ブログトップ

読み、書き、写真

yomikakiph.exblog.jp

タグ:SIGMA19mmF2.8 EX DN ( 138 ) タグの人気記事

鹿島神宮

e0259451_19213810.jpg

 本日、茨城県の鹿島神宮に行ってきた。NHKテレビの連続時代劇「塚原ト伝」を見ていたら、行きたくなった。そして、お土産に、木刀を買ってきたかったのである。
 運動不足なので、簡単な運動で、上半身の体力をつけたいと、ずっと思っていた。下半身は、カメラを持って、歩き回ればいい。「塚原ト伝」を見ていたら、木刀を振り回すのがいいと考えた。どうせ買うなら、本家の鹿島で、重たいのが欲しかった。
e0259451_19214944.jpg

 私の、子供のときの知識では、塚原ト伝は一度も負けたことがなく、宮本武蔵も彼には勝てなかった。だから、彼は最強の剣豪であった。彼にちなんだ木刀がほしかったのである。
e0259451_19215772.jpg

 鹿島神宮は、利根川を挟んで、南側にある千葉県の香取神宮と対になっている。私にとっては、今から二十数年前、Jリーグが発足するというので、鹿島アントラーズの取材に行ったとき以来の、訪問であった。
e0259451_19243856.jpg

 太平洋(鹿島灘)から、3kmほど内陸に入った場所にある。神社の森は常緑樹が多く、間もなく春という日の光を浴びて、輝いていた。
 前回来たときは、平日でほとんど人がいなかったが、この日は〝紀元祭〟ということで、賑やかだった。
e0259451_19244841.jpg

 神社の森はやはり、常緑樹が似あうと思った。真冬でも青々と葉が繁り、日の光を浴びて照り、生命力を感じる。落葉樹だと、今頃の季節は、〝枯れた〟感じになってしまう。
e0259451_19263342.jpg

 ここのおみくじには、鹿の絵が書いてある。鹿は神の使いである。私は、今年の仕事始めの朝、勤務先の近くの神社でおみくじを引いたら、凶だったのを思い出した。
e0259451_19264385.jpg

 日の光はこのように強かったが、風は冷たかった。底冷えという感じであった。この日は、カメラを2セット持っていったが、XR RIKENON 50mmF2.0を着けたNEX-5は使わなかった。手がかじかむような寒さで、金属のピントリングに触るのが億劫になった。要するに、「今日はヤメトコ」と思ったのである。
e0259451_19265578.jpg

 神域には、NHKの「塚原ト伝」のロケを行ったいくつかの場所が、何枚もの立て看板で説明されていた。その看板には、地元のキャラクターである「ぼくでん」クンが描かれていた。少年なのに、頭を剃って、後頭部と耳の周囲にだけ、長髪があるのである。ウーン、と思った。
e0259451_1927562.jpg

 これは、奥の宮。昔の本殿である。現在の本殿は、覆いに囲われていて、拝めなかった。その前に拝殿が建っており、こちらは簡素であった。
 明治維新の前の時代には、「神宮」を名乗れたのは、伊勢、鹿島、香取の3社だけであったそうだ。
e0259451_19271318.jpg

 森が立派であった。前回ここに来たとき、参道の空を見上げた。樹木は、決して重なり合わず、自分のテリトリーを守っているのだ、と感じたのを思い出した。
 神社の中にもみやげ物店があった。そこで売っていた木刀には、鹿島神宮の銘が刻んであった。しかし、一番太くて高いのを振ってみたが、イメージしていたより軽かった。買うのをあきらめた。
 いつか、剣道具の専門店で探してみよう。
(追記1)
後日、鎌倉に行ったら、大仏様(高徳院)の門前に、古今東西の武器(刀など)を売っているお土産やがあった。木刀も十種類以上あった。重くて、振り回せばいい運動になると思わせるのもあったが、行程の最初だったので、買わなかった。次回に買ってこよう。
(追記2)
NHKテレビで、藤沢周平原作の連続ドラマ「蝉しぐれ」を放送していた。多分、再放送だと思う。主人公が通う剣術道場の床の間に、掛け軸が3幅懸けてあった。中央が「天照皇大神宮」、左が「鹿島神宮」、右が「香取神宮」とあった。チラッと見ただけなので、字の記憶に間違いがあるかもしれない。もしかしたら「神宮」でなく「大明神」だったかも。

