「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

読み、書き、写真

yomikakiph.exblog.jp

<   2013年 07月 ( 21 )   > この月の画像一覧

釜石小学校と校歌   釜石(その2)

e0259451_15403759.jpg

 釜石に行ったら、訪ねてみたい場所があった。釜石小学校である。大津波で、釜石のたくさんの方が亡くなったが、この学校に在籍する児童たちは、全員生き延びた。同市教育委員会が、非常に実践的な津波からの避難訓練を実施していた成果だと聞いた。また、同校の校歌は、先日亡くなった井上ひさしの作詞になるユニークな歌詞なのだそうだ。この2つが関係あるのかわからないが、とにかく行きたかった。
e0259451_1541328.jpg
 小学校は、高台というか山の中腹にあった。市街地から50m以上高いところにある。100m近いかもしれない。正門には「津波避難場所」の看板があった。市内の津波の高さは最大10mほどだったというから、ここにとどまっていれば、あるいは大揺れの後ですぐここに逃げてくれば助かったはずである。
 しかし、地震は、放課後に発生した。ほとんどの児童は自宅に戻っていたか、戻る途中だった。
e0259451_15434179.jpg

 子供たちは、教えられた通りに行動した。すぐに高い場所に逃げる。自宅に残した大切なものをとりにいったりしてはいけない。体ひとつで逃げる。周囲の人に「逃げろ」と声をかけ逃げる。友だちと手をつないで逃げる。体が弱くて動けない人がいたら、手助けして一緒に逃げる。何があっても、高いところに逃げる。
 こうして、全児童が生き延びた。
e0259451_15443984.jpg

 小学校の体育館は、津波で家を流された人たちの避難所になった。厳しい生活のなかで、被災者はやがて子供たちの歌う校歌に、唱和するようになったという。詩の内容に励まされたのである。
 中越地震の時は、平原綾香の「ジュピター」が、歌われたと聞いたことがある。
e0259451_15453174.jpg

 作詞者は、岩手県出身で、釜石でも暮らしたことのある井上ひさしである。
 この校歌は確かに変わっている。ふるさとの山や川や海が出てこない。校名すら出てこない。2つの小学校が合併して、今の釜石小学校になった10年前に、この校歌は制定されたという。
 私は、校庭の奥の木陰まで行ってみた。そこに、校歌の譜面と詩が刻まれた石碑があった。でも、違う歌であった。2つの小学校のうち、この校舎を使っていた学校の校歌であった。
 井上ひさしは、心配りの人だったので、不公平にならないよう、2つの校歌のどちらとも異なる詩を書いたのかもしれない。再度、合併してもいいようにという配慮があったというのは、もちろん、うがち過ぎだ。
 そのような詮索はともかく、全児童が生き延びた「釜石の奇跡」のこともあり、この校歌は市民に、そして県外の人に知られるようになった。
 私が釜石を訪問した数日前に、JR釜石駅前広場に、地元のロータリークラブの手で、この校歌の碑が建てられたのである。碑は3つあって、「ひょっこりひょうたん島」の歌との関係などが分かるようになっている。
(上の写真をクリックして拡大すると、校歌の全文が読めます)
e0259451_15454818.jpg

 この校歌は、ユニークだ。何回かゆっくりと読んでみたら、井上ひさしの肉声が聞こえてくるような気がした。
e0259451_205692.jpg

 さて、である。手元に、10冊近い『文章読本』がある。高名な作家の手になるものが多いが、私のお気に入りは、一番上の井上ひさし版である。
 改めて読んでみたら、彼がこの校歌を、どういう文章論に基づいて、あるいはどんな気持ちから書いたかが、少し分かった。長くなってしまうので、そのことはここでは書かない。面白いくだりがあったので、それだけ紹介したい。

