ブログトップ

読み、書き、写真

yomikakiph.exblog.jp

思い出のレンズ CANON FD35mmF2.0 SSC

e0259451_1171121.jpg

 力強い描写なのに、解像感があり、線が細い。発色もいい。素晴らしいレンズである。いろいろなシーンを撮っても、共通した雰囲気をかもし出す。筋の通ったレンズである。
e0259451_1171913.jpg

 昨年1月に、CANON FD50mmF1.4 SSCと一緒に購入した。中古品としては、かなり程度が良かった。昔から、このレンズは高性能だと思っていたので、この3年ほどの間に、数回購入した。しかし、きれいなものはなかった。だから、極めて貴重な個体であった。
e0259451_1172826.jpg

 多分、このレンズも放射能レンズなのだろう。中古品のほとんどが黄色くなっている。オークションで高齢の方から買ったものは、まっ茶色になっていた。ウイスキーでもなく紅茶でもなく、アメリカンコーヒーくらいの色になっていた。
 では、ようやく出合ったきれいなレンズをなぜ、手放したか。しかも、CANON FD50mmF1.4 SSCを道連れにして。
 その理由をはっきり思い出せない。所有している35mmレンズでは、超高性能なYASHICA ML35mmF2.8があって、このレンズの出番がそれほどないのではないか、と思ったからであろう。何かほかのレンズの購入資金になったのかもしれない。
e0259451_1173679.jpg

 こうして、このレンズで撮影したカットを見ると、手放す必要はなかったのではないか、と後悔してしまう。
e0259451_1174660.jpg

 私が実際に使用したCANONのMFレンズでは、次の4本が高性能であった。
FD 35mmF2.0SSC
NewFD 24mmF2.0
NewFD 85mmF1.2 L
NewFD 135mmF2.0
いずれも、現在は手元にないのが不思議である。
 この中では、NewFD 85mmF1.2 Lが最もすごいレンズであったが、コストパフォーマンスならFD 35mmF2.0SSCであろう。

 そして、今、手元にあり、それなりの頻度で使っているCANOのMFレンズは、 NewFD 50mmF1.4 1本のみである。使いやすく、描写も悪くないからである。優等生タイプで、意外さや新鮮さ、面白みにちょっと欠ける。
by withbillevans | 2013-12-23 06:00 | 写真機
<< 2013年の重大ニュース(上)... 初冬の庭の〝くさもみじ〟を M... >>