることが分かったとき、自分好みの描写であったとき、実にうれしい。
 今年入手したレンズで、最もこういう気分を味わえたのが、MINOLTA MC W ROKKOR-SI 24mmF2.8であった。
 到着の日、夜中にテーブルの上で試したのだが、最初の1枚からよく写った。液晶画面に映る画像からして、並でなかった。
e0259451_12135844.jpg

 好ましい順に特徴を挙げると、まず発色。そしてピント。湿度感。ボケ。
 ただし、これらの項目のいずれについても、やや古典的である。例えば、発色は澄んではいなくてやや濁っている。
e0259451_1214874.jpg

 先日、有楽町のビックカメラに行ったら、4Kテレビが展示してあり、持参の画像を写してみて、と書いてあった。さっそくカバンに入っていたSDカードを差し込んだところ、ものすごい高精細な絵が出た。「これ、オレが撮ったのか、NEX-5で撮ったのか、30年前のレンズMINOLTA MC W ROKKOR-SI 24mmF2.8の絵かよ」と心底驚いた。
 長男のお嫁さんが、わがルーツを訪ねたいというので、今年の春、長兄の家に行ったときの写真だ。大きな枝垂桜が満開だった。その下に長兄夫婦とお嫁さんの3人が並んでいる。桜の花びら1枚1枚が分かる。人物が話しかけてくるような気がした。4Kテレビの画像は、本物の景色が数分の1に縮小されて、そこにあるような感じだった。
e0259451_12143073.jpg

 このレンズ、もしかしたら、私の所有レンズの中で、ナンバーワンかもしれない。
 ナンバーワンは、言いすぎにしてもトップクラスであるのは間違いない。

 現在、私が最も気に入っているのは、次の4本。
KONICA HEXANON AR57mmF1.2
LEICA SUMMICRON R 50mmF2.0
XR RIKENON 50mmF2.0
YASHICA ML35mmF2.8

それに僅差で続くのが、この3本。
KONICA HEXANON AR40mmF1.8
Canon NewFD50mmF1.4
MINOLTA MC ROKKOR-PF 50mmF1.7
である。

MINOLTA MC W ROKKOR-SI 24mmF2.8は、1番目のグループに入るのではないかと感じている。
e0259451_12161181.jpg

by withbillevans | 2013-07-14 18:00 | 写真機
<< 覗き込むトイフォト 黄金時代の国産MFレンズ比較 >>