ブログトップ

読み、書き、写真

yomikakiph.exblog.jp

<   2013年 08月 ( 21 )   > この月の画像一覧

高崎の「あすなろ」に行ってきた

e0259451_13481528.jpg
 喫茶店あすなろが、今年6月に、31年ぶりに再開したと、偶然ラジオのニュースで聞いた。先日、再開されたあすなろに行ってきた。 高校時代のあこがれの喫茶店であった。高校時代は1回か2回入っただけ。でも、あすなろはずっと、私の心の故郷的な喫茶店であった。 「できるだけ当時と似せたものにしました」と店員さんが説明してくれたカップで、コーヒーを飲んだ。
e0259451_13482992.jpg
 打ちっぱなしコンクリート造り。石の彫刻。音楽はクラシックのみ。客は少なかった。17歳の私の胸はビリビリ震えた。それらは私の好みに合った。いや、個人の趣味を徹底させて作り上げたそのような空間に生まれて初めて入ったのであった。大人になったら、こういうことをしてもいいんだと、思ったのであった。 群馬を離れ、社会人になってから、帰省するたびに寄った。いつもひっそりとした感じだった。そして、あすなろは1982年に閉店した。  再開したあすなろが、当時とどこが同じでどこが違うのか、私は思い出せない。現在は、地元の高崎経済大学の学生たちが中心になって運営しているという。店内は、若い人の熱気があふれていた。
e0259451_13483851.jpg
 フロアはかなり広い。2階は貸し切りでパーティーをしていた。にぎやかな声が下まで聞こえてきた。やがて、パーティーは終わり、若者たちが、階段を降りてきて、コーヒーを飲んでいる私の脇で、大声で話し始めた。私は、物分りのいいおじさんになって、ニコニコしていた。 私は、みんなが引き上げた2階に上がってみた。高校時代は、2階でコーヒーを飲んだ記憶があったからである。やはりフロアは広く、ちょっとしたイベントもできそうなくらいあった。
e0259451_13484952.jpg
 階段の壁などに、再開のいきさつを紹介する展示があった。地元新聞の切り抜きがあり、記事の署名を見たら知り合いだった。 彼は高校の同窓生だ。40年間、東京の広告会社で働いたが、その間、ずっと高崎に住み続け、遠距離通勤を全うし、地元の活性化に協力し続けたナイスガイである。
e0259451_1349736.jpg
 あすなろの外観。これも、私が初めて入ったころと、どの程度同じなのか、思い出せない。 なぜ、あすなろは、私の心の故郷なのか。私が大切に思っていることと、あすなろのアイデンティティーが同じだから。というよりも、あすなろ的な存在をいつも気にかけながら生きてきて、自分にとって大切なことが、少しずつ明確になってきたのである。
e0259451_13492746.jpg
 あすなろの創業者は、栃木県に住んでいた在日韓国人、崔華國という人である。敗戦の年1945年に発足した高崎市民オーケストラから生まれた群馬交響楽団を取り上げた映画(「ここに泉あり」55年)を見て感動し、高崎にやってきた。実業家の弟に資金を出してもらい、1957年に、200席もある大きな名曲喫茶店「あすなろ」を作った。これが地元の文化運動の拠点の1つになった。 貧しかった時代であったが、高崎には熱気があった。当時の高崎市民は「高崎を日本のウィーンにしよう」と本気で考えて活動していた。市民が、それこそ100円、200円の寄付をして、群馬音楽センターという音楽専用ホールを建ててしまったのである。 あすなろは道路拡幅計画で移転を余儀なくされ、1964年に現在地に、2代目の店として開店した。私が高崎の高校に通うようになったのは63年だから、高校に通っていた3年間に引越しがあったことになる。私は、同じ群馬でも、もっと田舎の生まれなので、そんな事情は知らなかった。2代目あすなろは、その地で、1982年までの18年間営業した。後半は、かなり厳しい経営だったようだ。  崔氏は、若いとき詩人を志していた。あすなろの経営が難しくなると、詩作に熱を入れるようになった。閉店から2年後の1984年に、詩集『猫談義』を出版し、翌年この作品でH氏賞を受賞した。70歳だったという。崔氏はその後米国に移住し、97年に亡くなった。
e0259451_13493841.jpg
 崔華國とは、韓国の慶州で生まれ、壮年期を日本で過ごし、そこで、あすなろと詩を作り、老年になって米国に行った男である。 その詩集『猫談義』を開いて見た。〝故郷に定めありや情通えばそこが故郷〟という一節で終わる詩があった。
e0259451_13494751.jpg
 あすなろの歴史などについては、地元の上毛新聞社が出していた季刊誌『上州風』の2号(2000年3月発行)に特集記事が載っている。 これは大変レベルが高い雑誌で、私は帰省のたびに高崎駅の書店で買っていた。この雑誌で、あすなろの歴史や関係した人物など、いろんなことを知ったのである。私の中では、あすなろの全体像が分かってくると、ますます、閉店による喪失感のようなものは大きくなった。再開は、だから本当にうれしかった。 この雑誌が出たのは、閉店から18年目だ。そのころから市民の間で、再開の機運はあったらしい。そして、10年あまりを経て、今年、実現した。
e0259451_1524624.jpg
 名曲喫茶とは、店内でクラッシク音楽のレコードをかける喫茶店である。あすなろは、朝の開店時はグレゴリオ聖歌、夜の閉店時は、アルトゥール・シュナーベルの演奏によるベートーベンのピアノソナタ28番と決まっていたそうだ。私は、そういう時間に行ったことがないので、聴いたことはない。  アマゾンでシュナーベルのものを探したら、ベートーベンのピアノソナタ全32曲がCD10枚組みに収められて新品980円というのがあった。 ベートーベンのピアノソナタのいくつかは、名前がついている。28番は名前がないので、番号で呼ばれる。聴いてみると、「悲愴」「月光」「熱情」など有名な名前を持つ曲などと違って、優しさに満ちた曲であった。 私は今日から、ピアノソナタ28番を「あすなろ」と呼ぶことにする。
by withbillevans | 2013-08-29 06:00 | 珈琲店

