「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

読み、書き、写真

yomikakiph.exblog.jp

タグ:SIGMA19mmF2.8 EX DN ( 138 ) タグの人気記事

遠野から釜石へ      釜石(その1)        

e0259451_224757.jpg

 2日間の日程で、岩手県釜石市に行ってきた。釜石に一泊する予定だったが、市内のホテルは、すべて満室。復興支援の関係者でいっぱいだった。そこで鉄道で1時間ほどの距離である遠野市のホテルに泊まった。ということで、遠野と釜石をJR釜石線で2往復することになった。
 初日は、釜石で一杯やってから最終列車に乗り、遠野駅に着いたら夜9時半になっていた。フロントで、夕飯を食べられる店を教えてもらった。駅前に数軒あるという。「食事のみOK。ラーメン500円」という貼り紙のあるスナックに入って、そのラーメンを食べた。ほかに客はいなかった。
 遠野には以前、車で来たことがあるが、遠野駅は今回初めて利用した。石造りの立派な建物で、駅舎がホテルになっていた。私はここではなく、駅前のビジネスホテルに。客はそれほど多くなく、大浴場もあって、快適だった。
 翌朝、駅まで歩いて行くと、彫刻の河童が池の周りで井戸端会議をしているような小庭園があった。河童の写真を撮ってから切符を買って、跨線橋を渡って下りホームに。花巻方面からの3両編成のディーゼルカーが入ってきた。高校生が何人か降り、乗る人は少なかった。
e0259451_22471435.jpg

 一番前に乗った。運転室が小さいので、乗客はぎりぎりまで前に行ける。私はフロントガラスに額をくっつけて、進行方向の景色を眺めることができた。
 バチバチ写真を撮った。すると、E-PL3のボディーが熱くなった。デジカメは、撮影時に、撮像素子が熱を持つと聞いていたが、こんなに熱くなったのは初めての体験だった。それはともかく、緑の中を突き進む感じに興奮してしまった。
e0259451_22472218.jpg

 私の近くには、推定79歳の婦人が1人だけ乗っていた。彼女が話しかけてきた。「次の駅には大きな洞穴があり、流しそうめんが食べられる店がある」「線路の両脇は落葉樹が多いので、もみじがきれいだから、秋にまた来なさい」などと観光案内をしてもらった。途中の陸中大橋駅で降り、自宅に戻るのだそうだ。
e0259451_22472970.jpg

 前日は、昼過ぎに新花巻から快速列車に乗って、釜石に向かったのだが、同じ車両に、高齢のご婦人3人組がいて、女子高校生みたいに大騒ぎしていた。右に左に席を替え、私の耳元でギャーギャー言うので、それとなく注意したら、静かになった。ああ、言わなければよかった、と後悔していた。翌日の推定79歳の婦人は、穏やかで優しそうな人だった。私がイメージしていた岩手県の人だった。
e0259451_22473655.jpg

 花巻から遠野に入る途中でも大きな山を越えた。遠野から釜石に行くにはもっと大きな山がある。いくつかトンネルを抜け、ひときわ長いトンネルがあった。その先に、推定79歳の老婦人が降りる予定の陸中大橋駅があった。ここから釜石である。そこはまた、釜石鉱山の入り口でもあった。すでに鉱山は操業していないが、往時をしのばせる鉄道遺構がたくさんあった。
 穏やかな老婦人が降りようとすると、運転士が出てきて、手をとってあげた。運転士が長靴をはいていたのが印象的だった。東北地方はまだ梅雨が明けず、雨が続いていたのである。
e0259451_22474434.jpg

 列車は下り坂を走る。空に虹が出た、と思ったら、コンクリートの橋だった。それにしても高いところを走っている。
 「震災で、鉄道も通信も港も道路も使えなくなった。釜石は陸の孤島になったが、かろうじて、その少し前に完成した高速道路の一部で物資を運べた」という話を聞いたが、このコンクリートの橋がそれなのだろうか。 
e0259451_22475122.jpg

 ようやく、人家が増えてきた。遠野方面からの鉄道と道路が交差しながら、釜石湾に向かって延びていく。この谷筋を通る街道が釜石の背骨のようになっている。コンクリート造りのアパートが何棟か見えた。鉱山あるいは新日鉄釜石の製鉄所の労働者の住宅だったという。住む人がいなくなったので、取り壊す予定だったが、その前に大震災が起き、津波で家を流された人たちの臨時の住宅になっているそうだ。
e0259451_22481171.jpg

