ブログトップ

読み、書き、写真

yomikakiph.exblog.jp

<   2012年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

YASHICA ELECTRO 35 GSNについて

e0259451_13262462.jpg

YASHICA ELECTRO 35 GSN 
 1966年に発売されたYASHICA ELECTRO 35 シリーズには、このカメラが現役時代は縁がなかった。購入したのは21世紀になってからである。使ってみて、すごく気に入った。大変よく写り、モノとして魅力があった。でも、フィルムの時代は間もなく終わりそうなころで、本棚の装飾品になるのに、それほど時間はかからなかった。
 なぜ、現役時代に買わなかったのだろうか。まずNIKONやCANONの一眼レフにあこがれていた。ブランドに魅力がなかった。電子技術を使って「誰がどこで使ってもきれいに写せる」という商品コンセプトに興味がなかった。以上は消極的な理由。積極的な理由があって、それは、豪華風に見せようという過剰なデザインだった。
 少しでも大きく豪華に見せようとする魂胆が見え見えのデザイン、ギラギラした銀色メッキ、電子が飛び回っている模様のマーク。これらはキャデラックとかシボレーとか1950年代の米国車のテールフィンを連想させる。今風に言えば、クールでもスマートでもない。かっこいい自分としては、ああいう大衆迎合的というか大衆の欲望を形にしたようなものは、身近に置きたくなかった。
 中古を買ってみようと思いついたのは、レンズの設計製造が富岡光学だったからだ。そして写してみて驚いた。絵に立体感があった。空間的な立体感だけでなく、時間的な立体感も表現した。COLOR-YASHINON DX 45mmF1.7、さすが富岡である。その後、YASHICA ELECTRO 35 シリーズのカメラを何台か使ってみたが、レンズの性能ではGXの40mmF1.7が最も優れていると思った。

e0259451_13264378.jpg

デザインもいいじゃん 
 使い勝手もすごくよかった。手が大きい私には、大き目のボディーが使いやすい。各パーツは間隔を持って配置され、一つひとつきちんと作られている。ボディーの剛性感もすごい。YASHICA ELECTRO 35 シリーズのコレクターがいて、その人のサイトには、ものすごく丈夫で、ボディーがへっこむほど傷ついても壊れない、と書いてある。電子カメラは壊れやすく、壊れたらおしまい、と思っていたが、どうも違うようだ。銀色のメッキは、今もギラギラ光っており、錆もよごれもない。そういう目で見ると、デザインも悪くないと思うようになった。上品ではないかもしれないが、日本が元気だったころの、前を向いて胸を張って歩いている感じがいい。水前寺清子か三波春夫。

e0259451_15471899.jpg

熊野に持っていった
 長女の結納のときの記念写真を、このYASHICA ELECTRO 35 GSNとCONTAX T2 とROLLEIFLEX 2.8F Planarで撮った。このカメラが一番シットリと写った。銚子の近くの外川という漁港の町で使ってみたら、白い波頭が英国の風景画のように写っていた。勝浦の古い旅館が積み重ねてきた歳月も写っていた。
 熊野に行ったときは、YASHICA ELECTRO 35 GSNを、ケースに入れないで、首からぶら下げて歩いた。南紀の強い太陽の下で、銀色のボディーがいつにも増してギラギラ光った。「LEICAの M3か M4でも持っている人に会わないかな」と期待して古道を歩いた。お互いにカメラをちらりと見て、「オレのほうがいいのを持っている。腕も上だ」というシーンを期待したが、そういう人には会わなかった。夜、脚だけでなく首が痛かった。
 
by withbillevans | 2012-03-31 13:27 | 写真機

GF1+SIGMA19mmF2.8EX DNを使ってみた(3)