by withbillevans | 2013-02-11 19:55

空飛ぶ猫 三菱1号館 

e0259451_12322259.jpg

 東京駅近くの、丸の内にある三菱1号館の広場。ビルに囲まれた、都会の中庭である。
e0259451_12323364.jpg

 日がさせば、風がないので暖かい。昼飯時には、お弁当を食べる人でにぎわうが、朝方は、通勤する人が、足早に通りすぎるだけ。バラの花がきれいに咲いていた。
e0259451_12324496.jpg

 猫と目が合った。「こんなところにいたっけ。また、誰かが捨てたのかな」と、近寄ると…
e0259451_12325319.jpg

 私の目の前で、どこから来たのか、もう1匹が、空を飛んだ。座っていた猫に、飛び蹴りを喰らわせたが、勢い余って、空を飛んだように見えた。
e0259451_1233123.jpg

 空を飛んだのは、茶色っぽい、トラ柄の猫。まだ見たことはないが、山猫のような原始的な柄だ。少しも、じっとしていない。
 おとなしい白黒のブチ猫を、体当たりしたり、ひっかいたりしながら、いたぶっていたじゃれついていた。
 元気な猫、どこかで見たような顔つきをしていた。
e0259451_9253944.jpg

 ロンドン五輪女子柔道の金メダリスト、松本薫選手だ。彼女のニックネームは「美しき野獣」「アサシン(暗殺者)」。
e0259451_12331846.jpg

 こちらの山猫は、空を飛ぶカラスにも飛びかかろうとした。俊敏性+闘争心。
e0259451_12331091.jpg

 ロンドン五輪当時、テレビの前で、負け続ける日本選手を見ていた。何日目かに、松本選手が出てきて、あの顔がアップで映し出されたとき、「今夜は大丈夫」と、思った。
e0259451_1233292.jpg

 山猫が登場してから姿を消すまで、あっという間の出来事だった。猫の世界に、オリンピック柔道があれば、金メダルが期待できそうだ。
by withbillevans | 2013-01-17 18:00

雪の朝 日比谷公園の雪だるま SIGMA19mmF2.8 EX DN

e0259451_10542786.jpg

 雪が心配なので、30分早く家を出た。JRは奇跡的に平常運転。駅までの道が、積雪と凍結で、自家用車が動けないためだろう、バスが超満員だった。しかもノロノロ運転。バス停に積み残された人がたくさんいた。私は、運よくいつもの電車に乗れ、都心に向かった。
 都心の道路は、まあ、なんとか、歩けそうな感じだった。
e0259451_10543417.jpg

 日比谷公園内は、雪がそのままだった。
e0259451_10544359.jpg

 雪の中でもけなげに咲く、赤いバラなどを撮っていたら、ベンチに凍死体が座っていた。女性のようだ。 
e0259451_10545497.jpg

 その向かいに、雪だるま。ほおー、なんて、素材をうまく使っているのだろう。それに、表情に力がある。かなりの芸術家の手になるものだろうと、感心した。
 青空を背景に、両手を広げる姿。制作者は、岡本太郎の太陽の塔を意識したかもしれないな、これは。
e0259451_1055243.jpg

 少し離れて、もう1体。こちらは崩れかけていた。使っている素材が同じなので、制作者は同一人物か。ポイントは、口にくわえた一輪の赤いバラの花だ。
 私の頭に、3体の雪像を元にした、1篇のドラマが浮かんだ。日経新聞の私の履歴書で渡辺淳一の自伝が連載中だ。天才少女画家が、早朝、彼を含む7人の男の家の窓辺に赤いバラの花を残して、雪の山中で死んだという、高校生のころの体験が、一昨日の回に載っていた。あんな感じのドラマだ。
e0259451_1055101.jpg

 昨夜の雪は、関東の東海上を低気圧が通過したためで、風も強かった。雪の重みと強風で、枝が折れたのだろう。かなり大きい枝が、あちこちに落ちていた。
e0259451_10551872.jpg

