ブログトップ

読み、書き、写真

yomikakiph.exblog.jp

タグ:SIGMA19mmF2.8 EX DN ( 138 ) タグの人気記事

ジャンルー・シーフの写真集を入手

e0259451_2143967.jpg

 「ジャン・ルー・シーフ」だとずっと思っていた。よく見たら「ジャンルー・シーフ」だった。フランスの写真家。10年ほど前に亡くなり、日本でもときどき、写真展が開かれている。
 学生時代に、今はないカメラ雑誌『カメラ毎日』で、彼の何枚かの写真が特集された。一目見て参ってしまった。
 先日、竹橋の近代美術館に、ジョセフ・クーデルカの写真展を見に行った。そこで、森山大道など数人の内外の写真家の作品が展示されており、その中に、シーフの作品が何枚かあった。初めて本物を見た。それで、シーフ熱が再燃した。
 amazonで、シーフの写真集を探した。3000円程度の古本があり、購入寸前までいって、念のため新本を見てみたら、1300円台で、立派なハードカバー・大判の写真集が売られていた。さっそく購入。
 印刷を始め、本の出来がよく、私が見たかった作品は全部載っていた。買ってよかった。
e0259451_2144955.jpg

 上の写真と、下の写真の2枚は、シーフの作品の中で私が一番気に入ったものだ。40年前に見て以降、一度も忘れたことはない。鮮明に覚えていた。特に、下の写真が、一番好きだった。こういうきれいな人と一緒に生活したかった。ホーロー引きのコーヒーカップで、ブラックコーヒーを飲みたかった。
e0259451_2145847.jpg

 当時の写真好きの若いヤツは、ロバート・キャパとかアンリ・カルティエ・ブレッソンとかにあこがれているのが多かったが、私は断然シーフだった。
 この2枚が、私に与えた影響は絶大だった。広角レンズによるモノクロ写真。背景はシンプル。
 記憶に間違いがなければ、コーヒーカップの写真は、NIKON FとNIKKORレンズで撮ったものである。当時のカメラ雑誌には、プロの写真家の作品でも、撮影機材が記してあった。シーフは、NIKON FとLEICA M3を併用していた。これらの作品を仔細に見ると、LEICAで撮った写真のほうがピントがキリッとしており、解像度が高かった。NIKONはモッサリした感じだった。
 当時も、この写真は、そんなに解像度が高くないように見えた。でも、いや、だからこそ、ザックリした感じが出ているのだと、思った。さんまんえんぐらい出してもいいから、こんなモデルさんを使って、これとそっくりな写真を撮ってみたい、と思った。

 それから、このホーロー引きカップの色だが、内側は白ということが分かる。外側はモノクロなので分からないが、推測するに女性のほうは黄色、手前(妄想の中では私のもの)は緑色である。そうに決まっている。
 
 
by withbillevans | 2014-02-23 18:00 |

トマトの木を片付ける

e0259451_11325597.jpg

 ひと夏楽しませてもらったトマトの木を片付けた。先日の台風で、鉢ごとひっくり返ってしまい、大きく傷んで、それいらい実の味が悪くなってしまった。
e0259451_113352.jpg

 2株植えただけだったが、どんどん伸び、支柱を継ぎ足し継ぎ足しした。木を片付けたら、支柱と吊り下げていたひもが残った。
 レンズは、MINOLTA MC W ROKKOR 24mmF2.8を使用した。 
e0259451_11331721.jpg

 今度は、SIGMA19mmF2.8 EX DNを使用。緻密な写りであるが、面白い絵かどうかは、また別の問題。
by withbillevans | 2013-09-28 12:00 |

台風との1日

e0259451_17283086.jpg

 風の音で目が覚めた。ちょうど、朝5時であった。東の空を見ると、すごい勢いで雲が飛んでいく。不気味な色の朝焼けであった。
 この日は、台風一過の夕焼けもあった。
e0259451_17284252.jpg

 雨は降っていなかったので、外に出て、支柱を立て、草花をひもでくくって、風に備えた。8時ごろから雨風とも強くなってきた。知らない間に、トマトを植えていた大きな鉢がひっくり返っていた。
 風が止んでから、引き起こしたが、トマトは大きく痛んでしまい、もう成長は無理のようである。これが一番の被害であった。
e0259451_17284933.jpg

