「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

読み、書き、写真

yomikakiph.exblog.jp

タグ:Carl Zeiss Planar50mmF1.4 ( 8 ) タグの人気記事

50mm標準レンズ比較 MINOLTA MC ROKKOR-PF 50mmF1.7に納得

 気に入っている50mm標準レンズを撮り比べてみた。最近萌えてしまったMINOLTA MC ROKKOR-PF 50mmF1.7の、相対的位置を知りたかったためである。
 絞りはF2で 統一。MINOLTA MC ROKKOR-PF 50mmF1.7はF2の絞り目盛り・クリックがないので、F1.7と2.8の中間で撮影した。天候が変わりやすい日だったので、日差しなどの条件は同じではない。色調の違いはレンズによるものではないと思う。
e0259451_12452970.jpg

 上はMINOLTA MC ROKKOR-PF 50mmF1.7
e0259451_12453854.jpg

 上はXR RIKENON 50mmF2.0
e0259451_12454880.jpg

 上はCanon NewFD50mmF1.4
e0259451_12455860.jpg

 上はYASHICA ML50mmF1.4
e0259451_1246967.jpg

上はLEICA SUMMICRON R 50mmF2.0
e0259451_12461738.jpg

 上はCarl Zeiss Planar50mmF1.4

 結果であるが、MINOLTA MC ROKKOR-PF 50mmF1.7は、かなりの能力であった。今回は、ナンバーワンと言ってもいいくらいだった。
 RIKENONがちょっと苦しかった。絞りF2限定というのが大変だったのかも。
 SUMMICRONとplanarは、やはり横綱級であった。相撲の白鵬のように撮りこぼし、いや取りこぼしがないのである。各レンズとも数十カット撮って、1枚を選んでアップしたのだが、この両レンズで撮ったものは、ほぼすべてのコマが、きっちり写っていた。
 RIKENONは、そのような歩留まりが、よくなかったこともあって、苦しかったと評したのである。
 MINOLTA MC ROKKOR-PF 50mmF1.7は安定していた。このレンズで撮ったコマは、湿度感というか、粘るような感じがした。RIKENONはドライであった。

 これらのレンズは、1年以内に入手したものが多い。前から持っていたが、きれいなのに買い換えたものもある。NewFDやRIKENONなど何本も買い換えた。いずれも中古で入手したもの。値段はさまざま。
MINOLTA MC ROKKOR-PF 50mmF1.7・・・・・・・2000円
XR RIKENON 50mmF2.0・・・・・・・・・・・・・・・・・・・4400円
Canon NewFD50mmF1.4・・・・・・・・・・・・・・・・・・4000円
YASHICA ML50mmF1.4・・・・・・・・・・・・・・・・・・16000円
LEICA SUMMICRON R 50mmF2.0・・・・・・・・・・30000円弱
Carl Zeiss Planar50mmF1.4・・・・・・・・・・・・・・30000円台半ば

 ROKKOR、RIKENON、NewFDは、コストパフォーマンスが極めて高い。ボディーは、NEXシリーズの初期製品なら、中古品が1万円台で買える。これらの1本とアダプターを合わせても、2万円以内で収まりそうだ。

 50mmレンズでは、これ以外にPENTAXとKONICAが高性能だと思う。OLYMPUSは、なぜかきれいな中古品が少ない。NIKONは低価格のAi50mmF1.8が好みだが、まだ入手していない。

 
by withbillevans | 2013-07-20 18:00 | 写真機

LEICA SUMMICRON R 50mmF2.0とCarl Zeiss Planar50mmF1.4

e0259451_9521365.jpg

 上がSUMMICRN、下がPlanarである。絞りは、すべてF2.0にした。
e0259451_9523325.jpg

 私の主義に反するのだが、この週末は会社の仕事をやる。いやでいやでたまらない。朝早く起きて、庭に出た。通りがかったご婦人が「きれいなお庭ですね。自然風なんですね。いつも通りすがりに見ているんですよ」と言った。当然ながら、気分がよくなった。
 これも私の主義ではないが、LEICAとZEISSのレンズの、撮り比べをしたくなった。唐突にしようと思った。
 その結果だが、違っているようだが、どこが違うのか、どっちがどっちか、分からなくなってしまった。朝方の天候がはっきりしない感じだったので、明るくなったり暗くなったりして、条件を一緒にすることができない。
 カメラの露出も不安定で、数枚続けて撮ると、色調が変わってしまう。レンズの違いより、その他の条件の違いのほうが、大きく影響する。
 もちろん、一番大きな変数は、撮影者の腕である。
 そういうことはあっても、自分が描いていた両レンズのイメージは、確かめられたような気もする。
 持ち出す頻度は、LEICAのほうが多い。
e0259451_9525153.jpg

