ブログトップ

読み、書き、写真

yomikakiph.exblog.jp

<   2013年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

平林寺 錦繍(1)

e0259451_1820292.jpg

 今日、埼玉県新座市の平林寺に行ってきた。自宅から、電車とバスを乗り継いで約2時間。早目に家を出て、帰宅したのは日が沈むころであった。
 週に2日、仕事でご一緒するI氏が、「先週末、平林寺に行ってきました。錦繍でした。京都の寺に負けていませんでした。多分、今度の週末がピークでしょう」と言う。
 I氏にこんなことをささやかれて、行かないわけにいかない。
e0259451_18201784.jpg

 そして、行ってきた感想であるが、なかなかのものであった。I氏曰く「30年くらい前に行ったことがあった。そのときは大したことがなかったのに、今回行ってみて驚いた。まったく変わっていた。素晴らしかった」。
 実は私も、45年前に平林寺に行ったことがある。そして今日は、そのとき以来の、わが人生で2回目の平林寺であった。以下は、私版の「平林寺と私」。
e0259451_1820331.jpg

 私は大学生だった。自分が何年生だったか記憶が定かでないが、3つくらい年下のスタイルのいい女の子と知り合った。最初のデートは平林寺にした。
 私が育った家では、今もある雑誌『暮しの手帖』を定期購読していた。その出版社が、なぜか写真集を出していて、毎号、大きなスペースで宣伝していたのだ。島田謹介という写真家がモノクロフィルムで撮った『武蔵野』である。いわゆる観光地の絵葉書みたいな景色ではなく、身の回りにある自然こそ美しいのですよ、と教えていた本であった。その中の数枚の写真は今でも覚えている。
 平林寺は、当時から、武蔵野の面影が残る場所として、知る人ぞ知る場所であった。だから、東京に出たら、一度は行ってみたいと、ずっと思っていた。
e0259451_18204591.jpg

 その取って置きの場所を、初デートの場所に選んだのだ。しかも、先輩のM氏が何ヵ月もアルバイトをして買ったKOWA SIXという中判カメラを借りて、まだ高かった輸入品のフィルムTRI-Xを詰めて行った。
e0259451_18205418.jpg

 和製ハッセルブラッドと呼ばれ、プロも使っているカメラを操作できるのです。カラーなんかでなくモノクロのフィルムを使って貴方を撮るんです。すごいでしょう。しかも、こういうなんでもない景色の中にこそ「美」があることを知っているのです。知的でしょう。
 こういう印象を与える作戦だった。
e0259451_1821248.jpg

 季節は、今日と同じように秋の終わりごろだった。12月に入っていたかもしれない。コナラ、クヌギなどの雑木は黄色い葉をつけ、早いものは幹と枝のシルエットだけになっていた。私の記憶では、モミジの木などなかった。駅から寺へ行く道の両側は、今はびっしり住宅で埋め尽くされているが、当時は畑と雑木林ばかりだった。空っ風が吹いて寒かった。冷え冷えとしていた。
e0259451_18211251.jpg

 写真のできは、まずまずだった。でき上がった写真を届けようと、電話をしたら、彼女は電話に出なかった。平林寺は、最初で最後のデートとなった。
 私は、自分が知的過ぎたのだと思った。だから、あまりがっかりしなかった。当日の彼女は、黒いセーター、黒いスカート。まさにモノクロであった。でも、それは写真の彼女であって、本当は赤いセーターだったかも知れない…。まあ、そんなこと、どうでもいいか。
e0259451_18212093.jpg

 先輩M氏は物持ちのいい人なので、そのKOWA SIXは今も、NIKON F、 MAMIYA PRESS SUPER23などの使わなくなった愛機とともに、手元に置いてある。先輩M氏の家に行くたびに、私はこれら懐かしいカメラに触らせてもらうのである。「セーター、何色だったかな」。
e0259451_22483318.jpg
 今日行った平林寺は、赤、黄、緑が織り成すまさに錦繍だった。遊歩道に沿って、たくさんのモミジが植えられており、木は大きく育っていた。
 今の平林寺の雰囲気は、やはり、モノクロフィルムではなくカラーでないと出ないだろうと思った。
 私が、TRI-Xを詰めたKOWA SIXで撮ったコナラやクヌギの雑木は、45年経過して、さらに立派な大木になっていた。
 写真とは、空間を記録するもののように見えて、実は時間を記録するものだと、改めて思った。
by withbillevans | 2013-11-30 19:30 |

