「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

読み、書き、写真

yomikakiph.exblog.jp

カテゴリ:写真機( 112 )

第36回世界の中古カメラ市でお買い物

e0259451_17165437.jpg

 第36回世界の中古カメラ市が24日まで、東京の松屋銀座で開かれている。春の到来を告げるイベントだ。初日の19日に行ってきた。
 松屋銀座に入ると、ドキドキする。会場の8階まで、すっ飛んで行きたい気分だ。初日のオープン時間には、脱兎のごとく駆け上がる人もいるそうだ。
 30~40分かけて、まず会場を一回りした。今回は、特にお目当てのようなものはなかった。「何かいいのがあれば…」という気分だった。
 一回りして「買ってもいいかな」と思ったのは、TOPCON RE SUPER 58mmF1.8付き、かなりの美品で38900円。それから、MINOLTA MD ROKKOR50mmF1.4。
 でも、買わなかった。MD ROKKOR50mmF1.4は時期によっていろいろなタイプがあり、どれがいいのか、そのときは確認できなかったので、やめにした。RE SUPERは、一時より安くなったが、来年はもっと安く買えるかも、というさもしい思いにとらわれて、やめにした。

 何も買わないで帰るのは、中古カメラ業界を裏切ることになるので、もう一度会場を回って、探した。最後に、入り口の特設コーナーにあった、ASAHI PENTAX SP+Supper-Takumar50mmF1.4黒ボディーに目が止まった。14700円。特別安いというわけではない。この機種は、極めて多く売れたが、きれいな個体は少ない。きれいなのがあれば買っておこうと思っていたので、購入した。程度は、まずまずの美品。レンズはちょっと黄色くなっていたが、ひどくはなかった。
e0259451_1717678.jpg

 本日、レンズを外して、NEX-5Nで使ってみた。
e0259451_1855876.jpg

 3回にわたって大雪に見舞われた庭も、ようやく、雪が消え、土が見えてきた。記録的積雪により大きな枝が折れ、草花が押しつぶされたが、何とか春は来たようだ。
e0259451_17171545.jpg

 写りは悪くない。いかにもPENTAXらしくまじめに写る。でも、使用頻度はそれほど高くはなさそうだ。写りの問題というよりも、ピントリングの回転方向が、私の主力レンズであるCONTAX、MINOLTA MC、KONICA、CANON NFD、LEICA Rなどと逆だからである。NIKONと同じだ。NIKONもほとんど使わない。
(機材撮影はCanon NewFD50mmF1.4)
by withbillevans | 2014-02-22 18:00 | 写真機

戻ってきたRICOHFLEX MODELⅦS

e0259451_23322953.jpg

 昨年購入したRICOHFLEX MODELⅦS。未使用と思われる新品同様品。新品同様といっても、数十年前の新品だ。外観はすこぶるきれいだが、ピントが合わせられない。グリースが固まってしまって、レンズ外周の歯車を回そうとしても、まったく動かない。
 幸い、レンズなどはきれいで、シャッターも動いた。スクリーンに、絵は出てくる。暗い絵だ。ピントが合っていても、合っていなくても大差ない。
 ひとりで、スクリーンに映る庭の景色を見て、ガマンしていた。
 
 昨年末、人形町を歩いていて、中古カメラ店を見つけた。店主に相談したら、「簡単に直ります」とのこと。年明け、点検・修理を依頼した。数日後に「できました」と連絡が入り、受け取りに行ってきた。ミラーが劣化していたので、交換したそうだ。
 夜、帰宅して、操作してみた。スムーズに歯車は回り、ピントも合った。でも、画面が暗いので、驚くような感動はない。以前、ROLLEIFLEXを持っていて、そのスクリーンをのぞいたときのような高揚感は感じられない。でも、いいんだ。
 このカメラが作られたころ、それは私が小学生低学年のころだろうが、私の記憶のなかに残っている当時の景色も、こんな風にボンヤリとしているから。
by withbillevans | 2014-01-24 23:30 | 写真機

2014年の初夢は〝α5〟+38~75mmF1.8ズーム

 健康でいられて、カメラを持って、日本各地をブラブラ歩けますように。あまり不摂生はしません、また足腰の筋肉が衰えない程度には鍛えますので、よろしくお願いします。あ、それから真央ちゃんが金メダルをとれますように。
e0259451_1932373.jpg