e0259451_23252153.jpg

庭のクリスマスローズをGF1+SIGMA19mmF2.8EX DNで撮った
 日比谷公園の一角に、すごく小さなイングリッシュガーデンがある。ガーデンというより、コーナーという言葉が似合うほどのスペースである。コーナーの半分は松の木の下で、半日陰になっている。白い花を咲かせるクリスマスローズが密植してある。この花は強い日差しは苦手だ。
 これを、わが家でも真似してみた。クリスマスローズは結構高価なので、そうたくさんは買えない。東金の植木センターに行って、大株をいくつか買ってきた。スコップの刃でズバッ、ズバッと裂き、1株を6株くらいに小分けして植えた。場所はナツツバキとオカメザクラの木の下。冬は日が当たるが、夏は木漏れ日が少し当たるだけだ。
 2年たって、その株がやや大きくなってきた。
e0259451_804416.jpg

by withbillevans | 2012-03-25 23:26 | 写真機

GF1+SIGMA19mmF2.8EX DNを使ってみた(2)

e0259451_22564945.jpg
 
夕刻、GF1+SIGMA19mmF2.8EX DNを使ってみた
 55歳になって、勤め先を変えた。一番うれしかったのは、明るいうちに銀座通りを歩いて帰宅できることだった。それまでは、夕方、銀座を歩くことはできても、その後でまた、事務所に戻って仕事をしなければならなかった。
 ほんとに、うれしくて、楽しい。歩いてどうするんだと聞かれても、こんなことをしますと答えるようなものはない。歩いて、画廊や本屋や、中古カメラ店をのぞいて、東京駅に行くだけである。たまに、夕飯を食って帰ることもある。
e0259451_22583142.jpg
 このレンズだが、換算38mmという画角は、街撮りにはまことに使い勝手がいい。建物などもちょうどいい大きさに入る。物を撮ってもいい。フィルム時代の中級レンズシャッター機には、35mm、38mm、40mm、45mmなどがあった。私はCONTAX T2が気に入ったこともあり、38mmが使いやすかった。
 デジタルになって、ズームレンズは別にして、単焦点の38mmは、オートフォーカスでは初めてだった。久しぶりの38mmだったが、すぐ慣れた。やはり大変使いやすかった。
e0259451_2365426.jpg

by withbillevans | 2012-03-25 22:56 | 写真機

GF1+SIGMA19mmF2.8EX DNを使ってみた(1)

e0259451_21155347.jpg

GF1+SIGMA19mmF2.8EX DNを使ってみた
 数日続いた雨がやんだので、外で、GF1+SIGMA19mmF2.8EX DNを使ってみた。晴天ではなく、うす曇だった。場所は日比谷公園。
 数年前から、朝夕の通勤時に、日比谷公園を歩いている。おかげで、ほとんどの樹木の名前と、どこに、どのくらいの大きさのものがあるか、だいたい覚えた。季節の変化で、植物がどう変わっていくのかも分かる。猫の顔もおおよそ覚えた。
 樹木の手入れも、毎年同じ時期に同じことをやる。今は、大木の枝の整理の作業が行われている。昨年は、目立つ場所のタブノキの大きな枝がみっともない切られ方をした。
 大枝を切る場合は、まず幹に近い部分で、枝の下側から半分切る。次に、やや先の部分を上側から切る。枝はドスンと落ちる。そのときは、残った小口には段差ができるが、最後に小口の上側を切って、小口が滑らかできれいな円形になるように整える。多分、こういう方法をしないで、上から一度に切ったので、枝が落ちるときに、枝の皮が残って、幹の皮まで道連れにしてしまったのだろう。手抜き仕事である。切られた痕が、痛々しかった。今年は、そんなみっともないことはしないでね。
e0259451_920148.jpg
 あ、このいレンズの具合だが、細部の描写もいいようだ。ポートレート用というよりも、街中スナップや風景にいいような気がする。どのような状況でも、カリカリに硬くならないのが気に入っている。もっとも、いつも絞り開放で撮っているので、絞り込んで撮ったときどうなのかは、まだ確認していない。
e0259451_21195481.jpg
e0259451_2120568.jpg

