ブログトップ

読み、書き、写真

yomikakiph.exblog.jp

滋賀県草津市 その2 面影ストリート

e0259451_1283244.jpg

 天井川の下のトンネルを越えると、そこは江戸時代。のはずだったが、昭和の中期ぐらいの趣だった。
 私は、町歩きする場合、事前の情報収集などやらない。行き当たりばったりでいくことにしている。ここに記すことも、自分の目で見たり、地元の人に聞いたりしたことが中心だ。細かいことは、後日調べる。
 草津もそうであった。東海道53次の1つであり、中仙道との合流点であることくらいは知っていた。安藤広重の浮世絵で、草津はどんな絵柄だったかは、覚えていない。
 草津宿には本陣が2つ、脇本陣がいくつかあった、本陣の1つが残っており、一般公開されている、というようなことは、後日知った。今回の訪問は早朝だったので、前を通っただけでがまんした。
e0259451_1285693.jpg

 脇本陣の1つはカフェになっていた。
e0259451_129661.jpg

 少し歩いていくと、いい感じの建物が見えてきた。赤いつるバラがからまっているのが素晴らしい。
 こういう建物は、文化的価値があるというわけでもないので、公的に保存されることはないだろう。でも、こういうのが時間を感じさせてくれる。
e0259451_1291590.jpg

 ウィンドーの形から、元は食堂のようであったが、今は何屋さんか分からない。
 ビートたけしのポスターがあった。この人はずいぶん昔からいるような気がする。水原弘や大村混、それに松山容子とかと同年輩に思える。由美かおるとどっちが上なのだろう。ビートくんはこういう雰囲気の町によく似合う。
e0259451_1292370.jpg

 この店は角地になっていて、横丁があった。その細い路がまたいい感じだった。さっそく行ってみる。
e0259451_1293990.jpg

 写真館のウィンドーである。地方都市に行くと、写真館が気になる。まず建物の風情、そして飾られている写真、そのうえ、古いカメラなどが置いてあると、とてもハッピーになる。
 埼玉県秩父市、栃木県足利市、神奈川県鎌倉市で見た写真館が、今のところ、私の〝日本の写真館ベストスリー〟である。
e0259451_1293144.jpg

 写真館の先にも、面白いものがありそうだったが、それは後回しにして、元の道に戻った。
 トンネルに続いている道は、本陣や脇本陣があることから分かるように、昔の東海道の街道であった。ようやく、人通りが増えてきた道を、さらに、きょろきょろしながら歩いていった。
by withbillevans | 2013-05-26 18:00 |
<< 滋賀県草津市 その3 2つのパ... 笠森寺 首都圏遊歩道 >>