NEX-5のフルサイズ化
 昨年は1年間、SONYのフルサイズ・ミラーレス一眼を待った。でも、ようやく現れたα7のデザインはひどかった。見た目は、使っているうちに慣れることもあるかもしれないが、持った感触が悪く、手と指が疲れてしまいそうだった。これは困る。ということで購入を見送った。
 今年は、EVFの付いていないのを出してもらいたい。デザイン、大きさとも、初代のNEX-5と同じがいい。型番は「α5」。値段はローパスフィルターレスが実勢価格15万円、普通のが9万円台。
 この程度なら、24回払いで買える。

換算38mmと換算75mm
 フルサイズα5が出たらレンズはどうするか、今のうちから考えておこう。結構、大変なことになりそうだ。
 現在の主力機は、①NEX-5N+旧型MF50mmレンズ、②M4/3機+SIGMA19mm、の2台体制。②は、フィルム時代の愛機CONTAX T2のデジタル版。換算38mmである。①は換算75mm。当初は「本当は50mmそのままで使いたいのだが、APS-Cなので…」仕方なしに使っていたが、この換算75mmの画角がとても使いやすいことに気づいた。
 もし、フルサイズα5にした場合、38mmも75mmも、レンズの選択肢が極めて限られることになる。
 まず38mmであるが、焦点距離38mmのレンズを探すか、代替品として35mmか40mmを使ってみることが考えられる。T2からレンズを取り出し、LEICA Mマウントに改造してもらう方法が、個人的には究極の着地点かもしれない。
e0259451_20101877.jpg

50mm標準レンズについて
 一方75mmは、LEICAやCOSINAの75mmを使えばいいのだが、この方法では、かつて各社が持てる技術の粋を集めて作った〝標準レンズ〟を使うという楽しみは味わえなくなる。
 もちろん、昔のレンズをそのままの画角で使えるというのが、フルサイズ・デジタルカメラの良さの1つだ。50mmレンズを本来の50mmで使うのは、楽しいことだろう。でも、長い間、本来の50mmで写真を撮っていないので、50mmを使いこなせるか、いやそれより、50mmの画角になじめるかという問題もありそうだ。
e0259451_20123194.jpg

フルサイズでなくても
 そんなことを考えていたら、無理してフルサイズを使う必要があるのだろうか、という疑問が出てきた。今のままでいいのではないか。
 技術は進歩する。APS-Cも、M4/3も、もっと画質が向上するだろう。実は、α7が発表された後、FujiのX-E2の購入を検討した。APS-Cで一番写りがいいらしいからである。購入に至らなかったのは、図体が大きすぎるからだ。私は手が大きいほうで、以前は、カメラには、使いやすい大きさというものがあり、小さければいいというわけではないと思っていた。しかし、今は、小さいほうがいいと思っている。
 それもあって、同じころ発表されたPanasonic GMには、かなり惹かれる。M4/3の可能性を広げた感じがする。
 OLYMPUSはようやく、オリジナル4/3をやめてM4/3に絞った。今年はレンズの充実が楽しみだ(買う可能性は小さいが)。SIGMAとTAMRONは早くミラーレスに本格参入してほしい。
e0259451_20112412.jpg

38~75mmズームがほしい
 私は、この元旦で66歳になった。EVFのないNEX-5Nで、旧型MFレンズのピントをかなりのスピードで合わせることができる。でも、あと何年続けられるかは分からない。5年か、3年か。もしかしたら、今年中にもAFでないとピントを合わせられなくなるかもしれない。
 そうなったら、SONY RX1を買う。35mmと38mmの違いがあるが、CONTAX T2に似ていなくもない。75mmはSIGMA DP3になるかもしれないが、ボケが少ないので不満に思うだろう。SIGMAが、フルサイズ・ミラーレス用の38~75mmF1.8というズームレンズを作ってくれないかな。フルサイズNEX-5である〝α5〟にこれを着けるのが、今年の初夢ということにしておこう。

年齢=焦点距離という説
 好きなレンズの焦点距離は、年齢と同じになるそうだ。とすると、私は、今は66mmくらいが妥当で、70mm → 75mmと長くなっていくのはまだ先のはずなのだが、実はだいぶ前から75mmが好きであった。私は、少し急ぎすぎているのかもしれない。
 でも、〝α5〟+38~75mmF1.8ズームが実現すれば、あと10年使える。
by withbillevans | 2014-01-05 20:00 | 写真機