さわやかな朝、暑くなるそうだが

e0259451_8165240.jpg

 天気予報のおねえさんが「さわやかな朝です。さわやかは、秋の季語です。今日は温度は上がりますが、湿度が30%台半ばなので、過ごしやすいでしょう」と言っていた。秋の始まりは夏の終わり。そんな朝である。
e0259451_12172546.jpg

 ヒオウギが咲き始めた。今年、苗を植えたので、2カ月くらい遅い開花だ。
 XR RIKENON 50mmF2.0は、描写が硬いと言われる。普段は絞り開放で撮っている。このときは、だんだん明るくなってきたので、上のカットは絞り開放、下はF4.0だった。下のカットは硬い。好みではない。このレンズは、使う場所を選ぶようである。  
by withbillevans | 2013-08-28 08:20 |

前橋駅前

e0259451_2144168.jpg

 大きく育った立派な街路樹。店の壁やテントは緑、赤、黄と、鮮やかな原色。パッと見ると、ヨーロッパの街角のように見えなくもない。
e0259451_21442680.jpg

 ちょっと違った角度から見ると、なんだか寂しい感じがするのも否めない。
e0259451_21443529.jpg

 はっきり言って、かなり古びている。空き地も多いみたいだ。
e0259451_21444529.jpg

 ここは、JR前橋駅の前のメインストリートの、駅に一番近い場所である。土曜日の午後の群馬県の県庁所在地の駅前大通りだ。人影、ほとんどゼロである。
 過去何年も、前橋市は、ある調査で日本一だった。県庁所在地の都市の中で、地価が一番安かったのだ。ところが今年は、鳥取市に一位の座を奪われてしまった。残念なような、少し安堵したような…。
e0259451_2144532.jpg

 でも、この夏、新しい日本一が誕生した。前橋育英が甲子園で優勝したのだ。野球も強かったが、マナーも良かった。一瞬だが、群馬が久しぶりに、注目を集めた。
 撮影の数日前、前橋育英のナインが優勝旗を持って帰郷した。その熱気は感じられなかった。新聞報道によると、どうも高崎駅で降りてしまい、この駅は使わなかったらしい。

