ブログトップ

読み、書き、写真

yomikakiph.exblog.jp

戻ってきたRICOHFLEX MODELⅦS

e0259451_23322953.jpg

 昨年購入したRICOHFLEX MODELⅦS。未使用と思われる新品同様品。新品同様といっても、数十年前の新品だ。外観はすこぶるきれいだが、ピントが合わせられない。グリースが固まってしまって、レンズ外周の歯車を回そうとしても、まったく動かない。
 幸い、レンズなどはきれいで、シャッターも動いた。スクリーンに、絵は出てくる。暗い絵だ。ピントが合っていても、合っていなくても大差ない。
 ひとりで、スクリーンに映る庭の景色を見て、ガマンしていた。
 
 昨年末、人形町を歩いていて、中古カメラ店を見つけた。店主に相談したら、「簡単に直ります」とのこと。年明け、点検・修理を依頼した。数日後に「できました」と連絡が入り、受け取りに行ってきた。ミラーが劣化していたので、交換したそうだ。
 夜、帰宅して、操作してみた。スムーズに歯車は回り、ピントも合った。でも、画面が暗いので、驚くような感動はない。以前、ROLLEIFLEXを持っていて、そのスクリーンをのぞいたときのような高揚感は感じられない。でも、いいんだ。
 このカメラが作られたころ、それは私が小学生低学年のころだろうが、私の記憶のなかに残っている当時の景色も、こんな風にボンヤリとしているから。
by withbillevans | 2014-01-24 23:30 | 写真機
<< BANANA CASE 初雪が >>