2013年の重大ニュース(下) 6~10

 2013年の重大ニュース(上)では、主に機材(ハード)の話題だったが、(下)ではソフト面の話題が中心になった。
e0259451_151609.jpg

⑥新型カメラ買わず
 2013年の1年間に購入したカメラは、14-42mmキットズームが着いたE-PL3の新古品1台だけだった。オークションで1万6800円。大変安かった。あとは、30~50年も前のフィルムカメラ数台のみ。
 2013年の元旦に、「年内にフルサイズのミラーレスカメラが発売される」「売り出すのはSONY」と予測し、ずばり的中した。私は、24回払いにしてでも購入するつもりだったが、実際に発表された製品(α7)を見て、80%その気が失せた。理由は、デザインが悪い、持ちにくい、という2点であった。
 今年は、α7シリーズで、EVFなしのタイプ(フルサイズNEX-5)が出るであろうから、そちらに期待したい。ぜひ、スタイルやサイズはNEX-5のままでお願いしたい。ということで、当面は小型・軽量(&安価)の現行システムで行くことになる。

SONY NEX-5N   各種旧型MFレンズ装着
Panasonic G1    同上
Panasonic GF1   SIGMA30mm着けっぱなし
OLYMPUS E-PL3  1台はキットズーム、もう1台にはSIGMA19mm
e0259451_15404721.jpg

⑦街歩き
 楽しい街歩き。今年は、あまりできなかった。滋賀県草津市、栃木県足利市、岩手県釜石市、福岡県太宰府市、山梨県富士吉田市などに行った。今年は、もっともっと行きたい。
 一番楽しい瞬間は、駅に着いて「さあ、これから歩くぞ」というとき、そして夕刻、地元の人たちが家路に着き、自分が〝少しだけ異邦人〟というふうに感じるとき、である。
 上の写真は、夕刻の富士吉田市で。
e0259451_1554491.jpg

⑧さくら、紅葉
 何をおいても、さくらと紅葉は見なくてはいけない。と思いつつ、あまり行けなかった。特に、さくらを見られなかったのは残念であった。
 紅葉は、何回か見ることができた。東京の平林寺は、四十数年ぶりに訪問できた。上の写真は、毎年最後の紅葉となる大網白里町の十枝の森での1カット。

⑨友人と
 親しい友人と、カメラを持って出かけるのは、至上の喜びである。こちらも、それほど多くは出かけられなかった。今年に期待。

⑩ブログを続けられた
 2012年2月に開始したこのブログを、どうやら続けることができた。2年近く、無料で利用させてもらっているが、容量の99%までいっぱいになった。間もなく有料に切り替えることになるであろう。
by withbillevans | 2014-01-04 11:00 | 写真機

2013年の重大ニュース(上) 1~5

 昨年1年間の私の写真生活を、2回に分けて、振り返ってみる。昨年末に掲載すべき題材だろうが、気づいたら新年になっていた。
e0259451_1171148.jpg

①MINOLTA ROKKORに萌えた
 2013年の私の写真生活において、一番の出来事は、旧型の一眼レフ用レンズ、MINOLTA ROKKORレンズに萌えたことである。これまでは「KOICA愛」「YASHICA好き」であったが、それに「MINOLTA萌え」が加わった。最近は、NEX-5Nに着けて持ち出すレンズとしては、MINOLTA ROKKORが一番多いのである。
 きっかけは、13年2月に松屋銀座の「世界の中古カメラ市」に行き、1970年ごろの人気一眼レフ機minolta SRT 101を購入し、着いていた標準レンズMC ROKKOR-PF 55mmF1.7が高性能だったこと。同じころに、私淑するブロガー氏が「MC ROKKOR-PF50mmF1.7は怖いほどの高性能」とつぶやいたのを知り、着いていた55mmよりさらに高性能なのかと思い、50mmのほうも購入してみた。まったくその通りだった。
 その後、短期間に24mmF2.8、35mmF1.8、58mmF1.2、50mmF3.5などを入手した。この中では、24mmF2.8、50mmF1.7、58mmF1.2が大変気に入っていて、私のレンズ陣の重要な一角を占めてしまった。
e0259451_11145953.jpg