 
by withbillevans | 2012-03-25 21:16 | 写真機

SIGMA 19mmF2.8 EX DN が到着

e0259451_217635.jpg

安く買えてしまった
 予約注文していたSIGMA 19mmF2.8EXDNが発売日の3月16日(金)に届いた。価格コムの最低価格より1割も安かった。最初、ミシュランガイドみたいな名前のこの店に予約したのだが、もっと安い店があって、自宅近くのチェーン店で受け取れることもあり、そっちに乗り換えを決めた。「ずっと安い店があったので、ゴメンナサイ」とキャンセルメールを入れた。
 翌日、念のため最初の店のサイトを見ると、予想もしない低価格が表示されていた。結局最初の予約が生きていたので、購入した。メールをやりとりした店員さんの印象も、すこぶる良かった。その店は、価格コムにも登録しているが、現在でも値段は私の購入価格よりずっと高いのが表示されている。このあたりの仕組みは、どうも分からない。私のメールが効きすぎたのかもしれない。
 さて、19mmF2.8EXDNである。翌日の土曜に試してみたが、あいにくの雨。部屋から外を撮る、テキトーな自宅内撮影会となった。

e0259451_2171684.jpg

姉妹レンズ30mmF2.8とよく似た描写
 第一印象は、数日間使ってみた姉妹レンズ30mmF2.8 EX DNとよく似ていた。30mmは、ついでに買ってしまったようなものだが、すごく気に入っていた。高解像なのに硬くない。発色もいい。19mmの絵を再生してみて、「ありゃ、30mmほどではないな」と一瞬思った。立体感のような部分で違っていた。でも、それはより広角な画角の違いから来るものであって、こちらも良かった。全体的に30mmとよく似ていて、期待通りのレベルだった。
 レンズを見た感じだが、大きさは19mmのほうが少し長いようだ。それも比べてみればの話で、M4/3レンズとしては標準的。フィルター径46mmも、よくあるサイズなので便利だ。私は手が大きいので、あまり小さいカメラやレンズは操作しにくい。Panasonic GF1との組み合わせは、ちょうどいい大きさだ。素っ気ないほどのデザインは、GF1には似合うと思った。
 これで私のCONTAX T2のデジタル化二つ目の作戦は一段落した。あとは、T2が紡いでくれたような物語のある写真を撮ってみたい。
e0259451_21345699.jpg

レンズ1本、ボディー1台
 それから、30mmのほうも、すごくいいレンズなので、いっぱい使ってみたい。レンズを付け替えるのは面倒だから、もう1台GF1を購入することになりそう。中古なら程度のいいのが1万円くらいで買える。
 以前から思っていたことだが、フィルムカメラ時代は、1台のボディーに複数のレンズを取り替えて付ける交換レンズだった。技術進歩が早いデジタルの時代は、本体の陳腐化が早いので、まず好きなレンズを決め、ボディーは一種の使い捨て感覚の交換ボディーだ。そして、さらに将来はボディーの小型・軽量化が進み、レンズ付属ボディーになっていくのではないかと思う。RICOH GXRは、レンズと撮像素子が一体化し、それをボディーに装着するという、面白いタイプだ。私の好みは、シンプルな短焦点レンズ固定ボディーである。
 この19mmと30mmは、価格コムのクチコミではそれほどの評価は受けていないようだが、私はかなり気に入った。
by withbillevans | 2012-03-17 21:07 | 写真機

夏木マリのCDを買う

e0259451_1815221.jpg

黒のイメージ、白のイメージ
 一番好きだった女優さんが亡くなってしまった。淡島千景さん。きれいだったなあ。次に好きなのは、ずーと飛んで尾野真千子と栗山千明だ(すごい飛び方だ。しかも何の脈絡もない2人)。こともあろうにこの2人が、NHKの朝の連続ドラマで共演することになった。
 しかし、栗山千明は途中でほとんど出なくなり、尾野真千子も老け役を演じる前に、夏木マリに交代してしまった。Web上では、「突然の交代でNHKにブーイング多数」「ドラマのモデルと夏木は旧知の間柄」とかにぎわっていた。同じ人物を演じるのだから、共通点があるのだろうなと、探してみたけどほとんどなかった。なんたって夏木は黒、尾野は白のイメージだ。同じハスキーボイスだが、夏木は鼻にかからない。NHKに好かれていることくらいしか、2人に共通点はない。