 和風庭園の庭は凍結していた。
e0259451_10552591.jpg

 霞が関官庁街側の公園入り口。折れた枝が、歩道まで飛んでいた。
e0259451_10553425.jpg

 きれいに除雪されている歩道。この立派なビルのオーナーは、早朝からお金をかけて、除雪したのだろう。偉い会社である。
e0259451_10554216.jpg

 普通のビルのオーナーは、そんな余裕がないから、凍った雪はいつまでも残る。こういう場所を歩く時は、気をつけましょうね。
 そんなことを考えていたら、目の前を歩いていた男性が、スッテーンと転んだ。すかさず、パチリ。決定的瞬間が撮れた。もう少しレンズが下向きなら…。
e0259451_1353573.jpg

 今朝の写真では、これがピカイチかな。でも、作ったのは芸術家X氏。私はシャッターを押しただけなのだが。(あなた、うちの会社のイガラシ先輩にちょと似てますね、それから、鼻水が垂れてますよ)
by withbillevans | 2013-01-15 20:00 |

武相荘 冬  そして、ティダマンディでお昼ご飯 

e0259451_2149299.jpg

(行くたびに、裏山の雑木が大きくなっている)

 仕事関係で知り合いのお嬢さんのお母さんが、町田市の郊外で、変わったレストランをやっているというので、昨日土曜日に、同僚たちと連れ立って、ランチを食べに行ってきた。
 せっかくだからと、近くの武相荘(旧白洲次郎・正子邸)に寄ってからにしようということになった。
e0259451_21491158.jpg

 武相荘は何回目かの訪問。室内が撮影禁止なので、カメラ目的の訪問場所としては、あまり…。
e0259451_21492295.jpg

 NEX-5にCanon NewFD 50mmF1.4を持っていったが、アダプターの操作を間違えて、すべて絞り開放になってしまった。
e0259451_21493279.jpg

 また、グループでの訪問であり、時間も短時間なので、撮影はなでた程度だった。あまり、お見せしたくないようなものばかりだ。
e0259451_21494386.jpg

 室内の展示は、正子氏の蔵書と、次郎氏の、子供にあてた「葬式、無用の事。戒名、不要の事」という簡単な遺書が、参考になった。
 正子氏の書斎は、北向きの小さい部屋で、机は掘りごたつになっていた。でも、冬は寒いから、食堂で原稿を書いていたのだろうと、推測する。
e0259451_2149506.jpg

 次郎氏は遺品として、屋根のない、外国製スポーツカーを残した。これは、カッコイイことである。納屋には、トラクターも残っていたが、これも、カッコイイ。
e0259451_2150294.jpg

 さて、昼飯時になったので、目的のレストランに向かった。
ここからは、SIGMA19mmF2.8 EX DNで撮影)
e0259451_16362348.jpg

 知り合いのお母さんがやっている店は、山の中腹に建つ、農家の作業小屋を改造した建物であった。
e0259451_1636692.jpg

 料理は、奄美大島、徳之島の郷土料理が中心。お母さんは、子供たちの教育環境を考え、こういう自然がいっぱいの場所で生活し、そのときに覚えた料理を今、お客さんに出している。
 上の料理は「鶏飯(けいはん)」。白いご飯に、味付けした具を載せ、だし汁をかける。具にはシイタケなどのほかに、パパイヤなど南の食材も入っていた。おいしゅうございました。
e0259451_16364295.jpg

 店の名刺。ここは、東京都町田市という、首都圏の立派な市なのだが、道路が複雑で、なかなか、たどりつけないのだそうだ。
e0259451_16365772.jpg

 われわれが乗っていった車の名前が、店の名前「ティダマンディ」と似ていたので、大笑いした。
by withbillevans | 2013-01-13 18:00 | 散歩