 昼過ぎて、台風が遠ざかり始めたころから、最も風が強くなり、庭の樹木がポキリと折れるのではないかというほど、大きくしなった。
 風が止んでも、オミナエシは曲がったまま。
e0259451_17285964.jpg

 咲き始めたばかりの彼岸花も被害にあった。根元から折れたものを数輪、花瓶に挿した。花だけどこかに飛んで行ったものもある。
e0259451_1729854.jpg

 花瓶を机の上に置いた。

(追記)
e0259451_10422618.jpg

 風に飛ばされてきたのだろう。翌朝、道路に落ちていたザクロを見つけ、拾ってきた。
(このカットのみ、YASHICA ML 35mmF2.8)
by withbillevans | 2013-09-16 18:00 |

高崎の「あすなろ」に行ってきた

e0259451_13481528.jpg
 喫茶店あすなろが、今年6月に、31年ぶりに再開したと、偶然ラジオのニュースで聞いた。先日、再開されたあすなろに行ってきた。 高校時代のあこがれの喫茶店であった。高校時代は1回か2回入っただけ。でも、あすなろはずっと、私の心の故郷的な喫茶店であった。 「できるだけ当時と似せたものにしました」と店員さんが説明してくれたカップで、コーヒーを飲んだ。
e0259451_13482992.jpg
 打ちっぱなしコンクリート造り。石の彫刻。音楽はクラシックのみ。客は少なかった。17歳の私の胸はビリビリ震えた。それらは私の好みに合った。いや、個人の趣味を徹底させて作り上げたそのような空間に生まれて初めて入ったのであった。大人になったら、こういうことをしてもいいんだと、思ったのであった。 群馬を離れ、社会人になってから、帰省するたびに寄った。いつもひっそりとした感じだった。そして、あすなろは1982年に閉店した。  再開したあすなろが、当時とどこが同じでどこが違うのか、私は思い出せない。現在は、地元の高崎経済大学の学生たちが中心になって運営しているという。店内は、若い人の熱気があふれていた。
e0259451_13483851.jpg
 フロアはかなり広い。2階は貸し切りでパーティーをしていた。にぎやかな声が下まで聞こえてきた。やがて、パーティーは終わり、若者たちが、階段を降りてきて、コーヒーを飲んでいる私の脇で、大声で話し始めた。私は、物分りのいいおじさんになって、ニコニコしていた。 私は、みんなが引き上げた2階に上がってみた。高校時代は、2階でコーヒーを飲んだ記憶があったからである。やはりフロアは広く、ちょっとしたイベントもできそうなくらいあった。
e0259451_13484952.jpg
 階段の壁などに、再開のいきさつを紹介する展示があった。地元新聞の切り抜きがあり、記事の署名を見たら知り合いだった。 彼は高校の同窓生だ。40年間、東京の広告会社で働いたが、その間、ずっと高崎に住み続け、遠距離通勤を全うし、地元の活性化に協力し続けたナイスガイである。
e0259451_1349736.jpg
 あすなろの外観。これも、私が初めて入ったころと、どの程度同じなのか、思い出せない。 なぜ、あすなろは、私の心の故郷なのか。私が大切に思っていることと、あすなろのアイデンティティーが同じだから。というよりも、あすなろ的な存在をいつも気にかけながら生きてきて、自分にとって大切なことが、少しずつ明確になってきたのである。