 あの折口信夫(釈超空)を批判しているところだ。折口は二十数校の校歌を作詞したが、みんなワンパターンだと怒っている。歌詞の一番は朝、二番は昼、三番は夕方に時刻を設定し、ふるさとの山や川などの自然の風景について、その時間ごとの美しさを讃え、その間に学ぶことの価値を示す言葉をちりばめていく。注文に応じ、機械的に、いくつでも作れてしまう、というわけだ。
 私は、自分が出た小学校、中学校、高校、ついでに隣村の学校についても、この手法を使って校歌の作詞をしてみたら、簡単に作れた。(この部分は妄想。でも本当に簡単に作れる)
 井上ひさしの釜石小学校の校歌は、人間が生きていくうえでの大切なこと、生きていくうえでのマナーを、歌ったものだと思う。こういう歌は、1つしか書けないかもしれない。(いや、書くプロだから、そんなことはないだろうが)
 私は、井上ひさしも、折口信夫も、同じくらいに好きなのである。
by withbillevans | 2013-07-30 18:00 |

遠野から釜石へ      釜石(その1)        

e0259451_224757.jpg

 2日間の日程で、岩手県釜石市に行ってきた。釜石に一泊する予定だったが、市内のホテルは、すべて満室。復興支援の関係者でいっぱいだった。そこで鉄道で1時間ほどの距離である遠野市のホテルに泊まった。ということで、遠野と釜石をJR釜石線で2往復することになった。
 初日は、釜石で一杯やってから最終列車に乗り、遠野駅に着いたら夜9時半になっていた。フロントで、夕飯を食べられる店を教えてもらった。駅前に数軒あるという。「食事のみOK。ラーメン500円」という貼り紙のあるスナックに入って、そのラーメンを食べた。ほかに客はいなかった。
 遠野には以前、車で来たことがあるが、遠野駅は今回初めて利用した。石造りの立派な建物で、駅舎がホテルになっていた。私はここではなく、駅前のビジネスホテルに。客はそれほど多くなく、大浴場もあって、快適だった。
 翌朝、駅まで歩いて行くと、彫刻の河童が池の周りで井戸端会議をしているような小庭園があった。河童の写真を撮ってから切符を買って、跨線橋を渡って下りホームに。花巻方面からの3両編成のディーゼルカーが入ってきた。高校生が何人か降り、乗る人は少なかった。
e0259451_22471435.jpg

 一番前に乗った。運転室が小さいので、乗客はぎりぎりまで前に行ける。私はフロントガラスに額をくっつけて、進行方向の景色を眺めることができた。
 バチバチ写真を撮った。すると、E-PL3のボディーが熱くなった。デジカメは、撮影時に、撮像素子が熱を持つと聞いていたが、こんなに熱くなったのは初めての体験だった。それはともかく、緑の中を突き進む感じに興奮してしまった。
e0259451_22472218.jpg

 私の近くには、推定79歳の婦人が1人だけ乗っていた。彼女が話しかけてきた。「次の駅には大きな洞穴があり、流しそうめんが食べられる店がある」「線路の両脇は落葉樹が多いので、もみじがきれいだから、秋にまた来なさい」などと観光案内をしてもらった。途中の陸中大橋駅で降り、自宅に戻るのだそうだ。
e0259451_22472970.jpg

 前日は、昼過ぎに新花巻から快速列車に乗って、釜石に向かったのだが、同じ車両に、高齢のご婦人3人組がいて、女子高校生みたいに大騒ぎしていた。右に左に席を替え、私の耳元でギャーギャー言うので、それとなく注意したら、静かになった。ああ、言わなければよかった、と後悔していた。翌日の推定79歳の婦人は、穏やかで優しそうな人だった。私がイメージしていた岩手県の人だった。
e0259451_22473655.jpg

 花巻から遠野に入る途中でも大きな山を越えた。遠野から釜石に行くにはもっと大きな山がある。いくつかトンネルを抜け、ひときわ長いトンネルがあった。その先に、推定79歳の老婦人が降りる予定の陸中大橋駅があった。ここから釜石である。そこはまた、釜石鉱山の入り口でもあった。すでに鉱山は操業していないが、往時をしのばせる鉄道遺構がたくさんあった。
 穏やかな老婦人が降りようとすると、運転士が出てきて、手をとってあげた。運転士が長靴をはいていたのが印象的だった。東北地方はまだ梅雨が明けず、雨が続いていたのである。
e0259451_22474434.jpg

 列車は下り坂を走る。空に虹が出た、と思ったら、コンクリートの橋だった。それにしても高いところを走っている。
 「震災で、鉄道も通信も港も道路も使えなくなった。釜石は陸の孤島になったが、かろうじて、その少し前に完成した高速道路の一部で物資を運べた」という話を聞いたが、このコンクリートの橋がそれなのだろうか。 
e0259451_22475122.jpg