 列車がスピードを緩めた。終着駅の釜石駅のホームが見えてきた。
 森山大道の『遠野物語』は、遠野までの旅、私はその先の釜石まで来た。
by withbillevans | 2013-07-26 22:50 |

覗き込むトイフォト

e0259451_8511149.jpg

 盛りを過ぎたナスタチウムがいい色になっていた。トイフォトは遠景向きだと思うが、近接で使ってみた。
e0259451_8504149.jpg

e0259451_8503327.jpg

by withbillevans | 2013-07-15 18:00 | 写真機

梅雨の末期に XR RIKENON 50mmF2.0

e0259451_801992.jpg

 朝戸出した。お供は、XR RIKENON 50mmF2.0である。貧者のSUMMICRNだ。絞りはF2.0にした。
 昨日から、天気予報が「梅雨明け近し!」と言っている。夜からの風が止まず、まだ吹いている。北側にある梅雨前線に向かって、南風が吹いているのだ。
 咲き始めたオミナエシが1本、風で折れてしまった。
e0259451_802748.jpg

 昨日、仕事で某大手企業社長と話した。話の終わりに健康法を聞いたら、「前向きに考えること」と言った。
 私は、どの季節の庭がいいかと聞かれると、「今」と答えることが多い。
e0259451_803992.jpg
e0259451_804860.jpg
e0259451_1251867.jpg

 昼近くになったら、ますます風が強くなった。すごい湿度と熱風。イエローウィンが折れそうなので、花が残っているのを切って、花瓶にさしてみた。
 後ろで、カサブランカの黄色が咲き始めた。選手交代だ。
 上のカットのみ、絞りF8で。
e0259451_14204019.jpg

 上のカットのみSIGMA19mmF2.8 EX DNにて。
e0259451_0373382.jpg

 上がXR RIKENON 50mmF2.0、下が本家LEICA SUMMICRON R 50mmF2.0で。
e0259451_0312981.jpg

by withbillevans | 2013-07-06 08:04 |

SIGMA19mmF2.8 EX DN を NEX と M4/3 で

e0259451_1925467.jpg

 上がNEX-5N、下がE-PL3で。
e0259451_19264272.jpg

 SIGMAの低価格高性能単焦点レンズSIGMA19mmF2.8 EX DN をMICRO4/3で常用している。換算38mmという焦点距離が、昔愛用していたCONTAX T2と同じになるという極私的理由によって、このレンズとの付き合いが始まった。そして、価格対性能比に満足している。
 このレンズを着けたE-PL3をカバンに入れていることが多い。通勤途中で、パパッと撮るには、まことに都合がいい組み合わせである。私が、趣味で撮る写真の8割くらいは、それだけで足りてしまう。

 一方、こちらの30mmレンズはAPS-C判で使うと換算28mmになる。広角レンズの基本は28mmと言われるが、私は24mmが好きで、28mmにはなじめなかった。
 そういうわけで、NEX用の30mmレンズは買わないでいたのだが、発売1年後という短期間にモデルチェンジされ、ツルツルテカテカのあまり好きでないデザインになってしまった。まだ市場にあるうちにと、先日、中古を入手してみた。こちらは、まだ数回しか使ってないが、(当たり前だが)やはり、よく写る。
e0259451_1925557.jpg

 上がNEX-5N、下がE-PL3で。
e0259451_1927155.jpg

 換算28mmと38mmの違いは、あまり気にならない。シビアな環境で写真を撮っているわけではない。テキトーでいいのである。
by withbillevans | 2013-07-03 18:00 | 写真機

瞬間夏空

e0259451_1301437.jpg

 午前中から昼寝。急に寒くなって目が覚めた。空が暗くなり、雨がふってきた。すぐに止んで、太陽と白い雲と青い空が出てきた。今年初めて見る夏の空であった。
 金魚の水をかえた。前日、ポリバケツに水道水を汲んでおき、カルキを抜いてから使った。
e0259451_1302756.jpg