日比谷公園 猫ちゃんの暮らし

e0259451_1657165.jpg

 日比谷公園の笹やぶの中に、公園猫ちゃんが、うずくまっていた。寒い朝であった。呼びかけると、チラッとこちらを向いたが、また、顔をそむけた。
 公園には、全部で10匹くらいいるようだ。時々、おばさんやおじさんが、餌をあげている。今年の年末年始の休みは、9連休だった。そういうときは、何を食べているのだろうか。
 公園脇のビルで30年間仕事をしていた知人が言った。「公園には、ハトがいるので、猫は生き延びている」。私は、安心した。 
e0259451_16571282.jpg

by withbillevans | 2013-01-10 06:00

現実の私  安くても、よく写るんです・・・

e0259451_2132077.jpg

 元日は、私の夢を語った。本日は現実を語りたい。この写真に写っているものが、日常、私が使っているシステムである。外出の際は、両方持っていく。購入価格は、全部合わせて、10万円したかどうか。
 このシステムの特徴は「軽い」「安い」「よく写る」そして、「使って面白い」である。
 左は、SONY NEX-5N + LEICA SUMMICRON R 50mmF2.0
 右が、OLYMPUS E-PL3 + SIGMA19mmF2.8 EX DN

 ボディーは、とにかく小さく、軽いもの。レンズは、単焦点。焦点距離は35mm換算で、38mmと75mm。30年あまり前、ズームレンズが普及し始めた。当時、ボディーとセットで売られた標準ズーム(35-70mm)とほぼ同じ範囲である。ズームは両端でしか使わない、というのは、下手な人を揶揄する言い方だが、私の場合も、そういうことになる。でも、いろいろ使ってみて、この2本の組み合わせが最も使いやすく、この2本あれば、ほとんど間に合ってしまうのである。
 38mmは、私が最も好きだったCONTAX T2の焦点距離。75mmは、50mm標準レンズをAPS-C判で使ってみたら、こうなったということだが、慣れると、これがめっぽう使いやすい。

 私の実力から言えば、この2台+2本で十分である。本当に満足している。でも、新しい製品が出るたびに、気になって仕方がないのも事実なのである。

 OLYMPUS E-PL3は、素子がSONY製に変わった最新のE-PL5が気になる。でも、E-PL3でもガマンできる。
 NEX-5Nは、オリジナルの「5」から買い換えた。使ってみて分かったのは、5Nは改悪であった。使いにくいのだ。例えば、▼の再生ボタンが、シャッターボタンの近くに移されたため、撮影中にすぐに触れてしまう。
 また、画素数が増えたためか、書き込みがすごく遅くなった。それが致命傷になりかねないほどの不都合を生んだ。5も5NもMFのための拡大ボタンと消去ボタンが兼用になっている。5Nでどういうことが起きるかというと、1枚撮ってすぐに次のシャッターのために拡大ボタンを押すと、書き込みが終わらないため、そのボタンは「消去」ボタンとして機能するのだ。つまり、前に撮った画像を「消去」してしまいかねない。カメラが、撮影した画像データを、自分で消してしまうという、とんでもないことになる。書き込みに時間がかからなかった「5」では、そんなことはなかった。
 5N にモデルチェンジされた際、多くのカメラ評論家は「5の欠点がすべて解決され、描写は格段に進歩」と言っていた。とんでもないウソッパチである。使い勝手は悪くなり、描写もほとんど変わらない。
 評論家の言うことなど、絶対に信じてはいけない。オーディオ評論家も似たようなものだが、そちらには、長岡鉄男さんのような気骨のある人がいた。カメラに関しては、彼のように信頼できる人を、私はまだ知らない。(50年もカメラを趣味にしているが)
 すでに、NEXシリーズは、7、6の時代になっている。5N のことをあれこれ言ってもしょうがないかもしれないが、SONYにはこういうことはして欲しくない。
 EVF付きは、正直言って欲しい。ただ、半分負け惜しみだが、私は、液晶画面だけでも、かなり素早く撮影できる。強い太陽光の下でないかぎり、それほど不便はない。

 NEX機は、フルサイズが出るまでは買い換えることはないだろう。NEXシリーズ、特に5、5N は軽くて、小さくて、デザインもよく、ボタン類の質感もよく、(一部変なところもあるが)大変いいカメラだと思う。
 NEXの純正レンズは、ワイコンを着けた16mm広角レンズしか持っていない。あとはすべてMFの旧型レンズである。アダプターを着けて、往年の名レンズを楽しんでいる。つまり、旧型レンズの〝装着母艦〟として使っている。
 フルサイズが出たら、気楽に乗り換えられるように、深入りは避けている。腰掛け的というか、はっきり言えば逃げ腰である。ごめんね、SONY。
 でも、SONY製のフルサイズが出れば、そっちを買うから、許してね。