 ようやく、人家が増えてきた。遠野方面からの鉄道と道路が交差しながら、釜石湾に向かって延びていく。この谷筋を通る街道が釜石の背骨のようになっている。コンクリート造りのアパートが何棟か見えた。鉱山あるいは新日鉄釜石の製鉄所の労働者の住宅だったという。住む人がいなくなったので、取り壊す予定だったが、その前に大震災が起き、津波で家を流された人たちの臨時の住宅になっているそうだ。
e0259451_22481171.jpg

 列車がスピードを緩めた。終着駅の釜石駅のホームが見えてきた。
 森山大道の『遠野物語』は、遠野までの旅、私はその先の釜石まで来た。
by withbillevans | 2013-07-26 22:50 |

再入手するも忘れられかけたKONICA HEXANON AR40mmF1.8が実力発揮

e0259451_18542118.jpg

 ひょんなことから、KONICA HEXANON AR40mmF1.8を使ってみたら、すごく良かった。前日、50mm標準レンズの撮り比べをした。KONICA勢は57mm、40mmなので出番なし。そこで、私のお宝レンズであるHEXANON AR57mmF1.2を持ち出した。結果は、実力を発揮できなかった。
 そこで、40mmを使ってみたら、結構いい。いろいろ設定を変えてみたら、すごく雰囲気のある写真が撮れた。
e0259451_18542994.jpg

 絞りは開放。露出は少しアンダーで。ひっそりとした感じに写る。OLYMPUSのアートフィルターのような使い方ができそうだ。SEIHITSU(静謐)という名前にしたらいいかも。
 数年前になるが、このレンズを初めて入手したとき、深夜に試写した。外に行けないので、白い皿に、かじりかけのキュウリを置いて撮った。みずみずしく写った。ボケが、それこそとろけるようだった。白の発色がいい感じだった。「青が良く出る」とか、「赤がいい」というレンズはあるが、白がきれいなのは貴重だ。私の知る限り、CANON NewFD 85mmF1.2が白がきれいなレンズの代表選手である。
 最初に入手したKONICA HEXANON AR40mmF1.8は、中がごみだらけなので手放した。何本か買い換えたが、どうれもきれいではなかった。最近、ようやくきれいなのを入手できた。このレンズを買った人(家庭)は、写真をいっぱい撮ったのだろうと思った。
by withbillevans | 2013-07-22 18:00 | 写真機

KONICA HEXANON AR57mmF1.2を持ち出す

e0259451_2353819.jpg

 前日、旧型MF式50mm標準レンズ比較をしたが、KONICA HEXANON AR57mmF1.2は50mmでなかったので、登場させなかった。
 そこで、改めて、持ち出して、同じ絵柄を撮ってみた。結果は普通。KONICA HEXANON AR57mmF1.2は、私のお宝レンズであり、普通では満足できない。
e0259451_235494.jpg

 思い入れのあるレンズである。NEX-5Nに着けて、雄姿を写した。撮影に使ったレンズは、KONICA HEXANON AR40mmF1.8。
e0259451_236261.jpg

 でっかい。
e0259451_2361264.jpg

 KONICA HEXANON AR57mmF1.2は、普段は絞りF2.0で撮っている。でも、そうして白いベロニカの花を撮ったこの絵も、やはり普通であった。そこで、KONICA HEXANON AR40mmF1.8で、同じシーンを撮ってみたら、意外な結果が。(続く)
by withbillevans | 2013-07-21 23:20 | 写真機

50mm標準レンズ比較 MINOLTA MC ROKKOR-PF 50mmF1.7に納得

 気に入っている50mm標準レンズを撮り比べてみた。最近萌えてしまったMINOLTA MC ROKKOR-PF 50mmF1.7の、相対的位置を知りたかったためである。
 絞りはF2で 統一。MINOLTA MC ROKKOR-PF 50mmF1.7はF2の絞り目盛り・クリックがないので、F1.7と2.8の中間で撮影した。天候が変わりやすい日だったので、日差しなどの条件は同じではない。色調の違いはレンズによるものではないと思う。
e0259451_12452970.jpg

