「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

読み、書き、写真

yomikakiph.exblog.jp

第36回世界の中古カメラ市でお買い物

e0259451_17165437.jpg

 第36回世界の中古カメラ市が24日まで、東京の松屋銀座で開かれている。春の到来を告げるイベントだ。初日の19日に行ってきた。
 松屋銀座に入ると、ドキドキする。会場の8階まで、すっ飛んで行きたい気分だ。初日のオープン時間には、脱兎のごとく駆け上がる人もいるそうだ。
 30~40分かけて、まず会場を一回りした。今回は、特にお目当てのようなものはなかった。「何かいいのがあれば…」という気分だった。
 一回りして「買ってもいいかな」と思ったのは、TOPCON RE SUPER 58mmF1.8付き、かなりの美品で38900円。それから、MINOLTA MD ROKKOR50mmF1.4。
 でも、買わなかった。MD ROKKOR50mmF1.4は時期によっていろいろなタイプがあり、どれがいいのか、そのときは確認できなかったので、やめにした。RE SUPERは、一時より安くなったが、来年はもっと安く買えるかも、というさもしい思いにとらわれて、やめにした。

 何も買わないで帰るのは、中古カメラ業界を裏切ることになるので、もう一度会場を回って、探した。最後に、入り口の特設コーナーにあった、ASAHI PENTAX SP+Supper-Takumar50mmF1.4黒ボディーに目が止まった。14700円。特別安いというわけではない。この機種は、極めて多く売れたが、きれいな個体は少ない。きれいなのがあれば買っておこうと思っていたので、購入した。程度は、まずまずの美品。レンズはちょっと黄色くなっていたが、ひどくはなかった。
e0259451_1717678.jpg

 本日、レンズを外して、NEX-5Nで使ってみた。
e0259451_1855876.jpg

 3回にわたって大雪に見舞われた庭も、ようやく、雪が消え、土が見えてきた。記録的積雪により大きな枝が折れ、草花が押しつぶされたが、何とか春は来たようだ。
e0259451_17171545.jpg

 写りは悪くない。いかにもPENTAXらしくまじめに写る。でも、使用頻度はそれほど高くはなさそうだ。写りの問題というよりも、ピントリングの回転方向が、私の主力レンズであるCONTAX、MINOLTA MC、KONICA、CANON NFD、LEICA Rなどと逆だからである。NIKONと同じだ。NIKONもほとんど使わない。
(機材撮影はCanon NewFD50mmF1.4)
by withbillevans | 2014-02-22 18:00 | 写真機
<< ジャンルー・シーフの写真集を入手 雪の後、梅一枝 >>