ブログトップ

読み、書き、写真

yomikakiph.exblog.jp

<   2013年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧

思い出のレンズ CANON FD35mmF2.0 SSC

e0259451_1171121.jpg

 力強い描写なのに、解像感があり、線が細い。発色もいい。素晴らしいレンズである。いろいろなシーンを撮っても、共通した雰囲気をかもし出す。筋の通ったレンズである。
e0259451_1171913.jpg

 昨年1月に、CANON FD50mmF1.4 SSCと一緒に購入した。中古品としては、かなり程度が良かった。昔から、このレンズは高性能だと思っていたので、この3年ほどの間に、数回購入した。しかし、きれいなものはなかった。だから、極めて貴重な個体であった。
e0259451_1172826.jpg

 多分、このレンズも放射能レンズなのだろう。中古品のほとんどが黄色くなっている。オークションで高齢の方から買ったものは、まっ茶色になっていた。ウイスキーでもなく紅茶でもなく、アメリカンコーヒーくらいの色になっていた。
 では、ようやく出合ったきれいなレンズをなぜ、手放したか。しかも、CANON FD50mmF1.4 SSCを道連れにして。
 その理由をはっきり思い出せない。所有している35mmレンズでは、超高性能なYASHICA ML35mmF2.8があって、このレンズの出番がそれほどないのではないか、と思ったからであろう。何かほかのレンズの購入資金になったのかもしれない。
e0259451_1173679.jpg

 こうして、このレンズで撮影したカットを見ると、手放す必要はなかったのではないか、と後悔してしまう。
e0259451_1174660.jpg

 私が実際に使用したCANONのMFレンズでは、次の4本が高性能であった。
FD 35mmF2.0SSC
NewFD 24mmF2.0
NewFD 85mmF1.2 L
NewFD 135mmF2.0
いずれも、現在は手元にないのが不思議である。
 この中では、NewFD 85mmF1.2 Lが最もすごいレンズであったが、コストパフォーマンスならFD 35mmF2.0SSCであろう。

 そして、今、手元にあり、それなりの頻度で使っているCANOのMFレンズは、 NewFD 50mmF1.4 1本のみである。使いやすく、描写も悪くないからである。優等生タイプで、意外さや新鮮さ、面白みにちょっと欠ける。
by withbillevans | 2013-12-23 06:00 | 写真機

初冬の庭の〝くさもみじ〟を MINOLTA MC ROKKOR 58mmF1.2 で

e0259451_19294076.jpg

 朝、目が覚めて、雨戸を開ける。最初に目に入ってくるのが、この潅木。いい色になっている。
 3年ほど前、東金の植木センターで、5株ほど買ってきた。シモツケと書かれていたが、よくあるシモツケより、樹形も葉も小さい。若葉が明るくて、紅葉がきれいで、大変気に入っている。1株150円くらいだった。これとミニウツギとサツキを買ってきた。
e0259451_19294834.jpg

 午後の日を浴びて、ますますきれいになった。
e0259451_19295786.jpg

 畏友I氏と紅葉について話していたときのことだ。〝くさもみじ〟という言葉が、2人が違ったものを指して言っているのに気づいた。私は、紅葉した草原のこと、I氏は、山の潅木の群落が紅葉した様を、それぞれ思い浮かべていたのだ。
 多分、I氏が正しいのだろう。I氏は山登りや、大きな自然が好きで、私は、人の手が加わった自然に心引かれる。
e0259451_1930799.jpg

 先日、大きなホームセンターに行ったら、このシモツケに、シモツケとは異なる外国風の名前が書かれた札が付けられ、1000円近い値がついていた。
 庭で、このシモツケの〝くさもみじ〟を再現するには、あと5,6株は必要だ。東金の植木センターは、閉鎖されてしまったので、もうこんなに安くは買えない。高い金を払って買うのもすっきりしない。
 春になったら、挿し木で増やしてみよう。
e0259451_19301519.jpg

 一番上のカットで、一緒に写っている緑の葉はオダマキである。秋にいったん枯れたが、新しい茎が伸び、まだ葉が青いのである。黄色と緑のコントラストがきれいだ。
e0259451_19302463.jpg

 MINOLTA MC ROKKOR 58mmF1.2は、品がいいように感じる。最近、お宝レンズの座を、KONICA HEXANON AR57mmF1.2から、奪い取る勢いである。
by withbillevans | 2013-12-22 06:00 |

思い出のレンズ CANON FD 50mmF1.4 SSC その2

e0259451_22461932.jpg

 CANON FD 50mmF1.4 SSCの描写の特徴は、力強さのように感じる。このレンズの後継のCANON NewFD 50mmF1.4 は、現在の私のよく使う旧型レンズの中の有力な1本となっている。2本を比べると、発色など似たところもあるが、全体にNewFDほど洗練されていないのが、このレンズの特徴であり、魅力であると思う。
e0259451_22462866.jpg