 上はMINOLTA MC ROKKOR-PF 50mmF1.7
e0259451_12453854.jpg

 上はXR RIKENON 50mmF2.0
e0259451_12454880.jpg

 上はCanon NewFD50mmF1.4
e0259451_12455860.jpg

 上はYASHICA ML50mmF1.4
e0259451_1246967.jpg

上はLEICA SUMMICRON R 50mmF2.0
e0259451_12461738.jpg

 上はCarl Zeiss Planar50mmF1.4

 結果であるが、MINOLTA MC ROKKOR-PF 50mmF1.7は、かなりの能力であった。今回は、ナンバーワンと言ってもいいくらいだった。
 RIKENONがちょっと苦しかった。絞りF2限定というのが大変だったのかも。
 SUMMICRONとplanarは、やはり横綱級であった。相撲の白鵬のように撮りこぼし、いや取りこぼしがないのである。各レンズとも数十カット撮って、1枚を選んでアップしたのだが、この両レンズで撮ったものは、ほぼすべてのコマが、きっちり写っていた。
 RIKENONは、そのような歩留まりが、よくなかったこともあって、苦しかったと評したのである。
 MINOLTA MC ROKKOR-PF 50mmF1.7は安定していた。このレンズで撮ったコマは、湿度感というか、粘るような感じがした。RIKENONはドライであった。

 これらのレンズは、1年以内に入手したものが多い。前から持っていたが、きれいなのに買い換えたものもある。NewFDやRIKENONなど何本も買い換えた。いずれも中古で入手したもの。値段はさまざま。
MINOLTA MC ROKKOR-PF 50mmF1.7・・・・・・・2000円
XR RIKENON 50mmF2.0・・・・・・・・・・・・・・・・・・・4400円
Canon NewFD50mmF1.4・・・・・・・・・・・・・・・・・・4000円
YASHICA ML50mmF1.4・・・・・・・・・・・・・・・・・・16000円
LEICA SUMMICRON R 50mmF2.0・・・・・・・・・・30000円弱
Carl Zeiss Planar50mmF1.4・・・・・・・・・・・・・・30000円台半ば

 ROKKOR、RIKENON、NewFDは、コストパフォーマンスが極めて高い。ボディーは、NEXシリーズの初期製品なら、中古品が1万円台で買える。これらの1本とアダプターを合わせても、2万円以内で収まりそうだ。

 50mmレンズでは、これ以外にPENTAXとKONICAが高性能だと思う。OLYMPUSは、なぜかきれいな中古品が少ない。NIKONは低価格のAi50mmF1.8が好みだが、まだ入手していない。

 
by withbillevans | 2013-07-20 18:00 | 写真機

熱海の海岸、散歩したァ~

e0259451_22482239.jpg

 静岡県の熱海温泉に行ってきた。仕事であったが、1時間あまり散策できた。まず、行ったのがお宮の松。隣に「寛一とお宮」の像があった。男が女性を足蹴にしている像なんて、何を考えて建てたのだろう。
 私は、勉強が好きで学校に行ったという理由で暴行された外国の少女のことを思い出した。こんな像を外国の人に見られたら、なんと言われるか。
e0259451_22484043.jpg

 暴力を振るわれるお宮の顔を見た。悲しんでいる様子は、あまりうかがえない。いつか見返してやる、という顔なのかもしれない。この作家はうまいのか下手なのか。
e0259451_22485162.jpg

 初めて熱海に行ったのは、中学3年のときだった。ちょうど50年前。当時は和風旅館が並んでいたが、今はヨーロッパの海辺のようにも見える。
e0259451_22491587.jpg

 海岸通から一歩入ると、50年前に見た雰囲気の飲み屋街。
e0259451_22493060.jpg

e0259451_10351248.jpg

 両岸が整備された小さな川に出た。あたりは、遊歩道のようになっている。昔風の魚屋さんがあって、その店の前の欄干に、アンコウ(もしかしたらフグ?)とカニのオブジェがあった。店のおじさんが、干物を干していたので「これ、お店の看板ですか」と聞いてみた。
 おじさんは手を左右に振って、「違うよ、30年ほど前、役所が作ったんだよ」と言い、「ひとついくらしたか分かるかね」と聞く。私が「30万円」と答えると、「ピンポーン。今なら100万円相当だね」と、あきれたねというような口調で言った。
e0259451_22504072.jpg