 新聞に、ヤマヒルの被害を防ぐ方法が出ていた。衣服のほんの少しの間から入り込むらしい。この庭でも、ヒルを見かける。イカの三角頭みたいな頭を持つ、まっ黒いのや、切れた輪ゴムそっくりのもいる。長靴は、ヒルよけではなく、蚊よけである。
 小さい庭でも、地面あるいは地中に、いろんな生物がいる。虫かトカゲになったつもりで空を見上げてみた。
 この青空は、30分ともたず、また曇り空になってしまった。 
e0259451_1303826.jpg
e0259451_1305558.jpg
e0259451_131735.jpg
e0259451_131226.jpg
e0259451_1313028.jpg

by withbillevans | 2013-06-30 18:00 |

日比谷公園 タイサンボクの花

e0259451_1161872.jpg

 日比谷公園内の通勤時に歩くルートを、少し変えたら、いいことがあった。目の高さで、タイサンボクの花を見ることができた。
 この木は、公園内に何本かある。いずれも大きくて、花ははるか高い場所に咲く。タイサンボクの花は、素晴らしい芳香がする。鼻をくっつけて嗅いだら、どんなにいいだろうと思っていた。
 ようやく念願がかなった。う~ん、いい香り。でも、慣れてしまって、すぐに感じなくなった。
e0259451_1163374.jpg

 それにしても、すごい大きさだ。私の頭より大きい。
e0259451_1164793.jpg

 つぼみも大きい。
e0259451_1165429.jpg

 花びらが散った後の「名前が分からない」も大きい。
e0259451_117051.jpg

 この日の写真は、SIGMA19mmF2.8 EX DNで撮った。以前から、MICRO4/3用は持っていたが、先日、NEX用も入手した。今朝はそのNEX用を使用した。換算28mmである。
 
by withbillevans | 2013-06-28 18:00 |

イエローウィン

e0259451_6391490.jpg

 朝、雨戸を開けたら、雨がやんでいた。いい香りが、部屋まで入ってきた。イエローウィンがいっぱい咲いていた。園芸種のユリのなかでは、これが好きだ。この黄色はきつくなく、緑に合う色だ。香りが強い。花が真上に向かない。茎が直立しない。そして茎がそんなに太くない。
 園芸種では、白花大輪のカサブランカが人気だが、私はこっちがいい。10年近く前、球根を1球買った。だんだん増えて、こんなに咲くようになった。ことしは、高さ2mくらいに大きくなった。
 先日、近所の園芸店に、売れ残ったイエローウィンの苗が、1鉢150円で置いてあった。買っておけばよかった。
 上の写真はSIGMA30mmF2.8 EX DNで撮影。
e0259451_6393073.jpg

 上の写真はSIGMA19mmF2.8 EX DNで撮影。E-PL3のトイフォトを使用。
e0259451_6402098.jpg

 上の写真はXR RIKENON 50mmF2.0で撮影。朝の出勤前に、3台もカメラを持ち出すなんて、アホみたいである。
by withbillevans | 2013-06-27 18:00 |

日曜の夕刻はXR RIKENON 50mmF2.0で

e0259451_17323732.jpg

 日曜の夕刻。すごく大切な時間だ。若いころ、まだ会社が日曜しか休みでなかったころ、この時間は、本当に貴重だった。
 学生のころは、なんということはなかったが、社会人になってから、記憶に残ることの多い時間になった。
 田舎の町で、ほかに客のいないJAZZ喫茶でZJAZZを聴いて、車で帰る。JAZZ喫茶のマスターは、だいたい道を踏み外した人。今の自分もそうではないか、そうでないにしてもいずれそうなるのではないか、自分の仕事は自分に合っているのだろうか。

 それから30数年経って、自分が選んだ仕事は、実は自分に一番向いていたことがわかったが、そのころ、日曜の夕刻は、そんなことを考えていた。

 悩み多き日曜の夕刻は、いつも夕焼けがきれいだったような気がする。
e0259451_17325114.jpg

 朝方、XR RIKENON 50mmF2.0を使ったが、まったく調子が出なかった。絞りはF2.0だった。
 夕方、薄暗くなってきたころ、もう一度使ってみた。今度は、絞りをF5.6にしてみた。
 今度は、まずまず満足できる写りだった。貧者のSUMMICRONと言われるだけのことはある。ピントがいい。
 私も大人になって、本物のSUMMICRONも入手したが、このレンズは、本家とおなじくらい、使用頻度が高い。中古で何本も入手して、昨年、非常にきれいなのを、非常に安価で入手でき、夢かと思うほど、うれしかった。
e0259451_173339.jpg
e0259451_17331584.jpg
e0259451_17332539.jpg
e0259451_17334876.jpg