 NewFDに比べると、描写の線が太いようにも見えるが、よく見ると、そうでもない。その傾向は、35mmのほうがよりうかがえる。
e0259451_22463758.jpg

 このレンズも、今は手元にない。同時期に入手したCANON FD 35mmF2.0 SSCを手放す際に、道連れになってしまったのである。詳細は、35mmの項で。
e0259451_22464777.jpg

 これが、CANON FD 50mmF1.4 SSCで撮った35mmの雄姿である。
by withbillevans | 2013-12-21 06:00 | 写真機

思い出のレンズ CANON FD 50mmF1.4 SSC その1

e0259451_22405735.jpg

 久しぶりに「思い出のレンズ」シリーズを。CANON FD 50mmF1.4 SSC の中古(かなり美品)を入手したのは、2012年1月であった。仕事の帰途、銀座の中古カメラ店をのぞいたら、このレンズがあった。この店は、LEICAやROLLEIFLEXなどの高級機が中心なので、あまり利用したことがなかったが、店の中まで入っていったら、このレンズがあったのである。価格は1万円ちょっとだったと思う。かなりきれいだったので、購入した。
 実は、そのとき、やはり非常にきれいなCANON FD 35mmF2.0 SSC も並んでいた。多分、同じ人が所有していたのであろう。結局、そちらも購入した。2万円程度だった。
e0259451_2241650.jpg

 CANON FD 50mmF1.4 SSC が現役だったのは、1970年代半ばであったと記憶している。私は当時、このレンズのパートナーであるCANONのフラッグシップ一眼レフF-1(後期型)を新品で購入した。そのころ、「広角レンズ命」だったので、FD 24mmF2.8 SSCを着けっぱなしで使っていた。だから、この標準レンズ CANON FD 50mmF1.4 SSC をボディーと同時に購入したとしても、ほとんど使わなかったはず。ということで、購入したかどうかも覚えていないのである。
 ただ使った記憶はあるので、誰かに借りたか、後年、中古品を買って使ったか。いずれにしろフィルム時代の話だ。
e0259451_22411527.jpg

 私は当時、CANON支持者であった。CANONがNIKONに追いつけ追い越せと、まじめにいいカメラ、レンズを作っていた時代である。CANONのボディーもレンズも、とても重かったが、いつも持ち歩いていた。
e0259451_22412684.jpg

 あれから数十年。久しぶりに使ってみると、やはりいいレンズであると感じた。
e0259451_22413586.jpg

by withbillevans | 2013-12-20 06:00 | 写真機

北鎌倉紅葉残影(3) 名月院

e0259451_22195895.jpg

 名月院は、アジサイと円い窓が有名である。この季節、もちろんアジサイは咲いていない。私はアジサイの大きな花が咲いていなかったので、ほっとした。ヤマアジサイの小さな花は好きだが、あのでっかい花は苦手なのだ。紅葉になってしまえば、どんなアジサイでも好きである。冬近くなって、葉の黄色に紫が混じるようになると、風情が増す。
 円い窓は、カメラを持った人たちが、結構、時間をかけて撮影していたが、私は、ああいう有名な場所、絵葉書風なものはあまり撮らない。
e0259451_22201086.jpg

 ロウバイが早くも咲いていた。香りをかごうと思ったが、近くに寄れなかった。鎌倉は、お寺にも民家の庭にも、ロウバイがたくさん植えられているのを、この日知った。あと2週間もすれば、いい香りが街に漂い始めるだろう。
e0259451_22201929.jpg

 この日、機材はMINOLTA MC ROKKOR-PF 50mmF1.7を着けたNEX-5Nの1台だけ持っていった。普段だと、これのほかに、E-PL3に12-42mmズームかSIGMA19mmを着けて持っていくのだが、今回は1台だけにした。理由は、まず、2台持っていっても結局、片方しか使わないというのが1つ。それから、平林寺で、高性能・低価格のXR RIKENON 50mmF2.0を使って成果を出したので、やはり中古価格が安くてよく写るMINOLTA MC ROKKOR-PF 50mmF1.7を、秋の色の中で試しかった。
e0259451_22203051.jpg

 そして、その出来上がりだが、まずまず満足のいくものであった。撮影しながら、液晶画面を見ていた際、全体にハレーションっぽい感じだったが、帰宅してみたら、それほどひどいものはなかった。液晶画面自体に光が当たって、反射していたのかもしれない。
e0259451_22203928.jpg