 近くにあったタコ(?)のオブジェを見て、私はおじさんの怒りを理解できた。
e0259451_225167.jpg

 無性にコーヒーが飲みたくなった。好みの喫茶店を2軒見つけたが、両方とも休憩中であった。たまらないほど暑いのをガマンして歩いていくと、甘味どころがあった。うまそうだったので中に入った。
 昭和モダンという感じのインテリアも気に入った。 
e0259451_22511585.jpg

 クリームあんみつ、630円。おいしかった。これを食べて、熱海の探検は終了。ホテルに戻ってもう一仕事した。
e0259451_22512387.jpg

 翌朝、ホテルのロビーから海の写真を撮って、東京に向かった。今年は梅雨明けは早かったが、その後クソ暑い日が続いた後、また不安定な天候に戻ってしまった。
by withbillevans | 2013-07-20 06:00 | 散歩

MINOLTA萌え  MINOLTA MC ROKKOR-PF 50mmF1.7

文章は末尾に。
e0259451_7414814.jpg
e0259451_7415773.jpg
e0259451_742397.jpg
e0259451_7421042.jpg
e0259451_7421827.jpg
e0259451_7422832.jpg

 MINOLTAに萌え始めた。ずうっとKONICA愛一筋だったのに、これはどうしたことか。
 現在所有しているMINOLTA レンズは、MC ROKKOR-PF 50mmF1.7とMC W ROKKOR-SI 24mmF2.8の2本である。いずれも、今年の春以降に入手したものだ。
 私が思うMINOLTAレンズの特徴は、特徴がないことである。どこか際立った個性はない、とんがったところもない、特に欠点もない。
 いろいろなレンズで撮った写真を一同に集めるて見ると、MINOLTAは目立たない。ところが、MINOLTAレンズで撮った写真だけを集めると、統一感のある独特の上品さが醸し出される。質が高いのである。そういうのを見ると、撮影者の品格も、1つか2つ上に見えてしまう。
 MINOLTA レンズ、それは大人の味なのである。MINOLTAがかつて提携していたLEICAのレンズに通じる。
 
 ところで、私の中古レンズの趣味は、こんな風に言えそうだ。
KONICA愛
MINOLTA萌え
YASHICA好き

 カメラブランドとしては、いずれも今はない(海外では生き残っているかも)。製品が良くても、経営がうまくいかないことの実例だ。でも、これは世の常。歌が下手でもメジャーな歌手はいっぱいいる。むしろ、うまい歌手は実力派とかのジャンルにくくられ、トップ歌手扱いはされない。
 政治も同じ。支持率が高くても政策があぶない政党、知性の足りない党首、おっと、このブログは政治向きのことには触れないことにしているので、これ以上はやめる。
 小選挙区制になって、日本の政治家はますますひどくなった。知性派政治家、個性派政治家の出る幕などない。党首のみが個性を発揮できる。中選挙区制なら、5人当選できるとすれば1人くらいは変わった人物が当選する蓋然性はある。
 昔からのカメラメーカーは2社に集約された。まさに小選挙区制だ。SONYとPanasonicは新規参入である。SIGMA、TAMRON、COSINAなど以前お殿様のところに出入りしていた業者は徐々に自己主張し始めた。新参、新興メーカーが出す製品のほうが、個人的には魅力がある。

 そういうことで、以前のしっかりと作られた製品が、中古品として流通し、今でも使うことができるのがうれしい。

 KONICAさん、MINOLTAさん、YASHICAさん、良い製品を作っていただきまして、本当にありがとうございます。

 MINOLTAが開発したレンズは、現在SONYブランドで何本か売られている。その1つ、35mmF1.4〝G〟レンズをいつか入手してみたい。手元にあるCOSINA NOKTON 35mmF1.2 とLEICA ELMARIT R35mmF2.8を原資に、足りない分は毎月5000円の月払いで買おうかな。
 それまでは、MC ROKKOR-PF 50mmF1.7とMC W ROKKOR-SI 24mmF2.8の2本で、大人の味を楽しもうっと。
by withbillevans | 2013-07-16 18:00 | 写真機