ホントに好きなのは女性ボーカル
 吉本隆明が亡くなる数日前だ。年下の友人が、4月に人事異動だというので、呼び出して一杯やった。レヴィ=ストロースとかカール・ポランニーとか菅直人とかについてしゃべっているうちに酔っ払った。いい歌はないかという話になった。私は、ジャズを歌える演歌歌手はいいぞ、小林幸子とか坂本冬美、石川さゆり、こんなのがいい、最近は坂本冬美かなぁ、とか。
 早稲田卒業のクミコっていうのがいる。彼女もNHK好みだけど、宇崎竜童のギターで「身も心も」を歌ったのが良かった。ただ、アクセントが後に来るのがイヤだなぁ。少し期待して彼女の「十年」というCDを買ってみた。筑紫哲也とか全共闘崩れとかが、後輩の可愛い子が歌っているからみんなで応援しようぜというような感じがまとわりついていて、いやになった。「みんなで」というのが特にいやらしい。歌声喫茶じゃないんだぜ。彼女も苦労してきた部分もあるのだから、もっと吹っ切れたらいいのに。
 シャンソンなら、引退した金子由香利が、アクセントが後ろに来なくて、つまりくさくなくて、やっぱりいい。ベスト盤のCDをよく聞いている。ああ、現役時代に実物を聞いておくべきだった。一番いいのはちあきなおみ、これも聞き逃した。正統派演歌なら島津亜矢だが、これは実物を何回か聞いた。このあたりのことは、話さなかった。

不意をつかれた夏木マリ
 彼、W君が切り返してきた。夏木マリじゃないですか。うっ、その名前は想定外。その後どんな話になったか…忘れた。
 その夜、Amazonに夏木マリの「La Parole」を注文。翌日聴いた。良かった。まさにジャズだった。1カ月ほど前、Amazonから2枚組みジャズCD700円くらいという特価セールの宣伝が来たので、女性ボーカルを中心に20枚ほど買った(半分以上は、安物買いのなんとかだった)。その中ではニーナ・シモンが良かった。夏木マリはニーナ・シモンくらい良かった。
 聴き終わって、すぐに「13CHNSONS」を注文した。翌日聴いた。傑作だった。深夜、大笑いしながらCDを聴いたのは初めてだ。ステップを踏みながら聴いたこともあまり経験がない。
 聴き終わって、彼女のCDをいっぱい注文した。
e0259451_182277.jpg

売れてから変われるひと
 女性歌手の場合は、キャリアの途中で、自己否定というかいろいろ悩んで、試行錯誤した経験のある人が魅力的だ。そういうことでは、ちあきなおみがトップだろう。石川さゆりも悩んだ。坂本冬美も悩んだ(その期間が短すぎた。将来もう一度悩むのではないか)。夏木マリも、再デビューでいったん成功したが、キャリア形成後にもいろいろ挑戦し、ずいぶん変わったようだ。
 彼女は、1971年に本名の中島淳子でデビューしたが、まったく売れず、引退する辺見マリの後継を狙って、名前を変えて再デビューしたのだそうだ。二つ目の名前は「この夏、決まり」の駄洒落。私のパソコンでも、なつきまり、と打ったら「夏決まり」と変換された。
by withbillevans | 2012-03-17 18:02 |