e0259451_13492746.jpg
 あすなろの創業者は、栃木県に住んでいた在日韓国人、崔華國という人である。敗戦の年1945年に発足した高崎市民オーケストラから生まれた群馬交響楽団を取り上げた映画(「ここに泉あり」55年)を見て感動し、高崎にやってきた。実業家の弟に資金を出してもらい、1957年に、200席もある大きな名曲喫茶店「あすなろ」を作った。これが地元の文化運動の拠点の1つになった。 貧しかった時代であったが、高崎には熱気があった。当時の高崎市民は「高崎を日本のウィーンにしよう」と本気で考えて活動していた。市民が、それこそ100円、200円の寄付をして、群馬音楽センターという音楽専用ホールを建ててしまったのである。 あすなろは道路拡幅計画で移転を余儀なくされ、1964年に現在地に、2代目の店として開店した。私が高崎の高校に通うようになったのは63年だから、高校に通っていた3年間に引越しがあったことになる。私は、同じ群馬でも、もっと田舎の生まれなので、そんな事情は知らなかった。2代目あすなろは、その地で、1982年までの18年間営業した。後半は、かなり厳しい経営だったようだ。  崔氏は、若いとき詩人を志していた。あすなろの経営が難しくなると、詩作に熱を入れるようになった。閉店から2年後の1984年に、詩集『猫談義』を出版し、翌年この作品でH氏賞を受賞した。70歳だったという。崔氏はその後米国に移住し、97年に亡くなった。
e0259451_13493841.jpg
 崔華國とは、韓国の慶州で生まれ、壮年期を日本で過ごし、そこで、あすなろと詩を作り、老年になって米国に行った男である。 その詩集『猫談義』を開いて見た。〝故郷に定めありや情通えばそこが故郷〟という一節で終わる詩があった。
e0259451_13494751.jpg
 あすなろの歴史などについては、地元の上毛新聞社が出していた季刊誌『上州風』の2号(2000年3月発行)に特集記事が載っている。 これは大変レベルが高い雑誌で、私は帰省のたびに高崎駅の書店で買っていた。この雑誌で、あすなろの歴史や関係した人物など、いろんなことを知ったのである。私の中では、あすなろの全体像が分かってくると、ますます、閉店による喪失感のようなものは大きくなった。再開は、だから本当にうれしかった。 この雑誌が出たのは、閉店から18年目だ。そのころから市民の間で、再開の機運はあったらしい。そして、10年あまりを経て、今年、実現した。
e0259451_1524624.jpg
 名曲喫茶とは、店内でクラッシク音楽のレコードをかける喫茶店である。あすなろは、朝の開店時はグレゴリオ聖歌、夜の閉店時は、アルトゥール・シュナーベルの演奏によるベートーベンのピアノソナタ28番と決まっていたそうだ。私は、そういう時間に行ったことがないので、聴いたことはない。  アマゾンでシュナーベルのものを探したら、ベートーベンのピアノソナタ全32曲がCD10枚組みに収められて新品980円というのがあった。 ベートーベンのピアノソナタのいくつかは、名前がついている。28番は名前がないので、番号で呼ばれる。聴いてみると、「悲愴」「月光」「熱情」など有名な名前を持つ曲などと違って、優しさに満ちた曲であった。 私は今日から、ピアノソナタ28番を「あすなろ」と呼ぶことにする。
by withbillevans | 2013-08-29 06:00 | 珈琲店