 こちらも、上がSUMMICRN、下がPlanarである。
e0259451_9539100.jpg

by withbillevans | 2013-06-29 18:00 | 写真機

レンズ比較というお正月おばか遊び

e0259451_1442818.jpg
 本日が、年末年始9連休の最終日。子供が孫を連れて来たりで疲れた。最後の1日は、お正月らしい、のんびりした、おばかな遊びをすることにした。
 よく使う、旧型のMF式50mmレンズの撮影会である。カメラはNEX-5N。各種アダプターを使っている。アダプターが出始めたころは、粗悪品が多かったので、1万円以上の高いものを使ったが、今は安くても、それほどひどいのは、少なくなった。
 Canon FD用は、機構が特殊なので、他のマウントのものより高い。現在使っているのは、KIPON製で確か7000円台だったと思うが、リングを回転させないと、絞りが開放のままなのだ。今日も、その操作をし忘れ、もう1回撮りなおした。


 被写体は、昔のカメラである。こんな金属の塊を撮っても、意味はないのだが、ほかにいい被写体が思い浮かばないので、仕方ない。風景を撮影に行くのは、寒いし、孫や猫は言うことをきかないし…。
 少し、柔らかいもの、質感が出るものとして、マフラーと、柿渋を塗った籠を使った。
 
 登場するレンズは、以下の4本である。
  RICHO XR RIKENON 50mmF2.0
  Canon NewFD 50mmF1.4 
  Carl Zeiss Planar 50mmF1.4
  LEICA SUMMICRON R 50mmF2.0

 各レンズ4枚の写真を掲載。①レンズ名、②絞りF2、ピントを最短距離にして撮影、③絞りF2で撮影、④同5.6で撮影。
 ピントは、画面中央、籠とマフラーの交差する部分の、布の毛羽立ちの、やや背の高い白っぽい1本に合わせた。
 ①の紙は、昨年のカレンダーの裏。ヤフオクに出品する際、この上で撮影する。そのために、とっておいたが、孫がお絵かきしてしまったので、さらに今回、再活用することにした。
 レンズ比較をする際は、必ず、レンズ名撮影が必要である。遠い昔、1クラス数十人の小学生の顔写真を撮影することになった。間違いは許されない。そこで、小さい紙に、自分の名前を書かせ、撮影の際、胸元に掲げさせ撮影する方法を、考え出した。
 当時は、フィルムの時代だから、撮影コマ数は1枚でも少ないほうが経済的だった。必死で考えた、一石二鳥のアイデアだった。

 それはそうと、前置きはこのくらいにして、作例を掲載しよう。順番は紙に書いてあるので、分かりやすいでしょ。
(クリックすると、大きな画像に)
e0259451_12592093.jpg
e0259451_12593426.jpg
e0259451_12595856.jpg
e0259451_1301127.jpg
e0259451_1303657.jpg
e0259451_131569.jpg
e0259451_132736.jpg
e0259451_1322015.jpg
e0259451_1323352.jpg
e0259451_132436.jpg
e0259451_1325313.jpg
e0259451_133577.jpg
e0259451_1332284.jpg
e0259451_1333589.jpg
e0259451_1364075.jpg
e0259451_1365392.jpg


 モニターを見ていると、みんな、なかなか良く写っている。撮影中を含め、気づいたことをいくつか。
 絞りの形は、みんなきれいだが、PLANARが六角形がもろに出ていて、開放だともっとはっきりしていた。
 RIKENONは、少し厳しいかな、という気がしないでもなかったが、もう一度見ると、そうでもない。
 普段、NewFDの絞りF2.0で撮ることが多かったが、こうして見ると、やはり、いい感じに写っている。NewFDは絞りF2.0では、他レンズを含め一番ピントを合わせやすかったが、F5.6にしたら、合わせにくくなった。
 意識しないで、モニターを見ていると、PLANARで撮った絵のグループが、パッと浮かび上がって見えるような気がしたことがあった。
 SUMMICRONを除く3本は、深いゴム製のフードを装着している。最初、SUMMICRONの絵だけが、白っぽく、コントラストが低かった。焦って理由を確かめたところ、被写体には直射日光が当たらないようにしたが、レンズに当たっていた。そこで、カーテンを閉めて、すべてのレンズで、条件を合わせるために再撮影したら、そういう現象が消えた。
 ということは、SUMMICRNにもフードが必要だが、このレンズは「シリーズⅥ」という特殊な形状のものでないと着けられない。フィルターは中古品を確保したが、フードはまだ入手していない。
 SUMMICRONが一番いいと思っていたせいかもしれないが、撮影中になぜか緊張した。柄は大きくないが、ズッシリと重く、ピントリングの位置・形状・硬さなどに存在感のようなものがある。偉い人の前に出たときの感じだ。絵もしっかりしている。やはり、いい。
 PLANARの絵は、大勢の中にいても、パッと目に付く人のようだ。「アタシ、平凡な女ではないんです」と言っている、事実きれいな人。 
 