②松屋銀座「世界の中古カメラ市」でお買い物
 久しぶりに「世界の中古カメラ市」に行き、久しぶりにフィルムカメラを2台買った。1台はMINOLTA SRT101である。1960年代の一眼レフではNIKONとCANONを持っており、第3位メーカーminoltaが欲しかった。MinoltaならSRT101がいいと思っていたが、きれいなのがなかった。ようやくきれいなのがあったので購入した。また、前述したように、これがきっかけになって、MINOLTA ROKKORレンズの素晴らしさを認識することになった。
e0259451_10493369.jpg

③KONICA Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ型揃う
 「世界の中古カメラ市」では、もう1台購入した。KONICA Ⅰ型である。これにより、KONICAはⅠ、Ⅱ、Ⅲ型が揃った。バリエーションはいくつかあるが特に入手したいという気にはならない。コレクション趣味はないのだ。ではなぜ、Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ型をそろえたのか、と言われそうだが…。
e0259451_11103493.jpg
 
④RICOH FLEX購入
 春先に、鎌倉を散策した。鎌倉文学館で、ピカピカのRICOH FLEXを首から提げていた青年がいて、すごくカッコよかった。さっそくヤフオクで探していたら、すぐに未使用品らしきものを見つけた。鎌倉文学館でみたのより、さらにきれいに思えたので落札した。それほど高価ではなかった。
 しかし、グリースが固まってしまったためか、まったくピント合わせができない。飾り物になってしまった。
 13年の年末、東京の兜町を歩いていたら、聞いたことのない中古カメラ店を発見。さっそく中に入って店主と話してみたら、超有名なカメラ修理店で修行して、数年前に独立したのだそうだ。RICOH FLEXの事情を説明したら修理してくれるという。今度、持って行くつもりだ。
e0259451_11213082.jpg

⑤Canonflex RM 、Nikomat FTn 、OLYMPUS OM1購入
 中古カメラは、上記以外に、Canonflex RM 、Nikomat FTn、OLYMPUS OM1を入手した。Canonflex RMはデザインが格好いいから購入。他の2台も、きれいなのがあったら、いずれ買おうと思っていたもの。
 いつか使うことがあるかもしれないが、今は、3台とも本棚の飾り物である。
 OM1は、高田馬場の中古店で購入したのだが、ものすごいタバコ臭がした。濡れ雑巾でゴシゴシやっても取れない。そこで、ネットでしらべてみたら、アルコールがいいとあった。800円ほどで購入し、ふきとろうとしたら、臭いがほとんどなくなっていた。アルコール代を損してしまった。
by withbillevans | 2014-01-03 11:00 | 写真機

思い出のレンズ CANON FD35mmF2.0 SSC

e0259451_1171121.jpg

 力強い描写なのに、解像感があり、線が細い。発色もいい。素晴らしいレンズである。いろいろなシーンを撮っても、共通した雰囲気をかもし出す。筋の通ったレンズである。
e0259451_1171913.jpg

 昨年1月に、CANON FD50mmF1.4 SSCと一緒に購入した。中古品としては、かなり程度が良かった。昔から、このレンズは高性能だと思っていたので、この3年ほどの間に、数回購入した。しかし、きれいなものはなかった。だから、極めて貴重な個体であった。
e0259451_1172826.jpg

 多分、このレンズも放射能レンズなのだろう。中古品のほとんどが黄色くなっている。オークションで高齢の方から買ったものは、まっ茶色になっていた。ウイスキーでもなく紅茶でもなく、アメリカンコーヒーくらいの色になっていた。
 では、ようやく出合ったきれいなレンズをなぜ、手放したか。しかも、CANON FD50mmF1.4 SSCを道連れにして。
 その理由をはっきり思い出せない。所有している35mmレンズでは、超高性能なYASHICA ML35mmF2.8があって、このレンズの出番がそれほどないのではないか、と思ったからであろう。何かほかのレンズの購入資金になったのかもしれない。
e0259451_1173679.jpg