 

 
 
 
by withbillevans | 2013-01-02 18:00

ヤッホー! Tの森に紅葉が残っていた(9)=完  SIGMA19mmF2.8 EX DN その4

e0259451_2321438.jpg

 かなり大きい木が、切られていた。幹の一部が腐っていたように見えた。チェーンソーで切ったのだろう。それにしても、家の庭で〝伐採〟なんて、一度やってみたい。
e0259451_23223470.jpg
e0259451_23224676.jpg
e0259451_23225691.jpg

 敷地の北東の隅である。建物の裏側になる。今回、初めて歩いてみた。大きな木がたくさんあった。
 主が亡くなって、ボランティアが維持活動を始めたようだ。焚き火をしながら、活動方針を話し合ったりしたのだろうか。
 私も、その仲間に入れてもらうことにした。
e0259451_23232032.jpg

 この手相の特長を、ネットで調べてみた。まず、知能線が緩やかにカーブして、手首に近いところまで下の方に長く伸びている。こういう相は、芸術的、精神的な活動が活発なのだそうだ。知能線の起点が生命線と長く一致しているので、石橋をたたいて渡らないほど臆病。そして金銭感覚や気配りの能力がないので実業に向かない、とあった。
 自分くらいの年齢になると、そんなこと、他人に教えてもらわなくても分かってます。
by withbillevans | 2012-12-24 18:00 |

ヤッホー! Tの森に紅葉が残っていた(8) SIGMA19mmF2.8 EX DN その3

e0259451_22124912.jpg

 前回のテーマは「地面」であったが、今回は「空」。初冬の、真っ青な空である。
e0259451_22125999.jpg

 庭を作った父、その娘で、昨年、98歳で亡くなった森の主。自然のままに樹木を育てたので、このようになった。高く高く、空に向かって伸びている。
e0259451_2213968.jpg
e0259451_22134295.jpg
e0259451_22135251.jpg

by withbillevans | 2012-12-23 18:00 |

ヤッホー! Tの森に紅葉が残っていた(7)  SIGMA19mmF2.8 EX DN その2

e0259451_23571524.jpg

 今回は、SIGMA19mmF2.8 EX DN を使って、〝地面〟を撮ってみた。
e0259451_23581024.jpg

 森を歩いていたら、風が吹いた。すると、茶色、黄色い葉が、それこそ雨のように、落ちてきた。木の葉が降っている、という感じであった。そのくらい降らないと、地面に厚く落ち葉が積もることはないだろう。
e0259451_22103555.jpg
e0259451_23585863.jpg

e0259451_048458.jpg

by withbillevans | 2012-12-22 18:00 |

ヤッホー! Tの森に紅葉が残っていた(6)  SIGMA19mmF2.8 EX DN その1

e0259451_2275917.jpg

 今回から、SIGMA19mmF2.8 EX DN の作例を何回か紹介したい。E-PL3で使うと換算38mmになる。準広角というところだろう。状況説明的な絵になってくる。
e0259451_2281086.jpg

 上の写真と下から2番目の写真は、なかなかよく写っていると思う。ボディーは3万弱、レンズは1万3000円、値段を考えると、相当なものだ。
 SONYのコンパクトフルサイズ機DSC-RX1が高性能で話題になっているが、その5分の1のお金で、これだけ写れば、CP比は抜群だろう。DSC-RX1のようなボケが欲しければ、F1.4クラスの大口径レンズを使えばいい。CANON NewFD50mm なら、程度のいい中古が5000円程度で入手できる。
 ボディーを、評価の高い新型素子を採用したOM-D E-M5かE-PL5にすれば、さらにいいだろう。
 でも、DSC-RX1は欲しい。
e0259451_2282177.jpg
e0259451_2283123.jpg
e0259451_2284278.jpg

by withbillevans | 2012-12-21 18:00 |