 前橋は、昔から経済面では、それほど振るわなかった。萩原朔太郎など文化人の出身地として知られる町である。
by withbillevans | 2013-08-26 23:00 |

ミニトマト収穫

e0259451_2039454.jpg

 2株植えたミニトマトの苗が成長して、夏の終わりには、毎朝ザルにいっぱい収穫できるようになった。
 茎をひもで吊ったのがよかったようだ。3次元空間で、どんどん伸びていく。来年は、もっと大掛かりな支柱を立て、3株植えてみよう。
e0259451_2039116.jpg

 ガーデニングをやっていると、土作りがいかに大切かがわかる。しかし、ある本で読んだのだが、植物にとって土は、じゃまものらしい。必要なのは体を支えるという機能であって、栄養分の吸収のためには、土よりも水栽培がいいのだそうだ。
e0259451_20392052.jpg

 それらをヒントに、来年は、この何倍ものミニトマトを収穫してみたい。
e0259451_20392685.jpg

by withbillevans | 2013-08-22 18:00 |

真夏の鎌倉(5) まとめ

e0259451_1538172.jpg
e0259451_1538936.jpg

 今回の鎌倉散策には、NEX-5N+MINOLTA MC ROKKOR-PF 50mmF1.7、そして、E-PL3+SIGMA19mmF2.8 EX DNを持っていった。
 上の2枚は、後者のシステムの〝トイフォト〟で撮った。

 この日、どちらのシステムをより多く使ったか。体が元気なうちは、MF式の前者が中心だったが、午後になって疲れてきたら、後者を取り出すことが増えた。65歳と8カ月。半年ごとに階段的に体力が衰えている。軽いカメラがいい。
 実は、イングリッシュガーデンでコーヒーを飲んでいたら、私より数歳若いくらいの男性がやってきて、3つばかり離れたテーブルに座った。プリズムファインダー付きボディーに中望遠レンズを着けた八セルブラッドを持っていた。カメラはかっこよかった。男性は、連れの40代と思しき女性がキヤノンの大型一眼レフ(デジタルかどうかは不明だったが)で、花を撮影しているのを、満足そうに眺めていた。八セルブラッドは、いじくっているだけで、花も彼女をも撮影しなかった。重くて疲れてしまったのかな、と思った。
 
 下の2枚は前者のシステムで撮ったもの。私の機材は、年とともに、軽いものになってきた。旧式50mmレンズの中では、このROKKORレンズが、一番軽い。これから使用頻度が増えるだろう。50mmレンズでは、LEICAもCONTAXも、素晴らしい性能だが、ROKKORに比べると、ずっしりと重いのである。
 個人的に、描写が最も気に入っているのはSUMMICRON R 50mm 。しかし、このROKKOR50mmF1.7は、SUMMICRON R 50mm の描写に似ているような気がする。ただ、SUMMICRNの方が、重厚な描写をする。
e0259451_15384670.jpg
e0259451_15385537.jpg

 さて、NEX-5N+MINOLTA MC ROKKOR-PF 50mmF1.7、および、E-PL3+SIGMA19mmF2.8 EX DNの組み合わせであるが、大変良かった。
 気になったものがあると、立ち止まってパチリ。そしてまた歩く。こういうスタイルには、このセットが実に使いやすい。50mmレンズは、気分に応じて、出かけるときに選ぶのである。
 この2本のレンズは、中古または新古で購入し、合わせて1万円ちょっとくらいであった。ROKKORの代わりにSUMMICRON Rにしても合計4万円程度。こういう(安価な)値段のことを考えると、また満足な気分に浸れるのである。
 
 
by withbillevans | 2013-08-21 18:00 |

真夏の鎌倉(4) イングリッシュガーデン

e0259451_15351294.jpg

 昼飯は済ませていたので、コーヒーを注文した。500円+税。おいしかった。接客が極めてグッドで、気持ちよかった。
e0259451_15352281.jpg

 屋内ではなく、テラスの席に。パラソル付きの木製の大きなテーブルが並んでいた。この日も35度くらいあったが、風が涼しかった。
 回りは緑。山の中腹である。イギリスのコッツウォルズで1週間過ごしたことを思い出した。イギリスには、丘はあっても、山はなかった。
e0259451_15353167.jpg
e0259451_15354040.jpg
e0259451_15355464.jpg
e0259451_1536350.jpg

