ブログトップ

読み、書き、写真

yomikakiph.exblog.jp

LEICA SUMMICRON R 50mmF2.0 と XR RIKENON 50mmF2.0比較

e0259451_14333023.jpg

 上がLEICA SUMMICRON R 50mmF2.0、下がXR RIKENON 50mmF2.0である。
e0259451_14334048.jpg

 本家 SUMMICRON R 50mmF2.0と、貧者の SUMMICRON R 50mmF2.0ことXR RIKENON 50mmF2.0を撮り比べてみた。絞りはF2.0である。
 これまで思っていたよりも、違いが大きかった。
 ①本家のほうが発色が濃い 
 ②本家のほうが、絞り開放からピントがいい
 ③総合的に、本家がワンランク上
 ④貧者にも、開放時の柔らかい描写など、見るべきところは多い

 XR RIKENON 50mmF2.0を手放せない理由は、線の細い描写、解像感、きれいな青の発色、開放時の淡さ(日本的淡白さ)、などの個性ゆえである。それに、おれはマニア感やこれで撮った思い出も少なくないし、〝安いのに高性能〟な商品を顕彰したいという思い入れもある。

 私にあって、この2本を持ち出す頻度は、ほぼ互角である。王者LEICA SUMMICRON R 50mmF2.0と互角とは、XR RIKENON 50mmF2.0 おそるべし!
e0259451_14335343.jpg

 上がLEICA SUMMICRON R 50mmF2.0、下がXR RIKENON 50mmF2.0である。
e0259451_1434386.jpg

e0259451_14341517.jpg

 上がLEICA SUMMICRON R 50mmF2.0、下がXR RIKENON 50mmF2.0である。
e0259451_14342447.jpg

e0259451_1434332.jpg

 上がLEICA SUMMICRON R 50mmF2.0、下がXR RIKENON 50mmF2.0である。
e0259451_14344440.jpg

e0259451_14345782.jpg

 上がLEICA SUMMICRON R 50mmF2.0、下がXR RIKENON 50mmF2.0である。
e0259451_1435623.jpg

 ついでに、貧者をF11 まで絞って撮ってみた。
e0259451_14571786.jpg

 絞ると、あまり面白くない。最後に、現代のレンズ(廉価品だが)で撮ったものを2枚。SIGMA30mmF2.8 EX DNである。何が写っているかはよく分かるが、やはり、面白いとは言いかねる。だから、古いレンズはやめられない。
e0259451_15154551.jpg
e0259451_15155411.jpg

by withbillevans | 2013-07-02 18:00 | 写真機
<< SIGMA19mmF2.8 E... Carl Zeiss Dist... >>