去年、飯館村で

e0259451_12435832.jpg

3月11日に寄せて
 今日は3月11日だ。1年前、地震直後(2011年3月)に仙台、塩釜、石巻、そして、福島第一原発近くの南相馬に行った。地震から半年後(2011年秋)には、仙台から同じ道をたどって、南相馬まで行った。写真は、二度目のときに、途中の飯館村で撮ったもの。もちろん誰も住んでいない。最初に行ったときは、このあたりではまだ人々が生活していた。人口密度の低い場所だから、にぎわっていたというほどではないが、生活する人たちを何人も見た。IAEAが、飯館が汚染されていると警告したのは、その翌日、私が東京に戻ってきた日だった。
 地震は地球活動の営みだ。原発は、人間は太陽エネルギーを制御できるという、人間の錯覚が元にある。推進する人の多くも、それが錯覚であることに、ずっと昔から気づいているのに。
e0259451_18154080.jpg
e0259451_18155956.jpg
e0259451_18205897.jpg

by withbillevans | 2012-03-11 12:45

NEX-5+Distagonn25mmF2.8 はでっかい

e0259451_11453176.jpg

ZEISS、 YASHICA、 CANONを使ってみた
 ヤシカ・コンタックス用のCarl Zeiss Distagon25mmF2.8は、今回が2本目の購入だった。G1が出たときにすぐ入手したのだが、M4/3だと50mm換算になってしまい、どうも面白くないので手放してしまった。色の濃さと、画面中央のピントの良さは記憶に残っている。
 その後、M4/3とNEX-5の併用が続いたが、この焦点距離では、YASHICA ML24mmF2.8とCANON NewFD24mmF2.0が主力になった。CANONは解像度や描写の線の細さが素晴らしかったので私の主力レンズになった。きれいな個体を求めて、何本も売り買いを重ねた。ただ、このレンズのもうひとつの特徴である淡い発色はいかにも日本的な品の良さを示していたけれど、物足りなさを伴い、「あー、Distagonn25mmならどうなんだろうなあ」という思いを拭い去ることはできなかった。
e0259451_11525029.jpg

主役を張ったNewFD24mmF2.0
 50代になって、私のカメラ趣味が再燃したとき、「匠のデジタル工房・玄人専科」というブログで、勉強させていただいた。そこの「スーパーレンズ無差別級お勧めベスト10」ランキングで、NewFD24mmF2.0は第7位にランクされ、歴代CANONレンズではトップだった。私も同感だった。ただ、個人的には、淡すぎることからくる物足りなさが、徐々に大きくなってきた
 YASHICAは、描写がやや硬く、ときどき、ポップな非現実的な色を出すことがあったものの、力強さは魅力的だった。こちらも、きれいなのを求めて何本か売り買いした。そこで分かったのはCANONに比べて、外観が「美品」の割合が高かったことだ。もしかしたら、使いこなす前に、手放したケースが多かったのかもしれない。

CONTAX T2を再現したかった
 きっかけは、あの「T2への追憶」だった。25mmはNEXで使うと38mmになると、ふと気づいたのだ。SonnarとDistagonの違いはあっても、Carl Zeissの38mmF2.8であることに変わりはないということにした。
 使ってみると、想像通り、写真から物語を聞くことができた。よく、良いレンズは空気を写すと言われる。私は、物語を聞かせてくれるレンズが理想だ。昔、T2で撮ったネガの密着プリントを見ていて、36コマの映画のように感じたことがあった。
 T2+Distagon25mmF2.8で、私のT2デジタル化は最初の一歩を踏み出した。T2にはたくさんの良さがある。そのうちのコンパクトさ、『粋』という部分が、NEX-5+Distagonn25mmF2.8では適わなかった。NEX-5は十分にコンパクトなのだが、レンズがでかい。KIPONのアダプターとゴム製のフードを着けると、一眼レフの高倍率ズームレンズくらいの長さになってしまう。
e0259451_23222396.jpg

質実剛健なデザインに惹かれる
 そこに飛び込んできたのが、SIGMA19mmF2.8のニュース。さっそくM4/3のボディーを再購入。一足先に発売された姉妹レンズである30mmF2.8をいち早く入手して使ってみた。
 まず、最近のSIGMA製品では珍しい質実剛健なデザインが好印象だった。どこかRICOHの工事現場用カメラに通ずるものがある。GF1白ボディーとは、ものすごく合う。個人的には、Panasonic純正のどのレンズよりも合うと思った。
 ただ、私の本命は、あくまでも19mmのほうなので、今は発売日の3月16日をひたすら待っているところだ。
by withbillevans | 2012-03-11 11:49 | 写真機