真夏の鎌倉(5) まとめ

e0259451_1538172.jpg
e0259451_1538936.jpg

 今回の鎌倉散策には、NEX-5N+MINOLTA MC ROKKOR-PF 50mmF1.7、そして、E-PL3+SIGMA19mmF2.8 EX DNを持っていった。
 上の2枚は、後者のシステムの〝トイフォト〟で撮った。

 この日、どちらのシステムをより多く使ったか。体が元気なうちは、MF式の前者が中心だったが、午後になって疲れてきたら、後者を取り出すことが増えた。65歳と8カ月。半年ごとに階段的に体力が衰えている。軽いカメラがいい。
 実は、イングリッシュガーデンでコーヒーを飲んでいたら、私より数歳若いくらいの男性がやってきて、3つばかり離れたテーブルに座った。プリズムファインダー付きボディーに中望遠レンズを着けた八セルブラッドを持っていた。カメラはかっこよかった。男性は、連れの40代と思しき女性がキヤノンの大型一眼レフ(デジタルかどうかは不明だったが)で、花を撮影しているのを、満足そうに眺めていた。八セルブラッドは、いじくっているだけで、花も彼女をも撮影しなかった。重くて疲れてしまったのかな、と思った。
 
 下の2枚は前者のシステムで撮ったもの。私の機材は、年とともに、軽いものになってきた。旧式50mmレンズの中では、このROKKORレンズが、一番軽い。これから使用頻度が増えるだろう。50mmレンズでは、LEICAもCONTAXも、素晴らしい性能だが、ROKKORに比べると、ずっしりと重いのである。
 個人的に、描写が最も気に入っているのはSUMMICRON R 50mm 。しかし、このROKKOR50mmF1.7は、SUMMICRON R 50mm の描写に似ているような気がする。ただ、SUMMICRNの方が、重厚な描写をする。
e0259451_15384670.jpg
e0259451_15385537.jpg

 さて、NEX-5N+MINOLTA MC ROKKOR-PF 50mmF1.7、および、E-PL3+SIGMA19mmF2.8 EX DNの組み合わせであるが、大変良かった。
 気になったものがあると、立ち止まってパチリ。そしてまた歩く。こういうスタイルには、このセットが実に使いやすい。50mmレンズは、気分に応じて、出かけるときに選ぶのである。
 この2本のレンズは、中古または新古で購入し、合わせて1万円ちょっとくらいであった。ROKKORの代わりにSUMMICRON Rにしても合計4万円程度。こういう(安価な)値段のことを考えると、また満足な気分に浸れるのである。
 
 
by withbillevans | 2013-08-21 18:00 |

真夏の鎌倉(4) イングリッシュガーデン

e0259451_15351294.jpg

 昼飯は済ませていたので、コーヒーを注文した。500円+税。おいしかった。接客が極めてグッドで、気持ちよかった。
e0259451_15352281.jpg

 屋内ではなく、テラスの席に。パラソル付きの木製の大きなテーブルが並んでいた。この日も35度くらいあったが、風が涼しかった。
 回りは緑。山の中腹である。イギリスのコッツウォルズで1週間過ごしたことを思い出した。イギリスには、丘はあっても、山はなかった。
e0259451_15353167.jpg
e0259451_15354040.jpg
e0259451_15355464.jpg
e0259451_1536350.jpg

by withbillevans | 2013-08-20 18:00 |

真夏の鎌倉(3) 石窯ガーデンテラスに行く

e0259451_11334469.jpg

 午後は、鎌倉駅からバスに乗って、「浄明寺」バス停で降り、浄妙寺に行った。バス停とお寺の名前が違うのは、バス停は地名であるかららしい。お寺が名前を変えたが、地名はそのまま残ったのではないか。あるいは、地名に昔のお寺の名前を使ったのか。あるいは…
 お目当ては、このお寺の敷地内にあるイングリッシュガーデンであった。
e0259451_11335746.jpg

 バス停から横に入り、緑濃い小経を進む。
e0259451_11341142.jpg

 山門が見えてきた。
e0259451_113528100.jpg

 本堂の脇に、赤いサルスベリが咲いていた。昔は大伽藍があったようだが、現在は大きな本堂と広い敷地から往時の威容を偲ぶことになる。
 枯山水の庭を眺めながらお茶を飲める建物もあった。枯山水の庭は、木立越しに外からも見えたが、中に入るのは次の機会ということにして、この日は、本堂の裏側に回って坂道を登った。
e0259451_11343379.jpg

 山を登る道はきれいに整備されていた。脇に大柄な花が植えられており、木製のベンチなどもあり、英国のにおいがしてきた。
e0259451_11354676.jpg

 看板が出ていた。上の方に建物が見えてきた。
e0259451_11355771.jpg

 ようやく着いた。立派な建物であった。ここはレストランになっている。
by withbillevans | 2013-08-19 18:00 |

真夏の鎌倉(2) 光則寺  SIGMA19mmF2.8 EX DNで

e0259451_6181195.jpg

 ビールを飲みながら運転などして、いいんですか、と心配になったが、よく見たら、アルコール分0.00%であった。
 この日は、2セットの機材を携行した。まず、NEX-5N+MINOLTA MC ROKKOR-PF 50mmF1.7。そして、E-PL3+SIGMA19mmF2.8 EX DNである。
 真夏の鎌倉(2)はE-PL3+SIGMA19mmF2.8 EX DNで撮影したものを集めた。
e0259451_6182253.jpg