by withbillevans | 2013-08-20 18:00 |

真夏の鎌倉(3) 石窯ガーデンテラスに行く

e0259451_11334469.jpg

 午後は、鎌倉駅からバスに乗って、「浄明寺」バス停で降り、浄妙寺に行った。バス停とお寺の名前が違うのは、バス停は地名であるかららしい。お寺が名前を変えたが、地名はそのまま残ったのではないか。あるいは、地名に昔のお寺の名前を使ったのか。あるいは…
 お目当ては、このお寺の敷地内にあるイングリッシュガーデンであった。
e0259451_11335746.jpg

 バス停から横に入り、緑濃い小経を進む。
e0259451_11341142.jpg

 山門が見えてきた。
e0259451_113528100.jpg

 本堂の脇に、赤いサルスベリが咲いていた。昔は大伽藍があったようだが、現在は大きな本堂と広い敷地から往時の威容を偲ぶことになる。
 枯山水の庭を眺めながらお茶を飲める建物もあった。枯山水の庭は、木立越しに外からも見えたが、中に入るのは次の機会ということにして、この日は、本堂の裏側に回って坂道を登った。
e0259451_11343379.jpg

 山を登る道はきれいに整備されていた。脇に大柄な花が植えられており、木製のベンチなどもあり、英国のにおいがしてきた。
e0259451_11354676.jpg

 看板が出ていた。上の方に建物が見えてきた。
e0259451_11355771.jpg

 ようやく着いた。立派な建物であった。ここはレストランになっている。
by withbillevans | 2013-08-19 18:00 |

真夏の鎌倉(2) 光則寺  SIGMA19mmF2.8 EX DNで

e0259451_6181195.jpg

 ビールを飲みながら運転などして、いいんですか、と心配になったが、よく見たら、アルコール分0.00%であった。
 この日は、2セットの機材を携行した。まず、NEX-5N+MINOLTA MC ROKKOR-PF 50mmF1.7。そして、E-PL3+SIGMA19mmF2.8 EX DNである。
 真夏の鎌倉(2)はE-PL3+SIGMA19mmF2.8 EX DNで撮影したものを集めた。
e0259451_6182253.jpg

 光則寺に登っていく細い道。一般に鎌倉の住宅地から想像する「緑の濃い道」ではなく、やや庶民的な感じもする道である。
e0259451_6183228.jpg

 山門の手前、道路の左右に石柱が立っている。左は「光則寺」、右は「行時山」とある。新しい柱だ。
e0259451_6184214.jpg

 「光則」というのは、北条家の家臣の名前。宿屋光則というのだが、ここに父親から引き継いだ彼の屋敷があった。
 私は、「行時」という文字に、思想的・哲学的な意味を感じた。「そうか、時の移ろいのことか。諸行無常ということだな」と、しばしもの思いにふけった。
 いい名前だなあ、と感心した後、ピンとくるものがあった。帰宅後、ネットで調べると、当たっていた。それは光則さんのお父さんの名前だったのだ。私がピンと来たのは、北条家には「時」がつく名前の武将が多かったということであった。

 それにしても、父と息子の名前をつけて『行時山光則寺』とは、しゃれている。威厳や格式などにこだわらない〝カジュアルな〟命名である。
 私は、ますますこのお寺が気に入った。
e0259451_6185281.jpg
e0259451_619412.jpg

 当然のように暑かった。昔、日蓮宗の上人を閉じ込めた「土牢」に行けば、美しい本堂の瓦屋根を見下ろせるのだが、汗をかきそうなので、止めにした。
 本堂の縁側に腰掛け、帽子を脱いで、汗をふいた。縁側の角だけが、風があった。
e0259451_6191924.jpg

 光則寺には、1時間ほどいた。参拝客は、私のほか3、4人だった。ここに寄った後は、近くのスナックで昼飯を食べるのがいつものパターン。開店までに時間があったので、メジャーな観光スポットである長谷寺に初めて入ってみた。こちらは、門前に大型観光バスが並び、人でいっぱい。外国人も多かった。
 観音様はさすがに立派であった。展望台から、涼しい風を感じながら眺める海はきれいだった。しかし、私の興味をひくものはなかった。
 長谷寺と光則寺は、小さい山を隔てて、背中合わせのような形になっているようだった。