CONTAX T2 と 森繁久弥……「哀愁」の表現者

e0259451_22111098.jpg

気がついたら好きになっていた
 若いころ、だいたい学生時代くらいまでだが、森繁久弥がきらいだった。彼が演じる社長はちょび髭を生やして、和服を着た女性にエッチなことをする、いやらしいエロ爺だった。たまに会社にいる場面があっても、話すことは遊びの打ち合わせばかりで、いつも宴会だった。小金持ちの下品な大人だった(今思うと、うらやましい限りだ。人生かくありたし)。あれは演技でなく、地で行っているに違いない。ああいう大人には、なりたくなかった。
 あるとき、そうでもないなと思った。歳をとるにしたがって森繁が好きになり、いつの間にか、好きで好きでたまらなくなった。

品格と色気と哀愁と
 松岡正剛さんは、子供のころから、森繁が好きだったそうだ。私とはずいぶん違う。尊敬してしまう。松岡さんの千夜千冊で知ったのだが、森繁には『品格と色気と哀愁と』という題名の著書がある。その本はまだ読んでないけれど、多分、品格、色気、哀愁は森繁が好きな言葉、彼の大切な価値観だったのだろう。歳をとった私は、森繁が品格と色気と哀愁の人だったと分かる。エロ爺と品格は、少しも矛盾するものではない。
 森繁の良さが分かり始めたころ、私はまだ、カメラは分からなかったのかもしれない。なぜなら、CONTAXのT2が好きではなかったから。
 T2は、実はカメラ世界の森繁久弥なのだ。
 きらいだった理由の第一は、値段が高かったこと。普通のものの5倍くらいした。金ぴかのデザインもチタンを外装に使ったことも、CONTAXというブランドをウリにしていたことも、みんな気に入らなかった。いやらしいカメラ……。

なんていいカメラなんだ
 50歳を過ぎたころ、中古のT2を買ってみた。写りが全然違った。一枚一枚の写真が物語を語りだすのである。ほかのカメラで撮ったものとは、はっきり違う。
 そういう目で、あらためてT2を眺めると、T2こそが素晴らしいカメラ、素晴らしい工業製品であることが分かる。良い素材、良いデザイン、きちんとした職人の技、ブランドを守ること。これらの要件を満たして、はじめて良いものができるのである。
 その写りは、かなり個性が強かった。強すぎたくらいだ。TシリーズのT、T2、T3を特集した文庫サイズの本があった。T2の写真はすぐに分かった。写真にいつも、物語が付随していた。
 なぜ、性能のいいT3より、T2の写真のほうが好ましく感じるのだろうか。不思議だった。そのときは、T2の独特の味は、感覚としては分かった。だが、言葉で明快な説明ができなかった。浪漫派的あるいは演劇的表現かとも思ったが、少し違うような気もした。寂しさも表現できた。「濃さ」のなかに「はかなさ」も表現できた。
 今なら、自信をもって言える。T2の良さは、「品格」「色気」「哀愁」であったのだと。
by withbillevans | 2012-03-11 01:35 | 写真機

SIGMA 30mmF2.8 EX DN 初めの1枚はSANAちゃんです 

良い人生を、ね SANAちゃん
 1年前、福島第一原子力発電所が爆発。妊娠8カ月のSANAちゃんのママは、名古屋に疎開した。5月に無事、ママはSANAちゃんを産んだ。SANAちゃん、大きくなったら、自分が生まれたときの話を、ママからいっぱい聞きなさい。放射能なんかに負けるんじゃないよ、SANAちゃん。
e0259451_23274862.jpg

by withbillevans | 2012-03-10 23:28 |