 こうして、このレンズで撮影したカットを見ると、手放す必要はなかったのではないか、と後悔してしまう。
e0259451_1174660.jpg

 私が実際に使用したCANONのMFレンズでは、次の4本が高性能であった。
FD 35mmF2.0SSC
NewFD 24mmF2.0
NewFD 85mmF1.2 L
NewFD 135mmF2.0
いずれも、現在は手元にないのが不思議である。
 この中では、NewFD 85mmF1.2 Lが最もすごいレンズであったが、コストパフォーマンスならFD 35mmF2.0SSCであろう。

 そして、今、手元にあり、それなりの頻度で使っているCANOのMFレンズは、 NewFD 50mmF1.4 1本のみである。使いやすく、描写も悪くないからである。優等生タイプで、意外さや新鮮さ、面白みにちょっと欠ける。
by withbillevans | 2013-12-23 06:00 | 写真機

思い出のレンズ CANON FD 50mmF1.4 SSC その2

e0259451_22461932.jpg

 CANON FD 50mmF1.4 SSCの描写の特徴は、力強さのように感じる。このレンズの後継のCANON NewFD 50mmF1.4 は、現在の私のよく使う旧型レンズの中の有力な1本となっている。2本を比べると、発色など似たところもあるが、全体にNewFDほど洗練されていないのが、このレンズの特徴であり、魅力であると思う。
e0259451_22462866.jpg

 NewFDに比べると、描写の線が太いようにも見えるが、よく見ると、そうでもない。その傾向は、35mmのほうがよりうかがえる。
e0259451_22463758.jpg

 このレンズも、今は手元にない。同時期に入手したCANON FD 35mmF2.0 SSCを手放す際に、道連れになってしまったのである。詳細は、35mmの項で。
e0259451_22464777.jpg

 これが、CANON FD 50mmF1.4 SSCで撮った35mmの雄姿である。
by withbillevans | 2013-12-21 06:00 | 写真機

思い出のレンズ CANON FD 50mmF1.4 SSC その1

e0259451_22405735.jpg

 久しぶりに「思い出のレンズ」シリーズを。CANON FD 50mmF1.4 SSC の中古(かなり美品)を入手したのは、2012年1月であった。仕事の帰途、銀座の中古カメラ店をのぞいたら、このレンズがあった。この店は、LEICAやROLLEIFLEXなどの高級機が中心なので、あまり利用したことがなかったが、店の中まで入っていったら、このレンズがあったのである。価格は1万円ちょっとだったと思う。かなりきれいだったので、購入した。
 実は、そのとき、やはり非常にきれいなCANON FD 35mmF2.0 SSC も並んでいた。多分、同じ人が所有していたのであろう。結局、そちらも購入した。2万円程度だった。
e0259451_2241650.jpg

 CANON FD 50mmF1.4 SSC が現役だったのは、1970年代半ばであったと記憶している。私は当時、このレンズのパートナーであるCANONのフラッグシップ一眼レフF-1(後期型)を新品で購入した。そのころ、「広角レンズ命」だったので、FD 24mmF2.8 SSCを着けっぱなしで使っていた。だから、この標準レンズ CANON FD 50mmF1.4 SSC をボディーと同時に購入したとしても、ほとんど使わなかったはず。ということで、購入したかどうかも覚えていないのである。
 ただ使った記憶はあるので、誰かに借りたか、後年、中古品を買って使ったか。いずれにしろフィルム時代の話だ。
e0259451_22411527.jpg

 私は当時、CANON支持者であった。CANONがNIKONに追いつけ追い越せと、まじめにいいカメラ、レンズを作っていた時代である。CANONのボディーもレンズも、とても重かったが、いつも持ち歩いていた。
e0259451_22412684.jpg

 あれから数十年。久しぶりに使ってみると、やはりいいレンズであると感じた。
e0259451_22413586.jpg

by withbillevans | 2013-12-20 06:00 | 写真機

田の神様  MINOLTA MC ROKKOR-PF 50mmF1.7は、やはり高性能だった

e0259451_1459345.jpg

 十枝の森の夕暮れ時、MINOLTA MC ROKKOR 58mmF1.2を久しぶりに使ってみた。翌日、もう少しいじってみようと思い、庭に持ち出した。ついでに、このところ、大いに寵愛を受けているMINOLTA MC ROKKOR-PF 50mmF1.7と比べてみた。
 そうしたら、MINOLTA MC ROKKOR-PF 50mmF1.7がいいのである。MINOLTA MC ROKKOR 58mmF1.2と比較して、もっといい、と言うわけではなく、〝絶対値〟が高いのである。本当に高性能だと思った。この性能と、中古価格の安さ(私はオークションで2000円程度で落札)と、まったく釣り合いがとれていない。
e0259451_14592480.jpg