LUMIX GMについて

e0259451_1284051.jpg

 秋の新作カメラでは、SONYのα7ばかり注目していたが、個人的には同機の購入は不発に終わった。そこで、改めて他の新作カメラに目が向いた。
 私の中でジワーと盛り上がってきたのが、PANASONICのLUMIX GMである。調べてみると、盛り上がっているのは、私だけではないようだ。かなり、評判がいいのである。
 これを、買うかもしれない。
e0259451_22264987.jpg

 買うかも! と思った第1の理由は、カタログが素晴らしかったことだ。
 仕事の帰り道に、ビックカメラ有楽町店を通り抜ける。この機種が発表されると、速報版のようなA4一枚のお知らせが、店に置いてあった。以後、発売が近づくにつれカタログは充実した。計4種類ほど、集めた。
 今週になって入手したのが、上の写真が表紙のカタログ。これがよかった。プロ写真家たちの作品集の形をとっている。このカメラなら、腕がよければ、これだけの写真が撮れますというオーラが出まくっている。
 カタログはこうでなければならない。夢を持たせてほしい。
 表紙の女性だが、綾瀬はるかに似ているが、もっと表情に憂いがあって、もっと美人だと思った。自分もこのカメラを買えば、こんな写真が撮れるのか、と頭の中の電灯が灯ったのである。
 ビックカメラの売り場にいた、PANA担当員に聞いたら、このカタログはあっという間になくなり、現在増刷中だとか。それから、表紙の人は綾瀬はるかさん本人だった。
e0259451_22274770.jpg

 買うかも!と思った第2の理由は、持った感じだった。小ささゆえの持ちにくさはない。なかなかいい。SONYのα7が購入に至らなかったのは、手に持った感触が自分に合わなかったことが大きいので、これは重要なことなのである。
 沈胴式レンズを引き出す感触も悪くない。本当はぬめり感があるといいのだが、21世紀のカメラにそこまで求めるのは無理だろう。
 PANA担当者に教えてもらった特徴の中では、シャッターのタイムラグの短さが、個人的にはかなりうれしい点だ。
 デザインも悪くない。むしろ、現行機のなかでは最も好みに合っている1台である。質感も悪くない。標準ズームの描写も評価が高いようだ。
 
 逆に気になる点は何だろうか。小型化のためにいくつかの新機構を採用したようだが、耐久性はどうか。これは使ってみないと分からない。
by withbillevans | 2013-11-29 23:00 | 写真機

大宰府 晩秋の天満宮

e0259451_2133474.jpg

 大宰府天満宮に行ってきた。福岡・博多には何回も行ったことがあるが、大宰府は初めて。博多での仕事が終わり、夜の仕事までの間に3時間の空隙があったので、博多から電車でとんぼ返りしてきた。
e0259451_21335513.jpg

 大宰府と言えば梅だ。本殿前の大きな梅の木は、すっかり葉を落としていた。バックには紅葉したモミジ。少し前、東京の上野公園に行ったら、葉を真っ黄色にした梅が何本かあった。紅葉した梅の木は、それ以外、あまり見たことがない。だいたいの梅は、葉が緑色のまま落ちてしまうのではないか。
 梅に興味があるのは、今年の春、庭に大きな白梅を植えたから。どういう形に剪定するか、あちこちの梅の名木の写真を撮っては、プロの業を勉強している。
e0259451_2134374.jpg

 菊の展示会が終わったところのようだった。リヤカーに積んで片付けていた。
e0259451_21341327.jpg

 天満宮の隣に、光明禅寺という名の禅宗のお寺があった。カエデ、モミジ、石、砂、苔のシンプルな庭。京都のお寺にも負けない、趣味のよい庭だった。紅葉がまさにピンポイントでピークだった。幸運。
e0259451_21342113.jpg