 安くて、きれいな写真が撮れる組み合わせを考えてみた。それは、次のようなものだ。
  ボディー NEX-5(5Nではない)
  レンズ  Canon NewFD 50mmF1.4
 中古品だと(もう中古品しかないが)、2万円くらいで、入手できそうだ。アダプターを含めても3万円以内で足りるだろう。
 絞りはF2.0を基本にする。シンプルな背景にして、中高年の男女の肖像写真を撮れば、きっと喜んでもらえるだろう。清潔で、上品で、知的な人生を歩んできた人のように写ると思う。きちんとしたフォーマルな写真、例えば、遺影にも使えますよ。 
by withbillevans | 2013-01-06 14:30

華蓮さんで~す Carl Zeiss Planar50mmF1.4 

e0259451_9283117.jpg

 ときどき、ランチに立ち寄るベトナム料理店に、すごく感じのいい方がいた。レジを担当しながら、アオザイ姿の女性従業員を指示して働いている。ベトナムの貴族の末裔ではないかと思えるほど、優雅さを感じさせる方だった。
e0259451_9284097.jpg

 話をうかがうと、ご夫婦で、店を経営しており、ご主人はボートピープルになって、母国を脱出したのだそうだ。
 「サイゴン(現ホーチミン)で生まれ育った私は、12歳の時、粗末な船に、いっぱいの人たちと乗り込み、故郷を脱出しました。太平洋を漂流しているところを、日本の船に救助され、日本に上陸しました。多くの人はフランスやアメリカに行きましたが、私は日本に残りました。日本の里親に育てられ、大学まで出してもらいました。日本は私の命の恩人です」と、ご主人は話してくださった。
e0259451_9284479.jpg

 ご主人は、日本の商社に就職し、立派なビジネスマンになった。そして、母国のハノイに赴任し、華連さんと知り合った。ご主人は日本に帰国し、華連さんも来日して、結婚。そして2011年秋に、日比谷公園前に建て替えが完成した飯野ビルの地下に、ベトナム料理店を開いたという。
 「私は、日本の船に助けられました。このビルも、日本の船会社のビルです。運命を感じました。料理を通じて、ベトナムのことを知ってもらいたいです。日本とベトナムの架け橋になりたいです」と、ご夫婦は張り切っている。
 ここの料理、本物のベトナム料理だが、日本人の口にも合って、大変おいしい。週3回食べたことがある。
 めったに持ち出さないCarl Zeiss Planar50mmF1.4で撮影した。
by withbillevans | 2012-12-28 06:00

彼岸花を移植

e0259451_22141418.jpg

 久しぶりに庭仕事を少し。10月初めに彼岸花の花が終わると、間もなく芽が出てくる。11月になると20~30cmほどに伸びる。
e0259451_22142691.jpg

 昨年、彼岸花が、庭が真っ赤になるくらい増えてきたので、花が終わったときに、ほとんどを掘り起こして棄てた。一部は棄てるのが面倒になり、生垣の根元あたりに、積み上げておいた。堆肥になって肥料になるだろうと思ったのだ。球根の上に、草花や木の葉をどんどん積んでいた。
e0259451_22143779.jpg

 ところが、球根は腐らず、この秋、いっぱい芽を出して伸び始めた。上に乗せておいた落ち葉や枯れ枝をグイッと持ち上げて、芽を伸ばしたのである。あんな柔らかい芽に、これほどの力があるとは驚きだ。
e0259451_2214467.jpg

 ということで、せっかく1年がんばって芽を出したのを無碍にするのも忍びないので、また、掘り起こして、鉢に植えてみた。だれかに上げることにしよう。
 それにしても彼岸花は、不思議な生態の植物である。この葉は、来年の春が終わると、すべて消えてしまって、そして、9月のお彼岸ごろに、何もない地面から、ニョキッと茎が伸びて、花が咲くのである。
e0259451_22374062.jpg