 光則寺に登っていく細い道。一般に鎌倉の住宅地から想像する「緑の濃い道」ではなく、やや庶民的な感じもする道である。
e0259451_6183228.jpg

 山門の手前、道路の左右に石柱が立っている。左は「光則寺」、右は「行時山」とある。新しい柱だ。
e0259451_6184214.jpg

 「光則」というのは、北条家の家臣の名前。宿屋光則というのだが、ここに父親から引き継いだ彼の屋敷があった。
 私は、「行時」という文字に、思想的・哲学的な意味を感じた。「そうか、時の移ろいのことか。諸行無常ということだな」と、しばしもの思いにふけった。
 いい名前だなあ、と感心した後、ピンとくるものがあった。帰宅後、ネットで調べると、当たっていた。それは光則さんのお父さんの名前だったのだ。私がピンと来たのは、北条家には「時」がつく名前の武将が多かったということであった。

 それにしても、父と息子の名前をつけて『行時山光則寺』とは、しゃれている。威厳や格式などにこだわらない〝カジュアルな〟命名である。
 私は、ますますこのお寺が気に入った。
e0259451_6185281.jpg
e0259451_619412.jpg

 当然のように暑かった。昔、日蓮宗の上人を閉じ込めた「土牢」に行けば、美しい本堂の瓦屋根を見下ろせるのだが、汗をかきそうなので、止めにした。
 本堂の縁側に腰掛け、帽子を脱いで、汗をふいた。縁側の角だけが、風があった。
e0259451_6191924.jpg

 光則寺には、1時間ほどいた。参拝客は、私のほか3、4人だった。ここに寄った後は、近くのスナックで昼飯を食べるのがいつものパターン。開店までに時間があったので、メジャーな観光スポットである長谷寺に初めて入ってみた。こちらは、門前に大型観光バスが並び、人でいっぱい。外国人も多かった。
 観音様はさすがに立派であった。展望台から、涼しい風を感じながら眺める海はきれいだった。しかし、私の興味をひくものはなかった。
 長谷寺と光則寺は、小さい山を隔てて、背中合わせのような形になっているようだった。

 スナックに行って、いつものオムライスを注文。ちょっと味が違っていた。いつもは調理場にいる70歳過ぎと思われるオーナー婦人が出てきて、「どちらへ行って来ましたか」と聞く。光則寺に、と答えると「ハスは咲いていましたか? まだ、今年は見ていないんです」と言う。
 「咲いていましたよ。今日行けば見られますよ」と言うと、「この季節は忙しくて行けないんです」と残念そうに言った。その店に、1時間ほどいたが、ほかに客はいなかった。この店では、この日だけでなく、私は一度も他のお客と顔を合わせたことはないのであった。

 江ノ電に乗って鎌倉駅に戻った。この日は、もう一箇所、行きたいところがあった。(以下、次回に続く)
by withbillevans | 2013-08-18 18:00 |

車窓より 遠野を経由して花巻まで  釜石(その3) 

e0259451_21242310.jpg

 午後1時過ぎ、盛岡行きのディーゼルカーで釜石を発った。すぐに、北上山地に入る。
e0259451_21243243.jpg

 ときどき、雨がパラつく天気。霧がかかる。まだ、東北は梅雨が明けていないのだ。
e0259451_21244126.jpg

 いくつものトンネルを抜けて、遠野盆地の平野部に出ると、空が明るくなった。
e0259451_21245038.jpg

 でも、また黒い雲が出てきた。
e0259451_21245831.jpg

 車窓の左後ろに、通過してきた眼鏡橋のような形の鉄橋が見える。
e0259451_2125646.jpg

 間もなく新花巻。新幹線に乗り継ぐ駅だ。つかの間の梅雨の晴れ間。震災前に旅行した東北の夏の空を思い出した。
 数時間後に東京に着いた。関東地方は、ひどい雷雨だった。
by withbillevans | 2013-08-01 06:00 |