 近所にはおしゃれな〝和の庭〟の飲食店も。紅葉がきれいだ。
e0259451_2134289.jpg

 名物の梅ヶ枝餅。1個100円。焼いてもらったばかりの餅はヨモギの香りがきちんとしていて、あんこはそれほど甘くなく、大変おいしかった。いい店に当たって、幸運。

<追記> 
 あ、それからもうひとつ報告。帰りがけ、参道の店のひとつで、小さいもので数千円、大きいものだと数万円の陶器を並べている店があった。ウィンドウを見ていると、「この花の名前は?」と聞く声がする。ウィンドウに飾られた花瓶に、青色の大きな花が活けてあった。
 振り返ると、80代と思われる上品なご婦人だった。私が「確か、皇帝ダリアではなかったでしょうか」と答えると、ご婦人は「そうそう、キングなんとか、と聞いたような気もするのですが、はっきりしなくて。今日、行くときにこの花を見てから、ずっと気になっていました。これですっきりしました。電車に乗ったら、さっそく手帳に書いておきます。忘れないようにね」と言った。
 私は、帰宅した翌朝、裏のお宅で、高さ3メートルくらいに伸び、豪快に青い花を咲かせているこの花を見て、この会話を思い出した。そして、花の名前を知っていてよかったと、改めて思った。幸運。
 
by withbillevans | 2013-11-27 23:00 |

SONY α7およびα7Rについて

e0259451_16114686.jpg
 SONYのフルサイズミラーレス機α7とα7Rが発売された。買おうか、買うのを止めようか、迷っている。
 本ブログの今年元旦の欄で、「初夢」として、年内に世界初のフルサイズミラーレス機が発売され、それはSONY製だと予測した。そして、もし出れば、24回払いででも買うと宣言した。
 正に、その通りになった。お金さえ払えば、今日から使える。夢が実現した。でも、実際にそうなってみたら、迷っているのである。私の人生に、似たようなことは何度もあった。それはともかく、迷いの理由を確かめてみたい。
 
 発表されたとき、製品の写真を見て、50%くらい熱が冷めた。電子ビューファインダーのための、上部の出っ張りが気に入らなかったのである。また、グリップがでかくなったのも気に入らなかった。
 価格.COMなんかで、「使っているうちに慣れてしまうよ」という意見が、いろいろな人から出てきて、私もそうかもしれないと思った。

 しかし、一昨日、ヨドバシカメラで実物に触ってみて、当初の熱のさらに30%くらいが下がった。つまり、買いたい気持ちは、もう20%くらいしか残っていないのである。
 
 触った時の第一印象は、「持ちにくい。シャッターボタン押しにくい。手首疲れそう」であった。
 α7はシャッターボタンが本体の真ん中あたりについている。グリップ付きの場合、人差し指を後方に曲げないとシャッターボタンを押せない。構えると、手首も自分の体に近づけるように傾ける感じになる。指も手首も痛くなりそうだ。
 SONYの最高級一眼レフも、その前身のフィルム時代のMINOLTAのフラッグシップ機も同じだった。その両機種とも、買おうという気になったことがあるが、最後はその点が障害になり見送った。
 LEICAはM8もM9も、いやフィルム機もみんなそうなのだが、グリップがないので、押しにくくはない。
 それから、α7のグリップは大きすぎるのか、レンズとの間のスペースが狭く、私の大きめの手だと握りにくい。NEX-5はグリップがあっても、きわめて握りやすい。グリップがそれほど大きくなく、シャッターボタンがグリップの上にあるからだろう。

 
 ヨドバシカメラで、カタログをもらった。見開きのサンプル写真が3枚載っていた。残念なことに、魅力的な写真ではない。〝こんなによく撮れます〟というアピールも感じられない。あの程度なら私が撮ったほうがマシだ。

 カタログ全体のメッセージも、私が思っているα7の特徴を伝えていないように感じる。私が思っているα7の特徴は、①小型軽量&超高精細、②シンプルな機構、③高剛性でシンプル&カジュアルな筐体、というものである。これは、私の勝手な片思いであって、SONYはα7を違うように位置づけているかもしれない。例えば、既存一眼レフのαシリーズと、EマウントのNEXシリーズの統合への第1号機。だから、こういうデザインになったのかもしれない。

 
 こういう風に考えてみたら、私個人のベストな選択は、次のようなものであることに思い至った。

 NEX-5のフルサイズ版を待つ。

 上記α7の3つの特徴こそ私の理想。そのうちの、①の超高精細から「超」をとったのが、現行のNEX-5の特徴そのものである。だからNEX-5にフルサイズ素子を搭載してもらうだけで十分だ。
 よしあと1年、いやあと半年待つことにしよう。
 EVF抜きのNEX-5のフルサイズ版であれば、実売価格は10万円以下だろう。それなら、24回払いでなく12回払いで買えるぞ。
by withbillevans | 2013-11-26 18:00 | 写真機