 下の写真は、E-PL3とSIGMA19mmF2.8 EX DNで撮影。
e0259451_214446.jpg

by withbillevans | 2013-06-24 18:00 | 写真機

先輩のYさんにNIKON FEをいただいた

e0259451_12372520.jpg

 今日は、Yさんが、福岡の新居で最初の朝を迎えたはずである。元気だろうか。
 40年近く前のことだ。就職して、私が新しい職場に配属された日、先輩社員は出払っていて、Yさんだけがいた。その偶然が、Yさんとの長い付き合いの始まりだった。

 数年前、Yさんが私に言った。「キミ、初めて会った日に、キミが僕に言ったことを覚えていますか」
 私、「新人の●●です、よろしくお願いします、と挨拶しました」
 Yさん、「その後で、Yさんは現役ですか?と聞いたじゃないか」
 私、「そうでしたか。そんな失礼なことを言いましたか」
 Yさん、「言った」

 それを聞いて、私も、言ったのが本当だという気になった。まず、Yさんは東大で西洋史を専攻した歴史学徒なので、史実に忠実である。また、私が当時、そう思ったのも事実だったからである。
 そのころ、40歳代になったばかりだったろうが、Yさんは落ち着いていた。その後もずっと冷静沈着な紳士であった。私はその反対の性格なのだが、Yさんはいつも私を引き立ててくださった。
 われわれの職場は、熱気を求められる仕事をしていた。そういうホットな仕事にぴったりの資質の人間が多かった。しかし、それだけではバランスに欠け、いい仕事はできない。クールな人物も必要だった。Yさんは冷静派の最右翼だった。

 Yさんは定年後、別の会社に移り、経験を生かし若い人を育て、その小さい会社の基礎を作るという立派な仕事をなさった。そして、そちらも引退して、後継に私を引っ張ってくれたのである。

 ある時、「僕は東京で生まれて、東京で育って、東京で仕事をしていたので、東京以外に住んだことがないんだよ。せめて最後は地方で生活したいと思った。ということでこの10年ほど、あちこち旅しながら、これだという場所を探していたんだ。ようやく、住むなら福岡市だと確信した。魚がうまい! 女性が男を立ててくれる! 歌舞伎も相撲もある! 寒くない! 南海トラフから遠い! こんないいところはない」と指を折りながら、福岡をほめ上げた。続けて、「来年春、引っ越す」と唐突に言った。

 そして、本当に、今週引っ越していった。引っ越しに当たって荷物を整理して、使わなくなったカメラを、私に置いて行ったのである。

 いただいたカメラNIKON FEには、NIKKOR-H Auto 50mmF2.0レンズが着いていた。私はこのレンズをNEX-5Nに装着して、Yさんの写真を撮った。
 40年近く前と変わらない落ちついた紳士が写っていた。私は、「Yさん、喜寿を過ぎた人には見えません。来年が還暦と言っても通用します。どう見てもまだ現役ですね」と言った。その言葉の、5%くらいはカメラをいただいたお礼の世辞であったが、95%は本心であった。
 私は、例の話を思い出し、現役という言葉を使ったのだが、Yさんは、〝現役〟と言われて、ポッと頬を赤らめた。福岡の美点の2つ目が頭に浮かんだ。
by withbillevans | 2013-05-17 18:00 | 写真機

日傘を使い始めた日

e0259451_9485965.jpg

 すごく紫外線が強い。昨日から、日傘を使い始めた。
e0259451_949733.jpg

 歩きながら写真を撮る。左手でカバンを持って、傘をさす。右手でカメラを構えて写真を撮る。これが結構大変である。疲れるので1回しかシャッターを押さない。
e0259451_9493734.jpg

 日比谷公園の梅の実が大きくなってきた。子供のころ、入梅過ぎれば、生梅を食べても大丈夫と教えられた。来月10日ごろになったら、取って食べてみよう。都心の梅はしょっぱいか。
by withbillevans | 2013-05-15 18:00