釜石小学校と校歌   釜石(その2)

e0259451_15403759.jpg

 釜石に行ったら、訪ねてみたい場所があった。釜石小学校である。大津波で、釜石のたくさんの方が亡くなったが、この学校に在籍する児童たちは、全員生き延びた。同市教育委員会が、非常に実践的な津波からの避難訓練を実施していた成果だと聞いた。また、同校の校歌は、先日亡くなった井上ひさしの作詞になるユニークな歌詞なのだそうだ。この2つが関係あるのかわからないが、とにかく行きたかった。
e0259451_1541328.jpg
 小学校は、高台というか山の中腹にあった。市街地から50m以上高いところにある。100m近いかもしれない。正門には「津波避難場所」の看板があった。市内の津波の高さは最大10mほどだったというから、ここにとどまっていれば、あるいは大揺れの後ですぐここに逃げてくれば助かったはずである。
 しかし、地震は、放課後に発生した。ほとんどの児童は自宅に戻っていたか、戻る途中だった。
e0259451_15434179.jpg

 子供たちは、教えられた通りに行動した。すぐに高い場所に逃げる。自宅に残した大切なものをとりにいったりしてはいけない。体ひとつで逃げる。周囲の人に「逃げろ」と声をかけ逃げる。友だちと手をつないで逃げる。体が弱くて動けない人がいたら、手助けして一緒に逃げる。何があっても、高いところに逃げる。
 こうして、全児童が生き延びた。
e0259451_15443984.jpg

 小学校の体育館は、津波で家を流された人たちの避難所になった。厳しい生活のなかで、被災者はやがて子供たちの歌う校歌に、唱和するようになったという。詩の内容に励まされたのである。
 中越地震の時は、平原綾香の「ジュピター」が、歌われたと聞いたことがある。
e0259451_15453174.jpg

 作詞者は、岩手県出身で、釜石でも暮らしたことのある井上ひさしである。
 この校歌は確かに変わっている。ふるさとの山や川や海が出てこない。校名すら出てこない。2つの小学校が合併して、今の釜石小学校になった10年前に、この校歌は制定されたという。
 私は、校庭の奥の木陰まで行ってみた。そこに、校歌の譜面と詩が刻まれた石碑があった。でも、違う歌であった。2つの小学校のうち、この校舎を使っていた学校の校歌であった。
 井上ひさしは、心配りの人だったので、不公平にならないよう、2つの校歌のどちらとも異なる詩を書いたのかもしれない。再度、合併してもいいようにという配慮があったというのは、もちろん、うがち過ぎだ。
 そのような詮索はともかく、全児童が生き延びた「釜石の奇跡」のこともあり、この校歌は市民に、そして県外の人に知られるようになった。
 私が釜石を訪問した数日前に、JR釜石駅前広場に、地元のロータリークラブの手で、この校歌の碑が建てられたのである。碑は3つあって、「ひょっこりひょうたん島」の歌との関係などが分かるようになっている。
(上の写真をクリックして拡大すると、校歌の全文が読めます)
e0259451_15454818.jpg

 この校歌は、ユニークだ。何回かゆっくりと読んでみたら、井上ひさしの肉声が聞こえてくるような気がした。
e0259451_205692.jpg

 さて、である。手元に、10冊近い『文章読本』がある。高名な作家の手になるものが多いが、私のお気に入りは、一番上の井上ひさし版である。
 改めて読んでみたら、彼がこの校歌を、どういう文章論に基づいて、あるいはどんな気持ちから書いたかが、少し分かった。長くなってしまうので、そのことはここでは書かない。面白いくだりがあったので、それだけ紹介したい。

 あの折口信夫(釈超空)を批判しているところだ。折口は二十数校の校歌を作詞したが、みんなワンパターンだと怒っている。歌詞の一番は朝、二番は昼、三番は夕方に時刻を設定し、ふるさとの山や川などの自然の風景について、その時間ごとの美しさを讃え、その間に学ぶことの価値を示す言葉をちりばめていく。注文に応じ、機械的に、いくつでも作れてしまう、というわけだ。
 私は、自分が出た小学校、中学校、高校、ついでに隣村の学校についても、この手法を使って校歌の作詞をしてみたら、簡単に作れた。(この部分は妄想。でも本当に簡単に作れる)
 井上ひさしの釜石小学校の校歌は、人間が生きていくうえでの大切なこと、生きていくうえでのマナーを、歌ったものだと思う。こういう歌は、1つしか書けないかもしれない。(いや、書くプロだから、そんなことはないだろうが)
 私は、井上ひさしも、折口信夫も、同じくらいに好きなのである。
by withbillevans | 2013-07-30 18:00 |