 こちらは、昨年の満開時に撮ったもの。上はCarl Zeiss Planar 50mmF1.4、下はKONICA HEXANON AR57mmF1.2である。 
e0259451_22375037.jpg

by withbillevans | 2012-11-10 22:42

彼岸花咲く KONICA HEXANON AR57mmF1.2ほか 

e0259451_1483819.jpg

 庭の草むしりをしていて、彼岸花をプチンと折ってしまった。今年初めて咲いた一輪だった。気づかなかった。暑さのせいか、どうも今年は開花が遅いような気がする。9月も17日になるのに、1本も花の茎が伸びているのが見えない。
 折ってしまった一輪は、深い草の影で咲いていたので、見えなかった。日陰のほうが早く咲くのだろうか。一輪挿しに挿すことにした。
 レンズは、上から、KONICA HEXANON AR57mmF1.2、Carl Zeiss Planar50mmF1.4、Canon NewFD50mmF1.4。絞りは2.0で。
e0259451_1484547.jpg
e0259451_1485359.jpg

 OLYMPUS45mmや、SIGMA19mmでも撮ってみた。
e0259451_14355485.jpg

e0259451_1443408.jpg

 以下、OLYMPUS45mm、SIGMA19mm、NFD50mm、HEXANON57mm、PLANAR50mm
の順。
e0259451_21423625.jpg
e0259451_21425079.jpg

e0259451_2214206.jpg

e0259451_22215469.jpg

e0259451_22303149.jpg

by withbillevans | 2012-09-17 14:14

Carl Zeiss Planar50mmF1.4を使うぞ

e0259451_23375365.jpg

 旧ソ連製のゾナー50mmF2.0コピーレンズ(Lマウント)がヤフオクに出ていた。落札するつもりでいたが、最終場面でやめた。
 そしたら、ZEISSレンズが使いたくなった。そこで、Carl Zeiss Planar50mmF1.4を持ち出した。私が青春時代、このレンズは世界一と言われたこともある。特に初期の、製造番号の初めの3ケタが580番台の前半の個体が、憧れの的だった。同じレンズでも、ピントの切れが違うらしい。私のものは、582で始まるので、その資格がある。580番台前半は、作られてから30年以上経つので、きれいなものは少ないようだが、私のはかなり程度がいい。ヤフオクで決して高くない価格で落札できた。
 ただ、使用頻度は少ない。他の50mmレンズ、例えば、Canon NewFD50mmF1.4などをよく使う。持ち出す頻度が少ない理由は、もったいなくて…、である。それと、被写体にもよるが、あまり差がない(差が分からない)からである。
 先日、息子に2台あったNEX-5のうちの1台を持っていかれてしまったので、遅ればせながら、NEX-5Nを購入した。明後日、着くはずだ。NEX-6が発表されたころにNEX-5Nを入手するのも恥ずかしいが、まあこんなもので…。NEX-5Nは、NEX-5よりかなりいいらしいので、Carl Zeiss Planar50mmF1.4の出番が増えるかもしれない。
 いい被写体がないので、飲んでいたコーヒーカップを撮った。上の写真がCarl Zeiss Planar50mmF1.4。下がCanon NewFD50mmF1.4である。絞りはともに開放である。
e0259451_2338760.jpg

by withbillevans | 2012-09-12 23:59

夏の農家の庭 Carl Zeiss Planar50mmF1.4

e0259451_2132598.jpg

 農家の庭が好きだ。農家の庭は、夏の終わりがいちばんいい。だから、夏の終わりの農家の庭がいちばん好きだ。
e0259451_2133522.jpg

 夏の終わりの農家の庭がなぜいちばん好きかというと、農家の庭にある植物、特に花が、夏の終わりごろに、一番いい感じになるからだ。
 農家の庭にある花では、どんな花がいいかというと、農家の庭に似合わない花がいいと思う。例えば、グラジオラス、ダリヤ、カンナ、ヒマワリ。丈も花もでっかくて、花の色は鮮やかな原色。昔の日本にはない、外来の花たちである。
e0259451_2191892.jpg

 日本の農家には(昔はみんな=90%以上=農家だった)、本来ならススキや萩や小菊(これも中国から伝来?)が似合う。明治以降、特に戦後になってたくさんの園芸植物が輸入された。最初は、都市のサラリーマンの小住宅の庭で栽培されたのだろうが、いつの間にか、農家の庭にもこの種の園芸植物が入り込み、主役のようになった。
 時間が経つと、小住宅の庭では、この種の花は人気がなくなった。多分、大きすぎたのではないか。したがって、丈を小さくする品種改良が行われたりしたが、ほかにも、優れた無数の草花が輸入されるようになり、戦後の一時期にブームになったこれらの花は、相対的には人気が低落していった。そういうことで、今では農家の庭でしか見られなくなっている。ときどき、懐かしくなって、園芸店やホームセンターに行っても、当時の園芸植物は、ほとんど売られていない。
e0259451_214392.jpg

 われわれの年代の者のノスタルジーかもしれないが、少年時代に慣れ親しんだ花に再会するためには、今では、農家の庭を訪問するしかないのかもしれない。
by withbillevans | 2012-09-05 21:07