 田の神様(タノカンサー)の居場所がようやく決まった。大きな白梅の下にした。近所の石垣についていた苔をはがしてきて、台座につけてみた。苔が固着して、いずれ、田の神様の全身に広がるよう、毎日、頭から水をかけている。
e0259451_14593279.jpg

 周囲に、赤と白の彼岸花の球根を植えた。また、冬のうちも花を見たいので、寒咲スイセンの球根も植えよう。
e0259451_1459409.jpg

 山茶花の花びらが散っている。
by withbillevans | 2013-12-09 06:00 | 写真機

再びLUMIX GMについて

e0259451_2294113.jpg

 息子夫婦が、中部地方の都市に新居を構えて数年になるが、まだ行ったことがなかった。その町に、出張することになった。前の晩、息子の家に泊まった。翌朝、近くの私鉄の駅から電車に乗って、仕事先に行った。
e0259451_2295084.jpg

 まあ、元気でやっていて、良かった。
e0259451_2210175.jpg

 アパートは江戸時代からあった街道筋の近くであった。この町全体は工業都市であるが、この地域は情緒もあった。
e0259451_22101261.jpg

 仕事先の最寄り駅に着いたら、少し早かった。スターバックスで時間調整。本を読もうとしたら、家に置いてきたのに気づいた。カバンのなかには、気になっていたカメラ、PANASONICのLUMIX GMのカタログが入っていたので、それを見た。
e0259451_22102127.jpg

 午後3時過ぎに、東京に戻り、仕事をして、帰宅の途に。日比谷公園を歩いていたら、黄色くなったイチョウの木に、簡単なライトアップ装置からの光が当たっていた。見物人はほとんどいなかった。数枚、写真を撮った。

 以上は、よくある私の1日。カバンの中にミラーレスカメラを入れてあり、仕事と仕事以外に、何枚か撮るのである。
 よく使うカメラは、この1年ほどは E-PL3 + 14-42mm ZOOM。小さくて、軽くて、よく写る。ステンレス装のシンプルなデザインも、まずまず。オークションで、新品に近い中古品を1万6000円で買ったものだ。E-PL3は2台ある。

 LUMIX GMは、E-PL3の代替機にどうか、というので気になるのである。このような使い方の私の1号機は、同じPANASONICのLUMIX GF1であった。新品・中古を6、7台買った。ほとんどは子供たちに配給したので、現在は1台だけ手元に残っている。性能、大きさとも満足していたが、ART FILTER特にトイフォトを使いたくて、E-PL3を買った。小さすぎて使いにくいと心配したが、使ってみると、逆に小さいほど使いやすいことが分かった。
 LUMIX GMはもっと小さい。帰宅途中、有楽町のビックカメラに寄っては、触っている。昨日も行ったら、「販売台数1位」という掲示が出ていた。
 また、品切れだった、あのカタログも置いてあった。カタログのできの良さも、売れ行き好調の理由の1つではないかと思っている。最初持っていたカタログを新幹線の中に忘れてきたので、またもらってきた。
 カタログに使われている写真を撮影した4人の写真家の紹介文と、それを見ての私の感想である。

 CLEMENT JOLIN
「しばしば都会の喧騒を離れ旅に出て自身の作品に反映している」
「私とおんなじだ」

 SATOKI NAGATA
「写真によって街に暮らす人々、そしてその内面を表現する」
「内面を撮りたいっすね」

 RIE TAGAWA
「自身のフィルターを通し、その都市の人々を捉える」
「表紙の写真は貴方の撮影ですね。応援します」

 SAKAE TAKAHASHI
「卓越した審美眼で独創的な世界観を表現し続けている」
「すごいですね。がんばってください」

 こんな多様な人が使っているんですね。GMを。

 私も、自分の紹介文を考えてみた。
「楽しいとき、寂しいとき、美しいものに触れたとき、心を動かされたときに1枚」
「最高っすね」
by withbillevans | 2013-12-04 18:00 | 写真機