 XR RIKENON 50mmF2.0との違いはあった。ピントの切れとか立体感は、XR RIKENON 50mmF2.0に分がある。柔らかさや落ち着いた雰囲気は、MINOLTA MC ROKKOR-PF 50mmF1.7のものだ。
 ということで、景色だけなら、互角だろうが、人物を入れて撮るなら、MINOLTA MC ROKKOR-PF 50mmF1.7のほうがいいと思う。
e0259451_22204975.jpg

 この日は、換算75mmレンズ1本しか持って行かなかったが、特に不便を感じなかった。商売でも仕事でもないのだから、撮れるものだけ撮れればいいのである。
 広角レンズで、全体を説明する必要もない。気になったものを、写せる範囲で写すだけ。
e0259451_22205877.jpg

 それにしても、換算75mmの画角に慣れてしまった。もし、フルサイズ機を買ったら、何本か持っている旧型の50mmレンズは、そのまま50mmの画角で写ってしまう。75mmの絵は、75mmレンズを買わないと撮れない。
e0259451_222177.jpg

 どうしようか。
by withbillevans | 2013-12-17 18:00 |

北鎌倉紅葉残影(2) 浄智寺奥の道

e0259451_2048918.jpg

 浄智寺を出た後、脇の道を、もと来た表通りに戻らずに、そのまま奥のほうに進んだ。山に分け入っていくような形だ。この道をもっと行けば、山の尾根に出ることも可能だ。その道は、鎌倉の街を取り囲むいくつかの山々を回るハイキングコースにつながっている。
 この日は、そんなルートをたどることはせず、ご近所散歩にとどめた。
e0259451_2136711.jpg

 この道は、何度も歩いた。鎌倉によくある、日当たりのよくない谷筋である。この道に沿って、何軒かの民家があり、そのたたずまいが、好きなのである。
 塀のような無粋なものはなく、生垣すらない家もある。外から少しだけ見える、その様子がなんとも言えずいい。
 私は、庭めぐりが好きで、京都のお寺や各地の名庭園は、おおよそ見た。無名の庭も数多く見た。
 個人のお宅なので、写真では紹介できないが、この道沿いのあるお宅の、住宅と庭のたたずまいは、その中のトップである、と常々思っていた。
 大名庭園、禅寺の庭、浄土庭園、茶庭。日本の庭園にはいくつかのタイプがあり、特に、私が惹かれるのは、文人の庭である。樹木、草花、自然石、苔、土、石の造形物などが、ここちよいバランスで(過不足ないボリュームで)、存在する庭である。幾分、物足りなさを感じさせるくらいがいい。
 小津映画に出てくるであろうと思わせるような庭。
e0259451_20561611.jpg

 私がそんなことを考えながら、道のわきに立って眺めていても、紅葉見物の人たちは、このようなところにはほとんど興味がないようで、大きな声でしゃべりながら、どんどん歩いていってしまう。

 道路わきにギャラリーなんとか、という小さな看板があった。それを見ていると、細い道から出てきた女性が「陶芸教室とギャラリーがあります。どうぞ、寄っていってください」と言うので、後をついていった。細い坂道を、何回か直角に曲がって入っていくと、赤レンガの煙突が見えてきた。
e0259451_20484844.jpg

 突き当りは、予想外に広い平坦地であった。古い小さな住宅だったような建物がいくつかあった。一番奥の建物で、先生と弟子たちと思われる男性が作業をしていた。男性たちが建物から出てきて、古い手押しポンプがついた井戸で水を汲み、手足を洗い始めた。
 手前の建物は、カフェになっているようだった。コーヒーを飲んで暖まろうと思ったのだが、コーヒーはないという。まだ、全体が準備中という雰囲気だった。この日は見学だけで引き上げた。
 「創作和菓子 手毬」という案内板があった。おいしいコーヒー、抹茶でもいいが、を飲みながらお菓子をいただく。次回のお楽しみに取っておこう。
e0259451_20485558.jpg

 さすが、陶芸というアートに関係する方たちだ。あちこちに置いてあるオブジェがおもしろかった。
e0259451_2049461.jpg

 これから、どう変わっていくかな。
e0259451_20491291.jpg

 帰り際、カフェの建物の壁に、面白いオブジェがあるのに気付いた。よく見ると、クモの巣に、飛んできた落ち葉が引っ掛かってできた、自然のいたずらであった。
 でも、いい感じだ。
by withbillevans | 2013-12-16 18:00 |

北鎌倉紅葉残影(1) 浄智寺

e0259451_2012872.jpg

 本日、鎌倉に行ってきた。「もしかしたら、紅葉が…」と、ダメモト気分であった。少し残っていた。
 訪れたのは、北鎌倉の名月院、浄智寺など。それから、浄明寺の浄妙寺の石窯ガーデンにも。
e0259451_2013779.jpg