この1週間のできごと

e0259451_2143064.jpg

 手帳を2つ使っている。1つは仕事用。1週間単位で仕事の予定が書き込んである。もう1つは、落書き帳というのが、多分一番ふさわしい。これは、その落書き帳である。各ページには薄い色で小さな方眼が印刷してあるが、ただの白い紙のようにも見える。正確に言うと、手帳ではなく、小型ノートである。
 デンマーク製で文庫本を少し小さくした版型。銀座の伊東屋で確か630円だった。この手帳がすこぶる品質がいい。ビニール表紙が柔らかくて手になじみ、製本がきちんとしていて、長期に使っても形が崩れない。もちろん文字を書きやすい。

 
 それで、何を書き込んでいるかというと、落書きなのである。多いのは、次の週末に持ち出すカメラとレンズの組み合わせ候補。新聞の書評欄に出ていた面白そうな本の題名。気に入った和歌と作者、などである。いつ書き込むか。仕事を終えて帰る電車の中などである。
 手帳を購入したのは、このブログを始めたときだから、1年7カ月前だ。最初のページにはブログのタイトルを何にするか、候補がいくつか書き込んである。「読み、書き、散歩、ときどき 写真」とある。

  
 先週半ば、その手帳がついに最終ページになった。最後のページには和歌が書いてある。カバンの中に入れている文庫本、塚本邦雄著『王朝百首』で知った歌。作者は藤原隆祐。

 かぎりある秋の夜の間も明けやらずなほ霧ふかき窓のともしび

 なぜ、この歌を書きとめたのだろうか。「疲労感」でも「徒労感」でもなく、そう「初老感」をなんとなく感じたからである。65歳の自分に合っていると思った。

e0259451_2144161.jpg

 週の半ばに、I君が亡くなり、土曜日に通夜があった。30年間働いた前の勤務先の1年後輩である。一生、勉強が好きな人であった。
 高校時代の同級生という友人が弔辞を読んだ。2人は東北地方の名門高校で化学部に所属し、活動成果が認められ、NHKテレビで紹介されることになった。仙台に向けて列車で出発する彼らを、校歌と校旗で学校全体で見送ったそうだ。

 I君は、社会人になっても、よく本を読み、よく勉強し、よく仕事をした。I君との思い出はいっぱいある。彼が2年間大阪勤務になったとき、2度会いに行った。最初は京都で待ち合わせ、哲学の道を散策し、その後で私が京都のJAZZ喫茶を数軒案内した。2回目は梅田駅近くの北新地の狭い飲み屋街を、彼の案内で歩いた。山の中の生まれで朴とつな男だと思っていた彼が、関西風の軽やかさを身に着けていたのに驚いた。彼は酒が好きだった。

 少し早すぎた旅立ち、病気との闘いの日々。そういうことを思っていたら、藤原隆祐の歌は、I君の心情ではなかったのかと思えた。

 日曜の朝、5時前に目が覚めた。窓を開けると、近所のお宅の窓のあかりが見えた。秋の明け方のあかりの点いた部屋では、きっと誰かが本を読んでいるに違いない。
e0259451_2144940.jpg

 1週間前、我が家の庭に大きな木が運ばれてきた。知り合いの植木屋Oさん親子と私の3人で、クレーン車を使って、3時間かけてなんとか植えつけた。あと1mクレーンが届かなかったので、人力で引っ張ったが、根鉢の直径が1.5mもある大きな木なのでビクともしない。大変苦労した。一時はあきらめかけたほどだ。見かねた近所のご主人も手伝ってくれた。彼がいなければ、無理だった。
 この木を搬入するスペースを確保するために、何本かの木を植え替えたり、高さを半分に切り詰めたりした。いくつかの花を踏みつけることになった。
 嵐のような作業から踏みつけられず生き残った花が、雨模様の日曜の夕方の一瞬の晴れ間に輝いた。
e0259451_2145735.jpg

 週明けから、落書き手帳は2冊目になる。
 手帳の撮影はOM ZUIKO AUTO-MACRO 50mmF3.5。明け方の窓はMINOLTA MC ROKKOR-PF 50mmF1.7。ノコンギクはSONY E16mmF2.8+ECU1。
by withbillevans | 2013-11-10 23:08 |