覗き込むトイフォト

e0259451_8511149.jpg

 盛りを過ぎたナスタチウムがいい色になっていた。トイフォトは遠景向きだと思うが、近接で使ってみた。
e0259451_8504149.jpg

e0259451_8503327.jpg

by withbillevans | 2013-07-15 18:00 | 写真機

現在、ナンバーワンかも MINOLTA MC W ROKKOR-SI 24mmF2.8

e0259451_12132894.jpg

 入手してみて、期待以上の性能であることが分かったとき、自分好みの描写であったとき、実にうれしい。
 今年入手したレンズで、最もこういう気分を味わえたのが、MINOLTA MC W ROKKOR-SI 24mmF2.8であった。
 到着の日、夜中にテーブルの上で試したのだが、最初の1枚からよく写った。液晶画面に映る画像からして、並でなかった。
e0259451_12135844.jpg

 好ましい順に特徴を挙げると、まず発色。そしてピント。湿度感。ボケ。
 ただし、これらの項目のいずれについても、やや古典的である。例えば、発色は澄んではいなくてやや濁っている。
e0259451_1214874.jpg

 先日、有楽町のビックカメラに行ったら、4Kテレビが展示してあり、持参の画像を写してみて、と書いてあった。さっそくカバンに入っていたSDカードを差し込んだところ、ものすごい高精細な絵が出た。「これ、オレが撮ったのか、NEX-5で撮ったのか、30年前のレンズMINOLTA MC W ROKKOR-SI 24mmF2.8の絵かよ」と心底驚いた。
 長男のお嫁さんが、わがルーツを訪ねたいというので、今年の春、長兄の家に行ったときの写真だ。大きな枝垂桜が満開だった。その下に長兄夫婦とお嫁さんの3人が並んでいる。桜の花びら1枚1枚が分かる。人物が話しかけてくるような気がした。4Kテレビの画像は、本物の景色が数分の1に縮小されて、そこにあるような感じだった。
e0259451_12143073.jpg

 このレンズ、もしかしたら、私の所有レンズの中で、ナンバーワンかもしれない。
 ナンバーワンは、言いすぎにしてもトップクラスであるのは間違いない。

 現在、私が最も気に入っているのは、次の4本。
KONICA HEXANON AR57mmF1.2
LEICA SUMMICRON R 50mmF2.0
XR RIKENON 50mmF2.0
YASHICA ML35mmF2.8

それに僅差で続くのが、この3本。
KONICA HEXANON AR40mmF1.8
Canon NewFD50mmF1.4
MINOLTA MC ROKKOR-PF 50mmF1.7
である。

MINOLTA MC W ROKKOR-SI 24mmF2.8は、1番目のグループに入るのではないかと感じている。
e0259451_12161181.jpg

by withbillevans | 2013-07-14 18:00 | 写真機

黄金時代の国産MFレンズ比較

e0259451_9123573.jpg

 1960~70年代の国産一眼レフ用レンズは、質量とも充実していた。80年代後半になると、質が落ちてきたように思う。
 朝、金曜から始まった佐原の夏祭りを見に行こうか、迷っていた。うろうろしていたら、玄関脇のナスタチウムがいい感じに疲れていたので、パシャッ。その後、魔がさして、レンズ比較をやってしまった。
 比較的新しく入手したMINOLTA MC ROKKOR-PF 50mmF1.7をひいきしたのだが、結果は、それほどの差がなかった。絞りをF5.6まで絞ったのがいけなかった。みんな同じように見えてきた。
 何を基準に、いい悪いを判断するかも分からない。パッと見たときの感じでいいのだろう。でも、パッとみて感じるものが、分かっている人と、そうでない人では違うのだろう。MINOLTA MC ROKKOR-PF 50mmF1.7で撮った写真は、パッと見ても、じっくり見ても、かなりいいように感じた。
 上はMINOLTA MC ROKKOR-PF 50mmF1.7である。  
e0259451_9124554.jpg

 上はYASHICA ML50mmF1.4である。
e0259451_9125464.jpg

 上はCanon NewFD50mmF1.4である。
e0259451_9135340.jpg

 上はXR RIKENON 50mmF2.0である。
e0259451_914314.jpg

 上はOM ZUIKO AUTO-MACRO 50mmF3.5である。
e0259451_9142230.jpg

 上はKONICA HEXANON AR40mmF1.8である。
by withbillevans | 2013-07-13 09:32 | 写真機