 スナックに行って、いつものオムライスを注文。ちょっと味が違っていた。いつもは調理場にいる70歳過ぎと思われるオーナー婦人が出てきて、「どちらへ行って来ましたか」と聞く。光則寺に、と答えると「ハスは咲いていましたか? まだ、今年は見ていないんです」と言う。
 「咲いていましたよ。今日行けば見られますよ」と言うと、「この季節は忙しくて行けないんです」と残念そうに言った。その店に、1時間ほどいたが、ほかに客はいなかった。この店では、この日だけでなく、私は一度も他のお客と顔を合わせたことはないのであった。

 江ノ電に乗って鎌倉駅に戻った。この日は、もう一箇所、行きたいところがあった。(以下、次回に続く)
by withbillevans | 2013-08-18 18:00 |

真夏の鎌倉(1) 光則寺

e0259451_224482.jpg

 朝、5時ごろに起きてしまい、どうしようかと考えた。そうだ、鎌倉に行こうと思いついた。庭の水撒きを済ませ、いつもの出勤時間とほぼ同じ時間に電車に乗った。10時過ぎに鎌倉着。江ノ電に乗り換え、長谷で降り、光則寺に向かった。
 日蓮宗の寺なのだが、浄土宗の寺院のような庭がある。池があり、花が咲く樹木と山野草がいっぱいあって、優しい雰囲気をかもし出している。この季節は初めての訪問。どんな風になっているのかな、と思いながら、参道を登っていった。
e0259451_225142.jpg

 参道脇の民家に咲く花を撮っていたら、基本は洋風だが、和の趣もあるきれいなお庭の住宅があった。庭の水撒きの途中なのだろう、ついでに道路にも水を撒いていた奥さんが話しかけてきた。
 「光則寺さんから、種をもらったり、山野草について教えてもらったりして、この庭にもずいぶん山野草が増えたんですよ」と奥さん。「今年の夏は暑かったから、いっぱい水をもらって、植物は喜んでいるでしょうね。道路に水を撒くと、涼しくなりますね」と私。
 「この水は井戸水なんです。この駐車場の下に井戸があります。井戸は枯れたことがありません。でも、ポンプの能力が小さいので、水が少ししか出ないので、撒くのに時間がかかって…」。
e0259451_2251015.jpg

 このお寺には、観光的な参拝客はほとんど来ない。私は、あるとき偶然中に入って、庭の風情がすっかり気に入ってしまい、通うようになった。この日も、まっすぐにここに来て、100円玉を小さな賽銭箱に入れて、門をくぐった。
e0259451_2252582.jpg

 大きな鉢に植えられた蓮の花があった。
e0259451_2253674.jpg
e0259451_2254658.jpg
e0259451_225542.jpg
e0259451_226260.jpg
e0259451_2261219.jpg
e0259451_2261963.jpg

by withbillevans | 2013-08-17 23:00 |

夕刻の ROKKOR

e0259451_18101396.jpg

 まだ暑い日が続いている。外出する気になれず、テレビで甲子園の野球を見ていた。ベスト16に残った学校の試合は、大体見た。こんなことは初めての体験である。
 夕方、ようやく涼しくなった。部屋の中からパチリ。MINOLTA MC ROKKOR-PF 50mmF1.7とMC W ROKKOR-SI 24mmF2.8。上が50mm、下が24mm。絞りはF2.8である。
e0259451_18102376.jpg

 何年か前にこだわっていた〝ブルーガーデン〟の名残で、青と白の花が多い。今は、そんなこだわりはなくなった。真っ赤でも、真っ黄色でもOK。サルスベリは赤で、オミナエシは黄色である。
e0259451_18103248.jpg

 上がMINOLTA MC ROKKOR-PF 50mmF1.7、下がMC W ROKKOR-SI 24mmF2.8
e0259451_18104031.jpg

by withbillevans | 2013-08-16 19:00 | 写真機