 まずは、浄智寺から。ここは、ただの山みたいな感じがする。作意などない。そこが気に入っている。
 山門の前に数本の杉の大木、そしてモミジ。生えているだけという素っ気なさ。「きれいだろう」なんて、宣伝する気はまったくない雰囲気。
e0259451_2014616.jpg

 市の天然記念物だという萱の大木が見事であった。
e0259451_2015697.jpg
e0259451_20252.jpg

 上の写真の黄色い葉の、実物の明るさ、軽さ、優しさは、私の腕では表現不能である。
e0259451_2021479.jpg

 「うつせみ」「わくらば」。含蓄のあることば。
e0259451_2022410.jpg

 水に映る空。大好き。
by withbillevans | 2013-12-15 21:00 |

12月第1週の庭が好き

e0259451_2385533.jpg

 庭の植物たちの様子を見ていて、思わず引き込まれてしまうのは、6月第4週、9月第4週、12月第1週のころである。
 6月はシャラの花が咲くとき、9月は夏の花が終わり彼岸花が咲くとき、12月はいくつかの花が残り、葉が色づくとき。中でも一番好きなのは12月始めである。花も葉も色合いが複雑・微妙である。
 MINOLTA MC ROKKOR 58mmF1.2で、微妙な色を撮ってみた。
e0259451_239536.jpg
e0259451_2391275.jpg
e0259451_2392263.jpg
e0259451_2392998.jpg
e0259451_2393512.jpg

by withbillevans | 2013-12-13 18:00 |

東京の秋が終わった

e0259451_2235774.jpg

 12月10日、日中の雨と風が、紅葉した街路樹などの葉を散らせて、東京の秋は終わった。その数日前の朝、東京駅、三菱1号館広場、丸の内仲通、日比谷公園を歩いた。
 三菱1号館広場では、ジュウガツザクラ(北海道原産の違う種類のサクラかもしれない)の花が満開だった。
e0259451_224877.jpg

 丸の内仲通の街路樹は、ケヤキとドイツボダイジュが半々である。
e0259451_224199.jpg
e0259451_2243018.jpg
e0259451_2244045.jpg

 日比谷公園は、ツワブキが満開。目が黄色く染まりそうだ。
by withbillevans | 2013-12-12 06:00 |

富士吉田

e0259451_2225756.jpg

 世界文化遺産に登録された富士山の北側の登山口である富士吉田に行ってきた。南北に走る道路はどこからでも富士山が見える。
 午後からある会社を訪問することになっていた。早めに到着し、まず、〝吉田うどん〟を一杯食べた。普通の民家がうどん屋になっている、といううわさは本当だった。
e0259451_223554.jpg

 うどん屋を出て、メーンストリートを歩いていたら、野バラという喫茶店があった。絵画鑑賞などもできると書いてあったので、入った。
 客は私1人。コーヒーができてきたころ、男性が入ってきた。店主が、あの人がピアノを弾きますけどいいですか、と聞いた。「どうぞ」と言うしかない。
 男性は、コートを着たまま、店の奥にあるピアノに向かった。私は、田舎に埋もれた不遇の天才が、超絶技巧の業を見せてくれるのかと期待した。始めは、ポロン、ポロンと音を拾うような演奏。

 私は、カウンターに置いてあった『愛石』という雑誌を見ていた。山や川や海に行って、いい石を拾ってきて鑑賞する。茶道、華道のように石道なのである。勉強させてもらった。
 雑誌は数冊あり、表紙に「加茂川」とあったのを手に取った。私が住んでいる千葉県にある鴨川市と関係があるのではないかと思ったのである。やはりそうだった、川の名前は町の名前と違っていた。「あのあたりに石なんてあったかな」と思った。房総半島の地層は、泥岩みたいなのが多く、いわゆる名石など出ないのではないか。でも、雑誌には、鑑賞に値する石が見つかることがあり、収集に熱中する地元愛好家もいるのだと書いてあった。

 男性は20分ほどすると、左手と右手の両方で演奏した。今度は曲になった。
 最後に聞いたことのある曲を演奏して、ピアノのふたを閉じ、コーヒーを飲み始めた。「最後のはいい曲ですね。タイトルは?」と、私から声をかけた。ロマン派の作曲家によるメロディーがきれいな小品かと思った。「春よ来いです」「ああ、そうそう、松任谷由美でしたね」
 私と同じ65歳で、地元証券会社の営業マンだという。「この後、ピアノの先生に習いに行くので予習をしました。先生っていっても、姪っ子なんですがね。10年習ってます」。四方山話をした。
e0259451_2231362.jpg

 訪問先の方に、世界遺産の構成要素などを案内していただいた。(書きかけ)
e0259451_2232022.jpg
e0259451_223302.jpg
e0259451_2233910.jpg
e0259451_224111.jpg
e0259451_2241845.jpg

by withbillevans | 2013-12-11 06:00 |